複数の課題を一括で編集する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

複数の課題に特定の値を割り当てるか、複数の課題から特定の値を削除できます。そのため、複数の課題に対して同じ変更を手動で行う必要はありません。使用可能なバルク アクション

課題を選択した後、次のバルク アクションを実行できます。

  • Jira Software に変更を保存するには、Advanced Roadmaps ユーザー権限が必要です
  • サブタスクは、スプリント、リリース、チームなど、親ストーリーの特定の値を継承します。代わりに、親ストーリーでそれらの値を更新する必要があります。

複数の課題の選択

まず、バルク アクションを実行する課題を選択する必要があります。これを行うには、スコープ セクションで対応する問題のチェックボックスを選択します。

複数の課題を選択したプランの例

または、課題にカーソルを合わせて [詳細] ( ) > の順にクリックし、課題、その子孫の課題またはその子孫の課題だけを選択します。これによって、子課題だけでなく最下位階層レベルまですべての子孫の課題が選択されます。これは、課題に複数の子孫の課題がある場合に便利です。

課題とその課題のその派生問題を選択したプランの例

複数の課題をすばやく選択する方法

Shift キーを押しながら、1 つ目の課題のチェックボックスを選択してから、2 つ目のチェックボックスを選択します。これにより、両方の課題とその間にあるすべての課題が選択されます。

複数の課題の選択 

これにより、表示されている課題のみが選択され、折りたたまれている子課題と派生課題は選択されません。子課題と派生課題を選択する場合は、先にこれらの課題を展開する必要があります。

複数の課題、子課題、および派生課題の選択


同じ方法で課題のチェックボックスをオフにすると、選択した課題もクリアされます。

課題を担当者へ割り当てる

このセクションは、担当者に割り当てられていない課題、または別の担当者に再割り当てする課題に適用されます。

  1. スコープ セクションで、対応する課題のチェックボックスをオンにします。
  2. [バルク アクション] メニュー > [担当者] をクリックします。
  3. 選択した課題の対応する担当者を選択します。
    選択した課題の現在の担当者を削除するには、代わりに [未割り当て] を選択します。
  4. [適用] をクリックします。課題は、選択した担当者に割り当てられます。
    課題は、スコープ セクションで選択されたままになることに注意してください。
  5. 次のように変更を保存します。
    1. [変更をレビュー] をクリックします。[変更をレビュー] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。
    2. [選択された変更を Jira で保存] をクリックします。

課題をチームへ割り当てる

このセクションは、チームに割り当てられていない課題、または別のチームに再割り当てする課題に適用されます。

  1. スコープ セクションで、対応する課題のチェックボックスをオンにします。
  2. [バルク アクション] メニュー > [チーム] をクリックします。
  3. 選択した課題の対応するチームを選択します。
    選択した課題の現在の担当者を削除するには、代わりに [なし] を選択します。
  4. [適用] をクリックします。課題は選択したチームに割り当てられます。
    課題はスコープ セクションで選択されたままになることにご注意ください。
  5. 次のように変更を保存します。
    1. [変更をレビュー] をクリックします。[変更をレビュー] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。
    2. [選択された変更を Jira で保存] をクリックします。

課題の日付の更新

カスタム日付を利用できるようにするには、プランの課題ソースに関連付けられているすべてのプロジェクトのスキームに、カスタム日付フィールドを追加することを確認します。選択すると、カスタム日が日付バッジ () と併せて表示されます。

  1. スコープ セクションで、対応する課題のチェックボックスをオンにします。
  2. [バルク アクション] メニュー > [日付] をクリックします。
  3. 必要に応じて、開始日と終了日の次のオプションから選択します。
    • 既存を保持: 現在の日付をそのまま保持します
    • Clear date (日付をクリア): 現在の日付を削除します
    • 子課題の日付で設定 (親課題専用): 子課題の日付を選択された親課題に集約します
    • Set custom date (カスタム日を設定): 選択した日付を設定します
  4. [適用] をクリックします。課題の日付が更新されます。
    課題は、スコープ セクションで選択されたままになることに注意してください。
  5. 次のように変更を保存します。
    1. [変更をレビュー] をクリックします。[変更をレビュー] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。
    2. [選択された変更を Jira で保存] をクリックします。

課題の親の更新

課題の親を更新するには、課題が同じ階層レベルである必要があります。また、階層の最高レベルの案件はそれ以上、上のレベルに移動できないため、新しい親に移動することはできません。

  1. スコープ セクションで、対応する課題のチェックボックスをオンにします。
  2. [バルク アクション] メニュー > [] をクリックします。
  3. 選択した課題の対応するを選択します。
    選択した課題の現在の担当者を削除するには、代わりに [なし] を選択します。
  4. [適用] をクリックします。課題は、選択した親に移動されます。
    課題は、スコープ セクションで選択されたままになることに注意してください。
  5. 次のように変更を保存します。
    1. [変更をレビュー] をクリックします。[変更をレビュー] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。
    2. [選択された変更を Jira で保存] をクリックします。

