追加の SSH キーをセットアップする

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

複数のサイトで同じパスワードを使用しているとアカウントの安全性が低くなりますが、ほとんどの場合、複数のアカウントで同じ SSH キーは使用できます。しかし、状況によっては 2 つ以上の SSH キーをセットアップする必要があることがあります。

  • ユーザーが 2 つの異なる Bitbucket Cloud アカウントを持っている場合。たとえば、仕事関連の Bitbucket アカウントと私的な Bitbucket アカウントを持っている場合、各アカウントに固有の SSH キーが必要です。
  • 同じアカウントにログインするために 2 台のコンピューターを使用している場合。
  • パスフレーズが空の状態で公開キーを使用するスクリプトを記述して、人の手を介することなく実行し、リポジトリで DVCS 操作を実行したい場合。

このページの内容

以下は、追加の SSH キーのセットアップ時のオプションです。

この時点で、少なくとも 1 つの SSH キーは作成済みのはずです。この SSH キーは、Bitbucket が認証時に最初に確認するキーのため、ユーザーの既定の ID となります。SSH キーをまだ持っていない場合、「SSH キーをセットアップする」の手順に従ってください。

Git 用の 追加の SSH キーをセットアップする

Git を使用している場合、このセクションを参照して、Windows、macOS、または Linux で、必要に応じて SSH キーを作成できます。

詳細を展開

ステップ 1 既定の ID を準備する

  1. ご使用の Git のクローン URL を決定します。

    $ git remote -v
    origin git@bitbucket.org:teamsinspace/bitbucketspacestation.git
    (fetch)
    origin git@bitbucket.org:teamsinspace/bitbucketspacestation.git
    (push)

  2. git@bitbucket.org<username>@bitbucket.org に置き換えて、ご利用の Bitbucket ユーザー名でリモート URL を更新します。このステップと以降のステップでは、<username> の部分にご利用のユーザー名を入力します。

    $ git remote set-url origin <username>@bitbucket.org:teamsinspace/bitbucketspacestation.git

ステップ 2 追加の SSH キーを作成する

追加分の各 Bitbucket アカウントまたは使用する各コンピューターに対して、それぞれ SSH キーを作成する必要があります。たとえば、Bitbucket アカウントを 4 つ持っている場合、新しい SSH キーを 3 つ生成する必要があります。したがって、全部で 4 つのキーを持つことになります。

  1. 新しい SSH キーを生成します。<username> の部分に、SSH キーを作成する Bitbucket アカウントのユーザー名を入力します。

    For Windows 7 or earlier

    You can only enter ssh-keygen into the Git Bash window. It won't work in the Command prompt.

    $ ssh-keygen -f ~/.ssh/<username>
    Generating public/private rsa key pair.
    Enter passphrase (empty for no passphrase):
    Enter same passphrase again:
    Your identification has been saved in /Users/<username>/.ssh/<username>.
    Your public key has been saved in /Users/<username>/.ssh/<username>.pub.
    The key fingerprint is:
    7a:9c:b2:9c:8e:4e:f4:af:de:70:77:b9:52:fd:44:97 <username>
    The key's randomart image is:
    +--[ RSA 2048]----+
    |         |
    |         |
    |        .|
    |        Eo|
    |  .  S  ...|
    |  . .o .... .|
    |  .= = ..o o |
    |  .o X ... ..|
    |  .ooB.o..  |
    +-----------------+

  2. 新しい SSH キーをアカウントに追加します。適切なアカウントに追加していることを確認してください。

    $ ssh-add ~/.ssh/<username>

ステップ 3 Bitbucket 設定に公開キーを追加する

各公開 SSH キーを対応するアカウントに追加します。2 つの別々の場所からアクセスしているアカウントがある場合、そのアカウントに両方のキーを追加します。

  1. Bitbucket で、左下のアバターから [Bitbucket の設定] を選択します。

    [アカウント設定] ページが開きます。

  2. [SSH キー] をクリックします。

    SSH 鍵 ページが表示されます。既存の鍵を持っている場合は、このページに表示されます。

  3. 公開キー ファイルの内容をコピーします。

    • Windows: Open your ~/.ssh/<public_key> file and copy its contents.

