Ruby と Bitbucket Pipelines

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、bitbucket-pipelines.yml ファイルを構成して Ruby プロジェクトを構成およびテストする方法について説明します。

Docker で Ruby のバージョンを指定する

Bitbucket Pipelines は、構成ファイルの最初に指定したイメージを使用し、すべてのビルドを Docker コンテナで実行します。Docker Hub にあるいずれかの公式 Ruby Docker イメージを使用して、Bitbucket Pipelines で簡単に Ruby を使用できます。デフォルトの Ruby イメージを使用する場合、依存関係の解決に役立つ pip がデフォルトでインストールされています。

たとえば、bitbucket-pipelines.yml ファイルの先頭で指定して Ruby 2.4.0 を使用できます。

image: ruby:2.4.0
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - ruby -v

Ruby の異なるバージョンを使用したい場合、Ruby Docker イメージのタグを変更します。次の例は、Ruby 2.3.3 のコンテナを開始します。

image: ruby:2.3.3

サポートされる Ruby バージョンと対応する image タグの一覧については、https://hub.docker.com/r/library/ruby/ をご参照ください。

前述の標準 Ruby イメージのため、Rails Docker イメージは更新が停止されています。

オンライン バリデーターを使用して bitbucket-pipelines.yml ファイルをチェックすることができます。

依存関係をインストールする

Gemfile を使用している場合、スクリプトの最初で bundle install を実行することで、すべての依存関係を簡単にインストールできます。

image: ruby:2.4.0
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - bundle install

gem install コマンドで依存関係を明示的にインストールすることもできます。

image: ruby:2.4.0
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - gem install rails

データベース

Bitbucket Pipelines では、サービスを定義して適切な段階でインスタンス化することで、パイプラインの実行中に追加のサービスを起動できます。

任意のデータベース用に bitbucket-pipeline.yml ファイルを構成する方法について、いくつかのを用意しています。

テスト

ローカルでアプリケーションをテストするために使用したコマンドと同じものを、bitbucket-pipelines.yml に追加します。たとえば RSpec を使用している場合、次のように構成することで、依存関係をインストールしてテストを実行できます。

image: ruby:2.4.0
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - bundle install
          - rspec

 

Rails アプリケーションを構築している場合、テストを実行するためにデータベースが必要な場合があります。bitbucket-pipeline.yml ファイルを構成する方法について、いくつかのを用意しています。

たとえば、パイプラインの一部として PostgreSQL データベースを構成する方法は次のようになります。

bitbucket-pipelines.yml
image: ruby:2.3.1

pipelines:
  default:
    - step:
        script: # Modify the commands below to build your repository.
- export DATABASE_URL=postgresql://test_user:test_user_password@localhost/pipelines
          - bundle install
          - rake db:setup
          - rake db:test:prepare
          - rspec
        services:
          - postgres
 
definitions:
  services:
    postgres:
      image: postgres
      environment:
        POSTGRES_DB: pipelines
        POSTGRES_USER: test_user
        POSTGRES_PASSWORD: test_user_password

 

Remember, you can check your bitbucket-pipelines.yml file with our online validator.

最終更新日 2017 年 11 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.