追加の SSH キーをセットアップする

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

複数のサイトで同じパスワードを使用しているとアカウントの安全性が低くなりますが、ほとんどの場合、複数のアカウントで同じ SSH キーは使用できます。しかし、状況によっては 2 つ以上の SSH キーをセットアップする必要があることがあります。

  • ユーザーが 2 つの異なる Bitbucket Cloud アカウントを持っている場合。たとえば、仕事関連の Bitbucket アカウントと私的な Bitbucket アカウントを持っている場合、各アカウントに固有の SSH キーが必要です。
  • 同じアカウントにログインするために 2 台のコンピューターを使用している場合。
  • パスフレーズが空の状態で公開キーを使用するスクリプトを記述して、人の手を介することなく実行し、リポジトリで DVCS 操作を実行したい場合。

このページの内容

以下は、追加の SSH キーのセットアップ時のオプションです。

この時点で、少なくとも 1 つの SSH キーは作成済みのはずです。この SSH キーは、Bitbucket が認証時に最初に確認するキーのため、ユーザーの既定の ID となります。SSH キーをまだ持っていない場合、「SSH キーをセットアップする」の手順に従ってください。

Git 用の 追加の SSH キーをセットアップする

Git を使用している場合、このセクションを参照して、Windows、macOS、または Linux で、必要に応じて SSH キーを作成できます。

詳細を展開

ステップ 1 既定の ID を準備する

  1. ご使用の Git のクローン URL を決定します。

    $ git remote -v
    origin git@bitbucket.org:teamsinspace/bitbucketspacestation.git
    (fetch)
    origin git@bitbucket.org:teamsinspace/bitbucketspacestation.git
    (push)

  2. Update the remote URL with your Bitbucket username by replacing git@bitbucket.org with <username>@bitbucket.org. For this step and the ones that follow, enter your username in place of <username>.

    $ git remote set-url origin <username>@bitbucket.org:teamsinspace/bitbucketspacestation.git

ステップ 2 追加の SSH キーを作成する

追加分の各 Bitbucket アカウントまたは使用する各コンピューターに対して、それぞれ SSH キーを作成する必要があります。たとえば、Bitbucket アカウントを 4 つ持っている場合、新しい SSH キーを 3 つ生成する必要があります。したがって、全部で 4 つのキーを持つことになります。

  1. Generate your new SSH key. In place of <username>, enter the username of the Bitbucket account for which you're creating the SSH key.

    Windows 7 以前の場合

    You can only enter ssh-keygen into the Git Bash window. It won't work in the Command prompt.

    $ ssh-keygen -f ~/.ssh/<username>
    Generating public/private rsa key pair.
    Enter passphrase (empty for no passphrase):
    Enter same passphrase again:
    Your identification has been saved in /Users/<username>/.ssh/<username>.
    Your public key has been saved in /Users/<username>/.ssh/<username>.pub.
    The key fingerprint is:
    7a:9c:b2:9c:8e:4e:f4:af:de:70:77:b9:52:fd:44:97 <username>
    The key's randomart image is:
    +--[ RSA 2048]----+
    |         |
    |         |
    |        .|
    |        Eo|
    |  .  S  . ..|
    |  . . o . ... .|
    |  . = = ..o o |
    |  . o X ... . .|
    |  .ooB.o ..  |
    +-----------------+

  2. 新しい SSH キーをアカウントに追加します。適切なアカウントに追加していることを確認してください。

    $ ssh-add ~/.ssh/<username>

ステップ 3 Bitbucket 設定に公開キーを追加する

各公開 SSH キーを対応するアカウントに追加します。2 つの別々の場所からアクセスしているアカウントがある場合、そのアカウントに両方のキーを追加します。

  1. Bitbucket で、左下のアバターから [Bitbucket の設定] を選択します。

    [アカウント設定] ページが開きます。

  2. [SSH キー] をクリックします。

    SSH 鍵 ページが表示されます。既存の鍵を持っている場合は、このページに表示されます。

  3. 公開キー ファイルの内容をコピーします。

    • Windows: Open your ~/.ssh/<public_key> file and copy its contents.