    • macOS: Copy the output to the clipboard with this command: $ pbcopy < ~/.ssh/<public_key_file>

    • Linux: Copy the output to the clipboard with this command: $ cat ~/.ssh/<public_key_file>

  4. Bitbucket で、新しいキーのラベルを入力します (例: Public key #2)。

  5. コピーした公開キーを SSH キー フィールドに貼り付けます。

  6. 保存をクリックします。

    キーの追加を確認するメールが、Bitbucket からユーザーに送信されます。

次回リポジトリをクローンする際、そのリポジトリの SSH URL を使用して、URL の <username>@bitbucket.org git を Bitbucket ユーザー名に置き換えます例:

git clone <username>@bitbucket.org:teamsinspace/bitbucketspacestation.git

HTTPS または別の SSH URL を使用して既存のリポジトリの URL を変更する場合、リポジトリのリモート URL を変更します

Mercurial 用の追加の SSH キーのセットアップ (macOS および Linux)

Linux または macOS で Mercurial 用に追加するすべてのキーの作成方法については、このセクションを参照してください。macOS では Sourcetree を使用して最初の SSH キーを生成できますが、追加のキーを作成するにはターミナルを使用する必要があります。

詳細を展開

ステップ 1 既定の ID を準備する

  1. .hg/hgrc ファイルを開き、default 値で Mercurial クローン URL を見つけます。

    [paths] default = ssh://hg@bitbucket.org/teamsinspace/bitbucketspacestation
  2. hg@bitbucket.org<username>@bitbucket.org に置き換えて、リモート URL をご使用の Bitbucket ユーザー名で更新します。このステップと以降のステップでは、<username> の部分にご使用のユーザー名を入力します。

    [paths] default = ssh://<username>@bitbucket.org/teamsinspace/bitbucketspacestation

ステップ 2 追加の SSH キーを作成する

追加分の各 Bitbucket アカウントまたは使用する各コンピューターに対して、それぞれ SSH キーを作成する必要があります。たとえば、Bitbucket アカウントを 4 つ持っている場合、新しい SSH キーを 3 つ生成する必要があります。したがって、全部で 4 つのキーを持つことになります。

  1. 新しい SSH キーを生成します。<username> の部分に、SSH キーを作成する Bitbucket アカウントのユーザー名を入力します。

    For Windows 7 or earlier

    You can only enter ssh-keygen into the Git Bash window. It won't work in the Command prompt.

    $ ssh-keygen -f ~/.ssh/<username>
    Generating public/private rsa key pair.
    Enter passphrase (empty for no passphrase):
    Enter same passphrase again:
    Your identification has been saved in /Users/<username>/.ssh/<username>.
    Your public key has been saved in /Users/<username>/.ssh/<username>.pub.
    The key fingerprint is:
    7a:9c:b2:9c:8e:4e:f4:af:de:70:77:b9:52:fd:44:97 <username>
    The key's randomart image is:
    +--[ RSA 2048]----+
    |         |
    |         |
    |        .|
    |        Eo|
    |  .  S  ...|
    |  . .o .... .|
    |  .= = ..o o |
    |  .o X ... ..|
    |  .ooB.o..  |
    +-----------------+

  2. 新しい SSH キーをアカウントに追加します。適切なアカウントに追加していることを確認してください。

    $ ssh-add ~/.ssh/<username>

ステップ 3. (Mercurial のみ) SSH 圧縮を有効にする

SSH 圧縮の有効化は推奨されますが、必須ではありません。

既定では、Git の場合、データの送信または取得時に圧縮が自動で実行されますが、Mercurial では実行されません。SSH 圧縮を有効にすると、データの送信および取得の速度が劇的に向上する場合があります。

SSH 圧縮を有効にするには、次の手順を使用します。

  1. Mercurial グローバル構成ファイル (~/.hgrc) を開きます。
  2. 以下の行を UI セクションに追加します。

    ssh = ssh -C

    追加後のファイルは次のようになります。

    [ui]
    # Name data to appear in commits
    username = Emma <emmap1@atlassian.com>
    ssh = ssh -C
  3. ファイルを保存して閉じます。

ステップ 4. Bitbucket 設定に公開キーを追加する

各公開 SSH キーを対応するアカウントに追加します。2 つの別々の場所からアクセスしているアカウントがある場合、そのアカウントに両方のキーを追加します。

  1. Bitbucket で、左下のアバターから [Bitbucket の設定] を選択します。

    [アカウント設定] ページが開きます。

  2. [SSH キー] をクリックします。

    追加済みのキーがある場合、このページに表示されます。

  3. ターミナル ウィンドウで、公開キー ファイルの内容をコピーします。

    • Mac OSX: Copy the output to the clipboard with this command: $ pbcopy < ~/.ssh/<public_key_file>

    • Linux: Copy the output to the clipboard with this command: $ cat ~/.ssh/<public_key_file>

