ベース URL の設定

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ベース URL とは、ユーザーが Jira アプリケーションにアクセスするときに使用する URL です。アドレスに制限はありませんが、ブラウザで Jira インスタンスを表示するのに使用する URL と同じ URL に設定する必要があります。 

Jira をルート以外のコンテキスト パス内で実行するようにインストールした場合 (つまり、コンテキスト パスを指定している場合)、サーバーのベース URL にはこのコンテキスト パスが含まれている必要があります。たとえば、Jira が http://www.foobar.com/Jira で稼働している場合、サーバーのベース URL は http://www.foobar.com/Jira となる必要があります。

Jira のベース URL を変更する

Jira のセットアップ中に、ベース URL が自動検出されます。ただし、サイトの URL を変更する場合や、アプリへの公開アクセスに使用する URL に別の URL から Jira をセットアップする場合は、手動での設定が必要になる場合があります。

次のすべての手順を行うには、Jira システム管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

ベース URL を設定する方法

  1. 画面右上で [管理] > [システム] の順に選択します。
  2. サイドバーで [一般設定] を選択します。

  3. [編集を設定] を選択します。

  4. [ベース URL] テキスト ボックスで、新しい URL を入力します。

  5. [更新] を選択して変更を保存します。

異なる URL を使用する

異なるベース URL を設定したり、ユーザーが他の URL を使用したりして Jira にアクセスする場合、他のページを参照する際にエラーが生じることがあります。

コンテキスト パスを変更する

ベース URL のコンテキスト パスを変更する場合、Web サーバーの server.xml ファイルを編集して新しいパスを反映する必要があります。

  1. Jira サーバーを停止します。
  2. Jira の "宛先ディレクトリ" に移動します。これは、Confluence のインストール ファイルが保管されているディレクトリです (例: C:\Program Files\Atlassian\JIRA)。ここでは「{Jira_INSTALLATION}」とします。
  3. {Jira_INSTALLATION}\conf\server.xml で構成ファイルを編集します。
  4. Context 要素の path 属性の値を変更して、コンテキスト パスを反映します。たとえば、http://www.foobar.com/Jira で Jira を実行している場合、path 属性は以下のようにします。

    $stringEscapeUtils.escapeHtml($body)
  5. ファイルを保存します。

プロキシの後ろにベース URL を設定する

プロキシの後ろで実行する場合、プロキシ名がベース URL とマッチしていることを確認します。例: proxyName="foobar.com" proxyPort="443" scheme="https" 。これにより、情報を適切に渡すことができます。

この情報は、{Jira_INSTALLATION}\conf\server.xml Connector 要素に追加する必要があります。

最終更新日 2022 年 11 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.