Javascript (Node.js) と Bitbucket Pipelines

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このガイドでは、Bitbucket Pipelines を使用して、Docker コンテナで Node.js ソフトウェア プロジェクトをビルドおよびテストする方法について説明します。

Most of the configuration happens in the bitbucket-pipelines.yml file that Pipelines uses to define the build.

 

Docker で Node.js のバージョンを指定する

Bitbucket Pipelines は、構成ファイルの最初に指定したイメージを使用し、すべてのビルドを Docker コンテナで実行します。Docker Hub にあるいずれかの公式 Node.js Docker イメージを使用することで、Bitbucket Pipelines で簡単に Node.js を使用できます。 

たとえば、Node.js 6.9.4 を bitbucket-pipelines.yml ファイルの先頭で指定して使用できます。

image: node:6.9.4
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - node -v

Node.js の異なるバージョンを使用したい場合、Node.js Docker イメージのタグを変更します。次の例は、Node 4.7.2 のコンテナを開始します。

image: node:4.7.2

サポートされているすべての Node.js バージョンと対応するイメージ タグの一覧については、https://hub.docker.com/_/node/ を参照してください。

オンライン バリデーターを使用して bitbucket-pipelines.yml ファイルをチェックすることができます。

依存関係をインストールする

npm を使用して依存関係を管理する

Docker Hub の既定の Node.js イメージには、既定で npm がインストールされています。これをスクリプトで直接使用して、特定のパッケージをローカルまたはグローバルでインストールできます。

If you are using a package.json file, you can simply run npm install at the beginning of your script to install all the required dependencies:

image: node:6.9.4
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - npm install

Yarn を使用して依存関係を管理する

Docker Hub の既定の Node.js イメージには、既定で yarn がインストールされています。これをスクリプトで直接使用して、特定のパッケージをローカルまたはグローバルでインストールできます。

image: node:8
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - yarn

依存関係をグローバルにインストールする (Gulp、Grunt、Angular CLI...)

Node packages can also be installed globally. For instance, if your pipeline depends on a task runner like Gulp or Grunt, you will need to install them globally. You can use the npm install -g command if you're using npm as your package manager:

npm install -g grunt-cli
npm install
grunt

or use yarn global add if you're using Yarn.

yarn global add grunt-cli
yarn
grunt

モジュールをダウンロードして非公開リポジトリに公開する

If you are using private modules from either the public npm registry or your own private registry you can simply check in a .npmrc file at the root of your repository using repository variables. To avoid conflict with the local ~/.npmrc file during development you can simply name it .npmrc_config and rename it as part of the pipeline script.

.npmrc_config
//registry.npmjs.org/:_authToken=${NPM_TOKEN}
registry=https://registry.npmjs.org

If you are using a private npm registry you just need to replace registry.npmjs.org with the address of your registry.

Then configure the following variable in Bitbucket Pipelines:

  • NPM_TOKEN: レジストリの認証トークンです。レジストリにログインした後、ローカルの ~/.npmrc で見つけることができます。

bitbucket-pipelines.yml スクリプトは、非公開の依存関係をインストールするために次のようになります。

bitbucket-pipelines.yml
image: node:6.9.4
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - mv .npmrc_config .npmrc
          - npm install

テスト

You simply need to add to your bitbucket-pipelines.yml file the same commands that you would run locally to test your application. For instance, if you are running npm test locally to run your test suite the following example should work for you.

image: node:6.9.4
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - npm install
          - npm test

データベース

パイプラインでサービス コンテナを使用してデータベースを実行します。


オンライン バリデーターを使用して bitbucket-pipelines.yml ファイルをチェックすることができます

最終更新日 2018 年 11 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.