2015 年 10 月 18 日から 2015 年 10 月 24 日

Completed this week:

JIRA Service Desk 3.1.0-OD-01

グローバル ヘルプセンターによる効率的な検索

We've redesigned the Help Center to focus on what matters for the customer. Customers can now use the global Help Center to view popular service desks, and search for request types and knowledge base articles across all service desks they have access to. This means customers no longer have to remember whether they need to submit a request for a new laptop in the IT Service Desk or Purchasing Service Desk. Simply searching for "new laptop" will display the correct request type automatically: 

改良されたスマート検索アルゴリズムは過去のリクエストから学習するため、顧客が以前ノートパソコンとモニターのハードウェア リクエストをあげていた場合、あとで "ノートパソコン" または "モニター" を検索すると、そのハードウェア リクエスト タイプを見つけることができます。顧客がリクエストを作成すればするほど、検索アルゴリズムは賢くなります。

カスタマー ポータルへの添付ファイルのドラッグ アンド ドロップ

顧客は添付ファイルをカスタマー ポータルのリクエストにドラッグ アンド ドロップできるようになりました。また、顧客はキーボード入力できる添付ファイル フィールドを使用して添付ファイルを効率的に管理し、サムネイルで添付ファイルをプレビューできます。 

カスタマー ポータルに添付ファイルをドラッグ アンド ドロップする機能は、表示設定された添付ファイル フィールドを持つリクエスト タイプにのみ適用されるので、注意してください。

Control pre-populated commenting

We recently released pre-populated commenting, a nifty feature enabled by default that saves agents time when responding to customers. Here's how a pre-populated comment appears when commenting on a service desk issue:

We've now added a setting that allows agents to disable pre-populated commenting. To change this setting in JIRA Service Desk, agents can select their avatar from the top right corner of the application window and choose Profile. In the new Service Desk preferences section of their profile, agents will see the option to turn off pre-populated commenting: 

問題の解決状況を常に把握する

We've released a new automation blueprint that can be used to notify agents and customers about a core problem affecting the issues or incidents with which they're involved. 

Consider an example of several customers who are unable to access the office network during an outage and submit requests to your team. Typically, agents working on these requests need to manually keep track of the network outage problem, so they can notify customers when it has been resolved. You can now save your agents time and improve problem resolution feedback by automating this workflow. In your service desk project, select Project administration > Automation and create a rule with the "Update incident when linked problem transitions" blueprint:

WHEN、IF、THEN の簡単なステートメントを使用して、このルールを設定します。たとえば、 

  • 一つ以上の課題にリンクされている問題がトランジションすると、WHEN トリガーが起動します。
  • IF conditions check that the problem's status is now Resolved, and look for other issues linked to it with the "is caused by" link type
  • THEN actions can transition the linked issues, notify specific users on linked issues, or update the linked issues with a comment about the resolved problem

自動化ルールの設定を分かりやすく説明するヒントやアイデアが提供されています。積極的に挑戦してみてください。

JIRA 7.0.0-OD-08-002

This is a bug-fix release and contains no new features for your JIRA applications.

最終更新日: 2015 年 9 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.