  4. Bitbucket で、新しいキーのラベルを入力します (例: Public key #2)。

  5. コピーした公開キーを SSH キー フィールドに貼り付けます。

  6. 保存をクリックします。

    キーの追加を確認するメールが、Bitbucket からユーザーに送信されます。

次回リポジトリをクローンする際、そのリポジトリの SSH URL を使用して、URL の <username>@bitbucket.org 部分で hg を Bitbucket ユーザー名に置き換えます。例:

hg clone ssh://<username>@bitbucket.org/teamsinspace/bitbucketspacestation

HTTPS または別の SSH URL を使用して既存のリポジトリの URL を変更する場合、リポジトリのリモート URL を変更します

Sourcetree で 追加の SSH キーをセットアップする (Windows)

Git や Mercurial を使用しているかどうかにかかわらず、Windows で Sourcetree を使用して任意の数の SSH キーを生成するには、このセクションを参照してください。

詳細を展開

ステップ 1. SSH キーを作成する

  1. [ツール] で、[SSH キーの作成またはインポート] を選択します。

  2. [PuTTY キー ジェネレーター] ダイアログで、[生成] ボタンをクリックします。

  3. SSH キーの生成中は、カーソルをダイアログの空白領域に置いてください。生成には 1 〜 2 分かかる場合があります。

    SSH キーの生成が完了すると、公開キーとその他の複数のフィールドが表示されます。

  4. 他の SSH キーと区別できるように説明を入力して [キー コメント] を更新します。

  5. [キー パスフレーズ] と [パスフレーズの確認] フィールドで、SSH キーのパスフレーズを入力します。

  6. [公開キーを保存] をクリックします。保存ダイアログで公開キーの保存先を選択し、ファイルに名前を付けて [保存] をクリックします。

  7. [秘密キーを保存] をクリックします。保存ダイアログで、秘密キーを保存する場所を選択し、ファイルの名前を付け、[保存] をクリックします。

  8. [PuTTY キー ジェネレーター] ダイアログを閉じます。

ステップ 2. (Mercurial のみ) SSH 圧縮を有効にする

Enabling SSH compression is recommended but not required. You'll need to clone and open a Mercurial repository to complete these steps.

既定では、Git の場合、データの送信または取得時に圧縮が自動で実行されますが、Mercurial では実行されません。SSH 圧縮を有効にすると、データの送信および取得の速度が劇的に向上する場合があります。

SSH 圧縮を有効にするには、次の手順を使用します。

  1. Click Settings in the top right of the repository window.
    The repository settings may open to the Remotes tab. If not, click the Remotes tab.
  2. [構成ファイルの編集] をクリックし、Mercurial グローバル構成ファイルを開きます (~/.hgrc2)。
  3. 以下の行を UI セクションに追加します。

    ssh = ssh -C

    When you're done the file should look similar to this:

    [ui]
    # name and email (local to this repository, optional), e.g.
    username = Emma <emmap1@atlassian.com>
    ssh = ssh -C
  4. ファイルを保存して閉じます。

ステップ 3. Pageant に秘密キーをインストール

Sourcetree には Pageant という SSH 認証エージェントが付属しています。秘密キーを Pageant にロードして自動認証することで、パスフレーズの入力は不要になります。

  1. Double-click the Pageant (PuTTY Authentication Agent) icon in your system tray to open the Pageant Key List dialog.

  2. [キーの追加] ボタンをクリックします。

    [秘密キー ファイルの選択] ダイアログが表示されます。

  3. ステップ 1 で保存した秘密キー ファイルに移動して、[開く] をクリックします。

  4. SSH キーのパスフレーズを入力し、[OK] をクリックします。

    Pageant は実行中のリストにキーを表示します。

  5. [閉じる] を押してダイアログを閉じます。

ステップ 4. Bitbucket 設定に公開キーを追加する

  1. Sourcetree で、[ツール] > [SSH キーの作成またはインポート] に進み、[PuTTY キー ジェネレーター] ダイアログを開きます。

  2. [ロード] をクリックし、SSH フォルダーに移動して、秘密キーをクリックします。

  3. SSH キーのパスフレーズを入力し、[OK] をクリックします。

  4. 最初のフィールドに公開キーをコピーします。

  5. Bitbucket で、左下のアバターから [Bitbucket の設定] を選択します。

    [アカウント設定] ページが開きます。

  6. [SSH キー] をクリックします。

    追加済みのキーがある場合、このページに表示されます。

  7. [キーの追加] をクリックします。

  8. Bitbucket で、新しいキーのラベルを入力します (例: Public key #2)。

  9. コピーした公開キーを [SSH キー] フィールドに貼り付けます。

  10. [保存] をクリックします。
    Bitbucket からキーの追加を確認するメールがユーザーに送信されます。

    SSH キーを編集する

    キーを追加したあとは、そのキーのラベルを編集することはできますが、キー自体を編集することはできません。キーのコンテンツを変更するには、キーを削除してから、再度追加する必要があります。

最終更新日 2018 年 6 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.