Viewing the code changes that triggered a build

このページの内容

コードの変更でビルドがトリガされた場合、更新されたファイルがビルド結果に記載されます。

Atlassian の FishEye がご利用の Bamboo サーバに接続されている場合、ビルドをトリガしたコードの変更を表示することができます。コンパイル エラーまたはテストの失敗によってビルドが失敗した場合、FishEye で失敗したビルドを調査し、ビルドの失敗の原因となったチェンジセットに直接ジャンプすることができます。そのチェンジセットの履歴を表示して、ユーザーが修正しようとしているものを確認し、サイドバイサイドの差分ビューを活用して変更を分析し、IDE で適切なファイルを開くことができます。

特定のビルド結果をトリガしたコードの変更を表示する方法:

  1. ビルド結果の表示」に記載しているようにプランのビルド結果に移動し、目的のビルド結果をクリックします。
  2. 変更タブをクリックします。更新されたファイルのリストが表示されます。
    • ソース ファイルへのリンクをクリックして変更を表示します。
    • バージョン番号をクリックすると、ファイル全体を表示することができます。
    • 差分リンクをクリックすると、各ファイルの現在のバージョンと前のバージョンの差分を表示することができます。

Links to individual source-code files will only be available if your Bamboo administrator has connected the plan to the source repository, as specified in the 'Advanced Options' on the 'Source Repositories' tab for the plan.  For details, see Integrating Bamboo with FishEye

 

最終更新日 2015 年 3 月 16 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

お探しの情報が見つかりませんか?

コミュニティへの質問

Powered by Confluence and Scroll Viewport.