    • macOS: Copy the output to the clipboard with this command: $ pbcopy < ~/.ssh/<public_key_file>

    • Linux: Copy the output to the clipboard with this command: $ cat ~/.ssh/<public_key_file>

  4. From Bitbucket, enter a Label for your new key, for example, Public key #2.

  5. コピーした公開キーを SSH キー フィールドに貼り付けます。

  6. 保存をクリックします。

    キーの追加を確認するメールが、Bitbucket からユーザーに送信されます。

Next time you clone a repository, use the SSH URL for that repository and replace git in the <username>@bitbucket.org part of the URL with your Bitbucket username. For example:

git clone <username>@bitbucket.org:teamsinspace/bitbucketspacestation.git

HTTPS または別の SSH URL を使用して既存のリポジトリの URL を変更する場合、リポジトリのリモート URL を変更します

Mercurial 用の追加の SSH キーのセットアップ (macOS および Linux)

Linux または macOS で Mercurial 用に追加するすべてのキーの作成方法については、このセクションを参照してください。macOS では Sourcetree を使用して最初の SSH キーを生成できますが、追加のキーを作成するにはターミナルを使用する必要があります。

詳細を展開

ステップ 1 既定の ID を準備する

  1. Open the .hg/hgrc file and locate your Mercurial clone URL at the default value.

    [paths] default = ssh://hg@bitbucket.org/teamsinspace/bitbucketspacestation
  2. Update the remote URL with your Bitbucket username by replacing hg@bitbucket.org with <username>@bitbucket.org. For this step and the ones that follow, enter your username in place of <username>.

    [paths] default = ssh://<username>@bitbucket.org/teamsinspace/bitbucketspacestation

ステップ 2 追加の SSH キーを作成する

追加分の各 Bitbucket アカウントまたは使用する各コンピューターに対して、それぞれ SSH キーを作成する必要があります。たとえば、Bitbucket アカウントを 4 つ持っている場合、新しい SSH キーを 3 つ生成する必要があります。したがって、全部で 4 つのキーを持つことになります。

  1. Generate your new SSH key. In place of <username>, enter the username of the Bitbucket account for which you're creating the SSH key.

    Windows 7 以前の場合

    You can only enter ssh-keygen into the Git Bash window. It won't work in the Command prompt.

    $ ssh-keygen -f ~/.ssh/<username>
    Generating public/private rsa key pair.
    Enter passphrase (empty for no passphrase):
    Enter same passphrase again:
    Your identification has been saved in /Users/<username>/.ssh/<username>.
    Your public key has been saved in /Users/<username>/.ssh/<username>.pub.
    The key fingerprint is:
    7a:9c:b2:9c:8e:4e:f4:af:de:70:77:b9:52:fd:44:97 <username>
    The key's randomart image is:
    +--[ RSA 2048]----+
    |         |
    |         |
    |        .|
    |        Eo|
    |  .  S  . ..|
    |  . . o . ... .|
    |  . = = ..o o |
    |  . o X ... . .|
    |  .ooB.o ..  |
    +-----------------+

  2. 新しい SSH キーをアカウントに追加します。適切なアカウントに追加していることを確認してください。

    $ ssh-add ~/.ssh/<username>

ステップ 3. (Mercurial のみ) SSH 圧縮を有効にする

SSH 圧縮の有効化は推奨されますが、必須ではありません。

既定では、Git の場合、データの送信または取得時に圧縮が自動で実行されますが、Mercurial では実行されません。SSH 圧縮を有効にすると、データの送信および取得の速度が劇的に向上する場合があります。

SSH 圧縮を有効にするには、次の手順を使用します。

  1. Open the Mercurial global configuration file (~/.hgrc).
  2. 以下の行を UI セクションに追加します。

    ssh = ssh -C

    追加後のファイルは次のようになります。

    [ui]
    # Name data to appear in commits
    username = Emma <emmap1@atlassian.com>
    ssh = ssh -C
  3. ファイルを保存して閉じます。

ステップ 4. Bitbucket 設定に公開キーを追加する

各公開 SSH キーを対応するアカウントに追加します。2 つの別々の場所からアクセスしているアカウントがある場合、そのアカウントに両方のキーを追加します。

  1. Bitbucket で、左下のアバターから [Bitbucket の設定] を選択します。

    [アカウント設定] ページが開きます。

  2. [SSH キー] をクリックします。

    追加済みのキーがある場合、このページに表示されます。

  3. ターミナル ウィンドウで、公開キー ファイルの内容をコピーします。

    • Mac OSX: Copy the output to the clipboard with this command: $ pbcopy < ~/.ssh/<public_key_file>

    • Linux: Copy the output to the clipboard with this command: $ cat ~/.ssh/<public_key_file>

  4. From Bitbucket, enter a Label for your new key, for example, Public key #2.

  5. コピーした公開キーを SSH キー フィールドに貼り付けます。

  6. 保存をクリックします。

    キーの追加を確認するメールが、Bitbucket からユーザーに送信されます。

Next time you clone a repository, use the SSH URL for that repository and replace hg in the <username>@bitbucket.org part of the URL with your Bitbucket username. For example:

hg clone ssh://<username>@bitbucket.org/teamsinspace/bitbucketspacestation

HTTPS または別の SSH URL を使用して既存のリポジトリの URL を変更する場合、リポジトリのリモート URL を変更します

Sourcetree で 追加の SSH キーをセットアップする (Windows)

