重要なディレクトリとファイル

システム管理

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

On this page:

Jira インストレーションディレクトリ

「Jira インストレーションディレクトリ」は、以下のいずれかの方法によって Jira アプリケーションファイルおよびライブラリが抽出されたディレクトリを意味します:

Jira は、このディレクトリ内に一切のデータを保管せず、またこの修正も行いません。

重要なファイルとディレクトリ

以降で説明するディレクトリ / ファイルは、Windows、Linux、アーカイブ Jira の推奨されるものをインストールしたかどうかに応じて、"Jira インストール ディレクトリ" の異なるサブディレクトリに保存されます。本セクションの以降で使用する <Jira-application-dir> プレースホルダーのディレクトリを、次のように置き換えます。

  • "推奨" ディストリビューション — "Windows インストーラー" や "Linux インストーラー" でインストールされた "Jira インストール ディレクトリ" の atlassian-jira サブディレクトリ、およびアーカイブ ファイル (.zip および .tar.gz) による関連インストール。
  • Linux のデフォルトのインストレーション ディレクトリは次の通りです。

    /opt/atlassian/jira/

 

<jira-application-dir>/atlassian-jira/WEB-INF/classes/jira-application.properties

このファイルは、Jira に対して Jira アプリケーションホームディレクトリ をどこで見つけるかを伝えます。
(warning) このファイル内で定義されているお使いの Jira ホームディレクトリは、無効化できる点に注意して下さい。詳しくは Jira アプリケーションホームディレクトリの設定 を参照して下さい。

<jira-application-dir>/atlassian-jira/WEB-INF/classes/jpm.xml

このファイルは、Jira の詳細設定 用のデフォルト値を保管しているため、内容を変更しないでください。このファイル内のプロパティのデフォルト値は、Jira アプリケーションのホーム ディレクトリjira-config.properties ファイルか、Jira の管理領域からアクセスできる Jira データベースで再定義されることで、カスタマイズ (上書き) されています。詳細については、「高度な Jira 設定」を参照して下さい。

<jira-application-dir>/atlassian-jira/WEB-INF/lib/

これは、アトラシアンのプラグインフレームワーク1 (すなわち、 「プラグイン1」プラグイン) によって構築されたプラグインが保管されているディレクトリです。新しい「プラグイン1」プラグインをインストールする場合、このディレクトリに展開する必要があります。
「プラグイン2」プラグインは、Jira アプリケーションのホームディレクトリに保管する必要があります。

<jira-application-dir>/atlassian-jira/WEB-INF/classes/log4j.properties

Jira のログ構成ファイルです。詳細はロギングとプロファイリングを参照してください。

Jira によって生成された実際のログファイルは、以下のロケーションで見つけられます:

  • Jira アプリケーション ログbin/atlassian-jira.log
  • アプリケーション サーバー ログ — 一般に、アプリケーション サーバーのログ ファイルは logs ディレクトリにあります。ただし、これは実行しているアプリケーション サーバーによって異なります。

<jira-application-dir>/atlassian-jira/WEB-INF/classes/entityengine.xml

このファイルは、Jira が永続的データをデータソース内に保存する際に利用する、OFBiz エンティティエンジンを構成します。


<jira-application-dir>/

このファイルには、Jira アプリケーションのパフォーマンス監視に使用できるガベージ コレクション (GC) が含まれます。ログの記述で、Java がガベージ コレクションを行うタイミング、このプロセスの所要時間、開放されたリソースの量を確認できます。ファイルは自動で生成され、サポート Zip パッケージにも含まれます。詳細は、「ガベージ コレクション ログの使用」を参照してください。

以下に解説するサブディレクトリ/ファイルは、Jira インストレーションディレクトリのルートに存在します。

 

conf/server.xml

このファイルは、Jira SSL 構成に利用します。詳細はJira アプリケーションを SSL または HTTPS 上で実行するを参照してください。

logs/atlassian-jira-gc-timestamp.log

これらのファイルには、Jira アプリケーションのパフォーマンス監視に使用できるガベージ コレクション (GC) が含まれます。ログの記述では、Java がガベージ コレクションを行うタイミング、このプロセスの所要時間、開放されたリソースの量を確認できます。これらのファイルは自動的に作成され、ファイルの最大数 (5) に到達すると上書きされます。タイムスタンプは、ログに関する Jira セッションがいつ開始されたかを示します。詳細については、ガベージ コレクション ログを使用するを参照してください。

メモリ設定

JAVA_OPTS メモリ設定の編集に使用されるファイルは、Jira のインストール方法、並びにインストールに使用されたオペレーティングシステムに左右されます。

たとえば、Windows 上で Tomcat を使用して Jira を実行する場合 (手動セットアップ)、次のファイルを更新します:
bin\setenv.bat
一方、Linux / Unix 上で Tomcat を使用して Jira を実行する場合、次のファイルを更新します:
bin/setenv.sh

