Jira Cloud から Server アプリケーションに移行する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

サーバー製品と Data Center 製品の重要な変更

アトラシアンでは新しいサーバー ライセンスの販売を終了しました。また、サーバー製品のサポートは 2024 年 2 月 15 日に終了します。Data Center については複数の主要な改善を含め、投資を継続いたします。変更の内容については、こちらでご確認ください。

このページでは、Jira Cloud から Jira Server へのデータの移行について説明します。Jira Server から Jira Cloud に移行する場合は、移行リソースをチェックしてください

Jira Cloud は通常、Jira Server よりも先に進んだバージョンを利用しており、したがっていくつかの機能を Jira Server で利用できない可能性があります。  

サイト全体ではなくプロジェクトを移動する場合は、「バックアップからプロジェクトをリストアする」を参照してください。

制限事項

Jira Cloud アプリケーションは定期的に更新されており、常に最新の機能を備え、機能改善が適用されています。このため、Jira アプリケーションの最新のダウンロード版よりも新しいバージョン上で実行されています。Jira Cloud アプリケーションから Jira Server アプリケーションに移行する場合は、次の制限事項にご注意ください。

機能の不足

Jira Cloud には多くの場合、Jira Server の最新バージョンで未リリースの機能が含まれています。

パスワードのリセット

Jira Cloud のユーザーは、新しい Jira Server インスタンスにログインする前にパスワードをリセットする必要があります。 

Jira アプリケーションのライセンス

Atlassian Cloud ライセンスは、Jira Server アプリケーションからインストールされたインスタンスでは使用できません。https://my.atlassian.com にアクセスして、Jira Server アプリケーションの新しいライセンスを生成する必要があります。

You can reuse your licenses for plugins in your instance installed from Jira Server applications. The licenses for Atlassian plugins and Gliffy for Jira applications can be viewed on https://my.atlassian.com. For all other third-party plugins, contact the third-party vendor for a license.

ユーザーのアバター

Due to recent changes that took place in Cloud, User avatars now reside in id.atlassian.com. They are not included in the Cloud backup and, therefore, cannot be migrated to JIRA Server.

その他のクラウド アプリケーションの移行

このページの手順は、Jira アプリケーションにのみ適用されます。その他のクラウド アプリケーションを移行する (例: Confluence Cloud を Confluence Server からインストールしたインスタンスへ移行する) 場合は、「データのバックアップとエクスポート」を参照してください。

注: Jira Cloud アプリケーションその他のアプリケーション (例: Confluence Cloud) を独自のサーバーでホスティングしているインスタンスに移行する場合は、クラウド ネイティブな統合機能が失われます。アプリケーション間でアプリケーション リンクを構築することによって、これらの機能を再度有効にできます。手順については「他のアプリケーションにリンクする」をご参照ください。お困りの場合は、サポートまでお問い合わせください。

Get more details of the differences between Jira Cloud and Jira Server

Jira Server への移行

1. バックアップ

Jira Cloud のアプリケーション データのバックアップを作成します。

  1. 管理者として Jira Cloud にログインします。

  2. XML バックアップを作成します。詳細は、「Cloud から Server への課題のエクスポート」を参照してください。エクスポートの過程で、クラウド アプリケーションやプラグインのライセンスが XML から削除されます。これにより、Jira Cloud サイトではライセンスを引き続き利用できますが、Server インスタンスではライセンスを利用できなくなる点にご注意ください。

2. Download the latest version of installer

お使いのオペレーティング システムのインストーラーをダウンロードします – Jira CoreJira Software、または Jira Service Desk。 

3. Jira Server のインストール

Jira アプリケーションをインストールします。詳細は、「Jira アプリケーションのインストール」を参照してください。

インストールの際、既存のデータがあるかどうか尋ねられます。次の手順で説明するように、このときに XML バックアップをインポートできます。

4. Jira Cloud から Jira Server にデータをインポート

セットアップ ウィザードのステップ 2 (アプリケーション プロパティ)で、既存のデータの有無が確認されます。既存データをインポートをクリックし、指示に従って XML のバックアップをインポートします。

インポートの際に、以前の Jira バージョンからデータをインポートする旨の警告が表示されます。この警告を無視してインポートを続行できます。

If your backup is 2GB or more, import the attachments separately

For large backups, we recommend that you import the attachments separately. To do this:

  1. バックアップ ファイルを展開します。
    Linux で unzip ユーティリティを使用している場合は、バックアップ ファイルを抽出する前に、UNZIP_DISABLE_ZIPBOMB_DETECTION=TRUE 環境変数を設定して、大きなアーカイブを展開しようとする際にエラーが発生するのを防止します。代替手段として (または Windows を使用している場合)、7-zip ユーティリティを使用します。

  2. activeobjects.xml および entities.xml ファイルのみを圧縮します。

  3. 上記のように、セットアップ ウィザードで圧縮ファイルをインポートします。

  4. attachments ディレクトリのコンテンツを、Jira Server の <home-directory>/data/attachments ディレクトリにコピーします。

