Running Bitbucket Data Center on a Kubernetes cluster

If you're running self-managed environments and looking to adopt modern infrastructures, Atlassian Data Center products can now be deployed on Kubernetes clusters. By leveraging Kubernetes, you can drive greater agility amongst your teams while experiencing a simplified administrative experience at scale, without compromising your organization’s regulatory requirements.

We offer Helm charts on GitHub for installing and operating Atlassian products on a Kubernetes cluster of your choice. The Helm charts we offer are for:

  • Jira

  • Confluence

  • Bitbucket

Helm は Kubernetes 用のパッケージ マネージャーで、アプリケーションやサービスを Kubernetes クラスターにパッケージ化、設定、デプロイできます。Helm では、チャートと呼ばれるパッケージ形式を使用します。チャートは、関連する一連の Kubernetes リソースを記述するファイルのコレクションです。

Kubernetes クラスタは、Amazon EKSAzure Kubernetes ServiceGoogle Kubernetes Engine、またはカスタム オンプレミス システムなどの管理環境です。

独自のハードウェアで Data Center インストールを行う場合と同じように、ユーザー管理、中央ログ ストレージ、バックアップ戦略、監視をセットアップすることを強くお勧めします。

動作の仕組み

Helm チャートを使用して、Data Center アプリケーションを Kubernetes クラスターにデプロイする際のアーキテクチャの概要は次のとおりです。

次は、製品のデプロイに必要な Kubernetes エンティティです。

  • Ingress と Ingress コントローラー (ing): Ingress はトラフィック ルーティングのルールを定義して、リクエストが送信される Kubernetes クラスター内の場所を示します。Ingress コントローラーは、これらのルールの履行を担当するコンポーネントです。

  • Service (svc): Pod 一式に単一のアドレスを提供して、アプリケーション ノード間のロード バランシングを有効にします。

  • StatefulSets (sts): Pod 一式のデプロイと拡張を管理します。

  • Pod: 1 つ以上のコンテナーのグループです。共有ストレージとネットワーク リソースに加えて、コンテナーの実行方法の仕様を備えています。Pod は、Kubernetes で作成して管理できる、デプロイ可能な最小のコンピューティング単位です。

  • PersistentVolumeClaim (pvc): Pod で使用される永続ボリューム (PV) を保有します。

  • PersistentVolume (pv): 永続データを格納するホスト マシン上の「物理」ボリュームです。

  • StorageClass (sc): 管理者が提供するストレージの「クラス」を記述する方法を提供します。

Kubernetes クラスターに Data Center アプリケーションをインストール

In addition to the Helm charts we provide for installing the Atlassian Data Center applications, we also provide documentation and examples on a dedicated documentation site.

はじめに、KubernetesHelm の概念を理解しておく必要があります。

Helm チャートを使用して Data Center アプリケーションを Kubernetes クラスターにインストールして操作するには、次の手順に従います。

  1. 前提条件のガイドを参考に、要件に従って環境を設定します。

  2. インストール ガイドに記載されているインストール ステップを実行します。

  3. 操作ガイドを使用して、アプリケーションのアップグレード、クラスターの拡張、リソースの更新方法を学びます。

最終更新日 2021 年 9 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.