詳しくは 「Jira のメモリを増やす」 を参照して下さい。

Jira ホームディレクトリ

”Jira Home Directory” には JIRA の機能性の定義に関連する重要なデータがあります。このドキュメントでは、Jira ホームディレクトリ内にある各種ファイルとサブディレクトリの目的を概説します。

Windows、または、Linux の自動インストーラーを使用して Jira をインストールした場合には、デフォルトの Jira ホームディレクトリの場所は:

  • C:\Program Files\Atlassian\Application Data\JIRA (Windows)、または
  • /var/atlassian/application-data/JIRA (Linux の場合)

Jira をアーカイブ ファイルからインストールする場合、Jira ホーム ディレクトリは、Jira インストールがアクセスできる任意の場所に設定できます。次のような場所が一般的です:

  • C:\jira\home (Windows)、または
  • /var/jira-home (Linux または Solaris の場合)

(warning) Jira インストールディレクトリ の中に Jira ホームディレクトリを配置することは避けてください。

(tick) Jira ホームディレクトリの場所の指定に関する詳細は、「Jira アプリケーションホームディレクトリ の設定 」 を参照してください。

重要なファイル

dbconfig.xml

このファイル (Jira ホーム ディレクトリ 内にあります) は、Jira のデータベース接続に関連する全情報を定義するものです。通常、新規で Jira をインストール時に Jira セットアップウィザード を実行するか、または、Jira 設定ツール を使用してデータベース接続を設定すると、このファイルが作成されます。

また、独自の dbconfig.xml ファイルを作成することもできます。これは、セットアップ ウィザードや Jira 設定ツールでは生成されない、特定のデータベース設定用の追加パラメーターを指定する必要がある場合に役立ちます。詳細については、「Jira をデータベースに接続する」の対象なデータベース設定ガイドにある「手動」接続の説明を参照してください。

jira-config.properties

このファイル (同様に Jira ホーム ディレクトリのルートに保存) は、Jira の高度な設定のほとんどのもののカスタム値を格納します。このファイルで定義されているプロパティは、jpm.xml ファイル (Jira アプリケーション インストール ディレクトリ に保存) で定義されている既定値よりも優先されます。詳細については、「高度な Jira 設定」を参照してください。

(info) 新しい Jira インストールの場合、初期段階ではこのファイルは存在しないことがあります。その場合は、手動で作成する必要があります。詳細は、「jira-config.properties ファイルを変更する」を参照してください。このファイルは通常、高度な Jira 設定で既定値からのカスタマイズが行われた、バージョン 4.3 以前からアップグレードした Jira インストールに存在します。

重要なサブディレクトリ

data

このディレクトリは、Jira インスタンスのアプリケーション データを格納しています。ここには、 添付ファイル (Jira に格納されたすべてのバージョンのそれぞれの添付ファイル) も含まれます。

export

Jira はこのディレクトリに automated backup archives を配置します。

log

Jira はこのディレクトリにログを配置します。(注意: Jira ホーム ディレクトリが設定されていない場合、これらのログは代わりにその時点のワーキング ディレクトリに配置されることになります)。

このログは、最初のログメッセージが書き込まれた時点で作成されます。例えば、内部アクセスログは、Jira が書き込みを始めるまで作成されません。

このログ ファイルの場所は、log4j.properties を使用して変更できます。詳細は、「ロギングとプロファイリング」を参照してください。

plugins

これは、アトラシアンの Plugin Framework 2 (例: 'Plugins 2' プラグイン) に基づいて構築されたプラグインが保管されているディレクトリです。新しい 'Plugins 2' プラグインをインストールする場合、installed-plugins サブディレクトリ配下にあるこのディレクトリにデプロイする必要があります。

「プラグイン1」プラグインは、Jira アプリケーションのインストールディレクトリに保管する必要があります。

このディレクトリが存在しない場合は、 Jira 起動時に作成されます。

caches

このディレクトリに、 Jira は下記を含むキャッシュを格納します:

これらのファイルは Jira のパフォーマンスに不可欠なものなので、Jira 実行中に外部から変更または削除してはなりません。

詳細は、「インデクシングを検索する」 を参照してください。

tmp

Jira uses two temporary directories: <JIRA_HOME_DIR>/tmp and <JIRA_INSTALL_DIR>/temp.

<JIRA_HOME_DIR>/tmp

This is the system's temporary directory. It’s used for runtime functions and also stores cached web resource files, such as batched files (batch.js and batch.css).

<JIRA_INSTALL_DIR>/temp

This is the application temporary directory. This directory stores any temporary content created for various runtime functions such as exporting, importing, file upload, and indexing. It's set by the java.io.tmpdir variable.

You can remove files from this directory while Jira is running, but we recommend that you shut down Jira first before modifying the contents of this directory.

最終更新日: 2021 年 12 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.