課題のランクの更新

  1. スコープ セクションで、対応する課題のチェックボックスをオンにします。
  2. [バルク アクション] メニュー > [ランク] をクリックします。
  3. 選択した課題の新しいランクを選択します。
    • プランの最上位: 課題を最も高い優先度としてランク付けし、それをプランの最上位に移動します
    • プランの最下位: 課題を最も優先度が低いとしてランク付けして、プランの最下位に移動します
    • 課題の上: 選択された課題を任意の課題の上にランク付けします変更を適用すると、課題の新しいランクも表示されます。
    • 課題の下: 選択された課題を任意の課題の下にランク付けします変更を適用すると、課題の新しいランクも表示されます。
  4. [適用] をクリックします。課題が新しいランクに移動されます。
  5. 次のように変更を保存します。
    1. [変更をレビュー] をクリックします。[変更をレビュー] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。
    2. [選択された変更を Jira で保存] をクリックします。

課題のランク付けを変更する際、課題のランクが実際のランクよりも低く、または高く表示される場合がありますう。これは、課題が、それが持つ可能性のある親子関係に従って視覚的にランク付けされるためです。

ただし、Jira でこれらの課題を表示すると、課題の新しいランクがより直接的に識別できるようになります。これは、Jira の課題には親子関係がないため、Jira ではフラット リストでランク付けされるためです。

しかし、課題の親子関係は Advanced Roadmaps でも保持されるため、プランで上位にランク付けされているように見える課題は、実際には Jira で低いランク付けになる可能性があります。

Updating the release of issues

複数の課題のリリースを更新する場合は、次の操作を実行できます。

同じプロジェクト内にある課題のリリースを更新する

  1. スコープ セクションで、対応する課題のチェックボックスをオンにします。
  2. [バルク アクション] メニュー > [リリース] をクリックします。
  3. 選択した課題の対応するリリースを選択します。
    • 選択した課題のプロジェクトに関連付けられているリリースのみが使用可能になります。
    • 選択した課題の現在の担当者を削除するには、代わりに [なし] を選択します。
  4. [適用] をクリックします。課題は選択したリリースに追加されます。
    課題はスコープ セクションで選択されたままになることにご注意ください。
  5. 次のように変更を保存します。
    1. [変更をレビュー] をクリックします。[変更をレビュー] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。
    2. [選択された変更を Jira で保存] をクリックします。

複数の課題のプロジェクト間リリースの更新

プロジェクト横断型リリースがプランにすでに存在している必要があり、関連する各プロジェクトからのリリースがなければならないことにご注意ください。

  1. スコープ セクションで、対応する課題のチェックボックスをオンにします。
  2. [バルク アクション] メニュー > [リリース] をクリックします。
  3. 選択した課題の対応するプロジェクト横断型リリースを選択します。
    • 関連する各プロジェクトからのリリースを持つプロジェクト横断型リリースのみが利用可能になります。
    • 選択した課題の現在の担当者を削除するには、代わりに [なし] を選択します。
  4. [適用] をクリックします。課題は、選択したプロジェクト間リリースに追加されます。
    課題は、スコープ セクションで選択されたままになることに注意してください。
  5. 次のように変更を保存します。
    1. [変更をレビュー] をクリックします。[変更をレビュー] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。
    2. [選択された変更を Jira で保存] をクリックします。

課題のスプリントの更新

  1. スコープ セクションで、対応する課題のチェックボックスをオンにします。

  2. [バルク アクション] メニュー > [スプリント] をクリックします。
  3. 選択した課題の対応するスプリントを選択します。
    選択した課題の現在の担当者を削除するには、代わりに [なし] を選択します。
  4. [適用] をクリックします。課題は、選択したスプリントに移動されます。
    課題は、スコープ セクションで選択されたままになることに注意してください。
  5. 次のように変更を保存します。
    1. [変更をレビュー] をクリックします。[変更をレビュー] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。
    2. [選択された変更を Jira で保存] をクリックします。

Performing a bulk change in Jira

1 つのプランで複数の課題を選択し、Jira で直接これらの課題に対して一括操作を実行できます。これにより、プランのコンテキスト内で、Jira において課題の編集、移動、移行、削除、ウォッチ、およびウォッチの停止が可能になります。

  1. スコープ セクションで、対応する課題のチェックボックスをオンにします。
  2. [バルク アクション] メニュー > [Bulk change in Jira (Jira における一括変更)] をクリックします。Jira の一括変更操作ウィンドウが新しいタブで開きます。
  3. 必要に応じて、Jira で一括操作を実行します。

プランから課題を削除する

  1. スコープ セクションで、対応する課題のチェックボックスをオンにします。
  2. [バルク アクション] メニュー > [Remove from plan (プランから削除)] の順にクリックします。
  3. 確認ダイアログで [削除] をクリックします。
  4. 次のように変更を保存します。
    1. [変更をレビュー] をクリックします。[変更をレビュー] ダイアログが表示され、既定ですべての変更が選択されます。
    2. [選択された変更を Jira で保存] をクリックします。
  • Jira にすでに保存されている案件はプランから削除されますが、Jira には残ります。
  • Jira に保存されていな課題はプランから永久に削除されます。
最終更新日: 2021 年 2 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.