Git や Mercurial を使用しているかどうかにかかわらず、Windows で Sourcetree を使用して任意の数の SSH キーを生成するには、このセクションを参照してください。

詳細を展開

ステップ 1. SSH キーを作成する

  1. [ツール] で、[SSH キーの作成またはインポート] を選択します。

  2. [PuTTY キー ジェネレーター] ダイアログで、[生成] ボタンをクリックします。

  3. SSH キーの生成中は、カーソルをダイアログの空白領域に置いてください。生成には 1 〜 2 分かかる場合があります。

    SSH キーの生成が完了すると、公開キーとその他の複数のフィールドが表示されます。

  4. 他の SSH キーと区別できるように説明を入力して [キー コメント] を更新します。

  5. [キー パスフレーズ] と [パスフレーズの確認] フィールドで、SSH キーのパスフレーズを入力します。

  6. [公開キーを保存] をクリックします。保存ダイアログで公開キーの保存先を選択し、ファイルに名前を付けて [保存] をクリックします。

  7. [秘密キーを保存] をクリックします。保存ダイアログで、秘密キーを保存する場所を選択し、ファイルの名前を付け、[保存] をクリックします。

  8. [PuTTY キー ジェネレーター] ダイアログを閉じます。

ステップ 2. (Mercurial のみ) SSH 圧縮を有効にする

SSH 圧縮の有効化は推奨されますが、必須ではありません。この手順を完了するには、Mercurial リポジトリをクローンして開く必要があります。

既定では、Git の場合、データの送信または取得時に圧縮が自動で実行されますが、Mercurial では実行されません。SSH 圧縮を有効にすると、データの送信および取得の速度が劇的に向上する場合があります。

SSH 圧縮を有効にするには、次の手順を使用します。

  1. リポジトリ ウィンドウの右上の [設定] をクリックします。リポジトリ設定の [リモート] タブが開かれます。そうでない場合は、[リモート] タブをクリックします。
  2. Click Edit Config File to open the Mercurial global configuration file (~/.hgrc).
  3. 以下の行を UI セクションに追加します。

    ssh = ssh -C

    ファイルは次のようになります。

    [ui]
    # name and email (local to this repository, optional), e.g.
    username = Emma <emmap1@atlassian.com>
    ssh = ssh -C
  4. ファイルを保存して閉じます。

ステップ 3. Pageant に秘密キーをインストール

Sourcetree には Pageant という SSH 認証エージェントが付属しています。秘密キーを Pageant にロードして自動認証することで、パスフレーズの入力は不要になります。

  1. システム トレイで Pageant (PuTTY 認証エージェント) アイコンをダブルクリックして [Pageant Ket List] ダイアログを開きます。

  2. [キーの追加] ボタンをクリックします。

    [秘密キー ファイルの選択] ダイアログが表示されます。

  3. ステップ 1 で保存した秘密キー ファイルに移動して、[開く] をクリックします。

  4. SSH キーのパスフレーズを入力し、[OK] をクリックします。

    Pageant は実行中のリストにキーを表示します。

  5. [閉じる] を押してダイアログを閉じます。

ステップ 4. Bitbucket 設定に公開キーを追加する

  1. Sourcetree で、[ツール] > [SSH キーの作成またはインポート] に進み、[PuTTY キー ジェネレーター] ダイアログを開きます。

  2. [ロード] をクリックし、SSH フォルダーに移動して、秘密キーをクリックします。

  3. SSH キーのパスフレーズを入力し、[OK] をクリックします。

  4. 最初のフィールドに公開キーをコピーします。

  5. Bitbucket で、左下のアバターから [Bitbucket の設定] を選択します。

    [アカウント設定] ページが開きます。

  6. [SSH キー] をクリックします。

    追加済みのキーがある場合、このページに表示されます。

  7. [キーの追加] をクリックします。

  8. From Bitbucket, enter a Label for your new key, for example, Public key #2.

  9. コピーした公開キーを [SSH キー] フィールドに貼り付けます。

  10. [保存] をクリックします。
    Bitbucket からキーの追加を確認するメールがユーザーに送信されます。

    SSH キーを編集する

    キーを追加したあとは、そのキーのラベルを編集することはできますが、キー自体を編集することはできません。キーのコンテンツを変更するには、キーを削除してから、再度追加する必要があります。

最終更新日 2018 年 6 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.