Jira の課題イベントが、自動化ルールの「フィールド値の変更時」トリガーの通知を重複してトリガーする

プラットフォームについて: Server および Data Center のみ。この記事は、Server および Data Center プラットフォームのアトラシアン製品にのみ適用されます。

Server* 製品のサポートは 2024 年 2 月 15 日をもって終了します。Server 製品を利用している場合は、Atlassian Server のサポート終了のお知らせページにて移行オプションをご確認ください。

*Fisheye および Crucible は除く

要約

自動化ルールによって重複した通知メールがトリガーされます。

環境

Automation for Jira

診断

The automation rule needs to be configured as shown below in the screenshot:

自動化ルールの詳細については以下をご参照ください。

  • WHEN
    • フィールド値の変更時: 値の変更: 課題タイプ

  • 条件: 一致 (「詳細な比較条件」を持つ新しい if/else ブロックを追加する必要があります)
    • 最初の値: {{issue.Assignee group}} 

    • 条件: Starts with

    • 2 番目の値: _
  • THEN (ブランチ ルール内に配置する)
    • メールを送信: 担当者グループ

  • ELSE ブロック
  • THEN (ブランチ ルール内に配置する)
    • メールを送信: 別のグループへ

(info) NOTE: Here Assignee group is a custom field of type group picker however the rule need not have to be in the same way however this KB applies to you if you are using an automation rule and the trigger is "Field value changed".

(info) ヒント: 監査ログの自動化ルールに関する詳細については、「ログ アクション」アクションを自動化ルールに追加します。例: 影響を受けるフィールドに Changed values :{{fieldChange.fromString}} to {{fieldChange.toString}} を追加することで、ログ内でより多くの情報を表示できます。

原因

自動化ルールとその設定の予想される動作によって、重複したメールがトリガーされました。たとえば、以下にハイライトしているように、自動化ルールのトリガーでは「課題を編集」「課題をトランジション」「課題を作成」の 3 つのイベントが「フィールド値の変更時」トリガーに対して用意してあります。

As some fields will be filled during issue creation, for that event the automation rule triggers one email, and if that gets changed while editing an issue or transitioning an issue then that would trigger another email.

ソリューション

複数のメールが同じフィールド (例: 課題タイプ) に対してトリガーされないようにするには、[課題を編集] または [課題を作成] の各操作のみをトリガーで選択して、メールの重複を回避できます。

(warning) ここで提供されるオプションは要件によってルールが異なる可能性があるという例に過ぎないため、本番環境で試す前にまずテスト/ステージング インスタンスで検証とテストを行うようにしてください。



最終更新日: 2023 年 12 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.