移行後

5. 管理者パスワードの変更

  1. 次の認証情報を使用して、新規の Jira アプリケーションにログインします。 

    • ユーザー名: sysadmin

    • パスワード: sysadmin

  2. ログイン後、直ちにパスワードを変更します。

6. Cloud にあるアプリを確認します。

Jira Cloud アプリケーションで使用中のアプリは、Jira アプリケーション インストールにインストールする必要があります。たとえば、Gliffy、Tempo などです。 

画面右上隅で [管理] > [アプリの管理] の順に選択します。
 [アプリの検索] 画面に、Atlassian Marketplace で入手できるアプリが表示されます。[アプリの管理] を選択すると、Jira アプリにインストールされているアプリが表示されます。[アプリの管理] を選択して [ユーザーがインストールしたアプリ] セクションに表示されたアプリのアプリ名とバージョンをメモしてください。

7. Jira Server にアプリをインストールします。

上記のステップに記載された各アプリを Jira アプリケーションにインストールします。必ず、アプリの最新バージョンをインストールしてください。アトラシアンは、アプリの古いバージョンのインストールによってダウングレードされたデータについてはサポートを提供していません。

アプリのインストール方法の詳細については、アプリの管理を参照してください。アプリ ライセンス キーを手動で追加する必要があります。

8.Jira アプリのクラウド互換性をインストールするか、スクリプトを実行します。

After you migrate from Cloud to Server, it might happen that user mentions are shown as AccountID rather than username. This is a known GDPR-related issue. To fix it, you can either use the Cloud compatibility for Jira app or run update scripts in your database.

このアプリを使用すれば手早く解決できますが、UI 側の問題を解決し、Jira Cloud からの accountId を wiki マークアップ フィールドのよりユーザー フレンドリーなテキストに置き換えるだけなので、あくまで一時的な措置です。しかし、自分の環境でスクリプトをテストする時間がなく、手早く解決したい場合は、これも選択肢になり得ますこのアプリは、Jira Server 8.0 以降に対応しています。

  1. In your Jira Server instance, go to Jira Administration > Manage apps > Find new apps.

  2. Jira に対する Cloud の互換性を検索します。

  3. アプリをインストールします。 

To permanently resolve the problem, run the update scripts in your database. Make sure that you run the scripts in your test environment first, and create a DB backup. 

PostgreSQL

SELECT ('UPDATE jiraaction SET actionbody = replace(actionbody, ''accountid:' || cu.external_id || ''', ''' || cu.lower_user_name || ''') WHERE actionbody LIKE ''%[~accountid:' || cu.external_id || ']%'';') as "Queries to fix" FROM cwd_user cu WHERE cu.external_id IS NOT NULL; 

MySQL

SELECT (CONCAT('UPDATE jiraaction SET actionbody = replace(actionbody, ''accountid:' , ifnull(cu.external_id, '') , ''', ''' , ifnull(cu.lower_user_name, '') , ''') WHERE actionbody LIKE ''%[~accountid:' , ifnull(cu.external_id, '') , ']%'';')) as "Queries to fix" FROM cwd_user cu WHERE cu.external_id IS NOT NULL; 

9. ユーザーのパスワードをリセット

Jira Cloud から Jira Server への移行が完了した後で、ユーザーのパスワードをリセットする必要があります。これは、以下のいずれかの方法で実行できます。

これで、Jira Cloud サイトを Jira Server インスタンスに移行できました。

既知の問題

During or after the migration from Jira Cloud to Jira Server, a few known issues might occur. They're mainly caused by the differences between the source codes of the two products. 

See more details of the issues in the following table.

課題ソリューション

Jira Server is set up to import data from Jira Cloud but there's no prompt whether you want to import data or not.


In case the Jira Server database already contains some data, you might not be prompted to import your data from the backup when starting Jira. You'll just see Jira's user interface.

You can proceed with restoring the database. Restoration of the database will overwrite the data in it. So, take this step only if you're sure that overwriting the data won't cause other issues.

After migrating from Jira Cloud, Jira Server might fail to import a project from the same server instance backup. In this case, you'll see the following notification: "The import was aborted because there were too many errors".

This is a known issue documented in this Knowledge Base article. The article describes the scenarios when the issue might occur and explains how to solve it. 
Jira Cloud system time is in the UTC format. Migration from Jira Cloud to Jira Server means a potentially different system time. Users might encounter incorrect times displayed in Jira after the migration.

This is a know issue tracked in the ticket JRASERVER-66388.

Feel free to leave comments on the ticket so we know your use cases better and understand how this issue is impacting your operations.

After migrating from Jira Cloud to Server, the user can't generate a new license for any Jira application (Jira Core, Jira Software, or Jira Service Management). 

This is a know issue tracked in the ticket JRASERVER-66787.

Feel free to leave comments on the ticket so we know your use cases better and understand how this issue is impacting your operations.

最終更新日: 2022 年 12 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.