ユーザーの作成、編集、削除

Jira アプリケーションでは、ユーザーは手動または外部のユーザー管理システム経由で管理できます。このページではユーザーを手動で管理できるようにサポートして、必要に応じて外部のユーザー管理システムを参照します。

ユーザーがログインして Jira アプリケーションにアクセスするには、アプリへのアクセス権限を持っている必要があります。アプリに割り当てられたグループのメンバーであれば、アプリへのアクセス権が付与されます。このようなグループのメンバーシップはユーザー単位でいつでも変更できます。

On this page:

アトラシアン製品全体で 500 人以上のユーザーを管理していますか?
Crowd を使用して、どのように簡単に、スケーラブルに、効果的に管理できるかをご覧ください。Crowd では、すべての Atlassian Server および Data Center アプリケーションのユーザーを管理できるほか、複数のディレクトリからのユーザー認証権限も管理できます。
集中型のユーザー管理」をご参照ください。

はじめる前に

Jira アプリケーションでユーザーを管理するには、Jira 管理者またはシステム Jira 管理者グローバル権限が必要です。詳細については、「権限の概要」をご参照ください

Jira のユーザー管理設定にアクセスするには、画面右上の [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。

ユーザーを作成

Jira では、複数の方法でユーザーを作成できます。内容を読み、自分のチームに適した方法を見つけてください。

ユーザーを Jira Service Management プロジェクトに追加する場合、ユーザーの設定」を参照してください。

Jira でのユーザーの手動作成

小規模チームの場合、Jira で直接ユーザーを作成できます。


ハンズ オン デッキが多数ある場合は、外部ユーザー管理 (LDAP または Active Directory) の使用をご検討ください。ユーザーが多数になると、個別ユーザー ID の権限管理が複雑になります。そのため、スタッフが多数いる場合には別のオプションがあります。詳細については、「ユーザーを自動作成する」をご参照ください。 

ユーザーの作成方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. 開いたユーザー ブラウザで、画面右上の [ユーザーを作成] ボタンを選択します。

  3. ユーザー名パスワード氏名メール アドレスを入力します。

  4. オプションとして、[通知メールの送信] チェックボックスをオンにすると、以下の内容を含むメールがユーザーに送信されます。

    • ユーザー名

    • パスワードを設定できる 24 時間有効のリンク

      新しいユーザーのパスワードを設定しない場合は、[通知メールを送信] チェックボックスを必ずオンにしてください。そうしないとユーザーは認証できなくなって [パスワードを忘れた場合] リンクをログイン ページで選択してパスワードをリセットする必要があります。

  5. 2 つ以上の Jira アプリケーションがインストールされている場合、ユーザーのアクセス権を供与する Jira アプリケーションを選択する必要があります。

  6. さらにユーザーを作成する場合は、[さらに作成] を選択します。

  7. [ユーザーを作成] を選択して変更を保存します。

ユーザーを作成すると、別の画面にユーザー情報が表示されます。この画面では、追加機能 (詳細、グループ、プロパティを編集、ユーザーを削除など) を実行できます。

メール経由で Jira にユーザーを招待する

メールを通じて Jira にユーザーを招待できます。招待を受け入れると、既定で設定されたアプリケーションへのアクセス権が付与されます。 

メールを使用してユーザーを招待するには、Jira の SMTP メール サーバーが通知を送信できるように構成されている必要があります。

メール経由でユーザーを招待する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. 開いたユーザー ブラウザで、画面右上の [ユーザーの招待] ボタンを選択します。
  3. 招待したいユーザーのメール アドレスを入力します。複数のユーザーを追加する場合は、メール アドレスをコンマで区切ります。
    注: 招待状を配布リストに送信してユーザーを招待することはできません。

  4. [送信] ボタンを選択して招待状を送信します。次の点に注意してください。

    • 各招待は、送信先のメール アドレスからユーザーを作成するためにのみ使用でき、1 回だけ使用できます。

    • 各招待は送信日から 7 日間が経過すると失効します。

    • ユーザーが招待を受け入れ、ユーザーが作成されるまで、ユーザー ライセンス数には反映されません。

ユーザーの自動作成

メール ハンドラの使用、内部ディレクトリへの接続、またはパブリック サインアップの有効化

Jira でユーザーを作成する方法は他にもいくつかあります。以降で紹介する方法はより特化されており、チームの特定のニーズを満たすことができます。 

その他

メール ハンドラー経由でのユーザーの自動作成

メール ハンドラーを使用して、Jira アプリケーションで受信したメールの課題やコメントを作成できます。また、送信者のメール アドレスに基づいて、新しいユーザーを作成するようにハンドラーを設定できます。

この方法は「From:」フィールドのアドレスが既存の Jira ユーザー アカウントに関連付けられたアドレスと一致しないメール メッセージを受信した際に、Jira で新しいユーザー アカウントを作成する場合に役立ちます。これによって、メール メッセージの作成者は、以降の課題の更新通知を受け取れます。

詳しくは、「課題やコメントをメールから作成する」をご参照ください。

LDAP 認証による内部ディレクトリへの接続

Jira アプリケーションを LDAP ディレクトリに接続して、認証を委任できます。つまり、Jira には LDAP を認証にのみ使用する内部ディレクトリができます。ニーズに合わせてアプリケーション内でユーザーやグループ設定を行い、企業の LDAP ディレクトリに対してユーザーのパスワードをチェックする場合はこのオプションを選択します。また、このオプションは、LDAP から多数のグループをダウンロードした結果発生する、パフォーマンスの問題を回避するのにも役立ちます。

設定の詳細は「LDAP 認証による内部ディレクトリへの接続」をご参照ください。

パブリック サインアップを有効にする

Jira Service Management を使用している組織によっては、ユーザーが自身のアカウントを Jira 管理者の操作は不要で作成できるようにすることが適切な場合があります。これにより、Jira Service Management ライセンスをすべて使用することなくユーザーが機能を利用できるようになります。一方で、セキュリティ上の懸念も発生します。

パブリックサインアップと CAPTCHA の有効化の詳細については、「パブリックセットアップと CAPTCHA の有効化」をご参照ください。

新しいユーザー用の既定のアプリケーションを選択する

複数の Jira アプリケーションがある場合は、新しいユーザーが自動で割り当てられるアプリケーションを選択できます。ユーザーを手動で作成すると、既定として選択したアプリケーションが事前選択されます。ただし、ユーザーの作成時に変更できます。ユーザーにメールやパブリック サインアップ、メール ハンドラー経由のサインアップを許可している場合、ユーザーには管理者が選択したアプリケーションへのアクセス権が付与されます。

既定のアプリケーションを設定するには
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. 左側のナビゲーション パネルで、[アプリケーション アクセス] を選択します。

  3. [新しいユーザーの既定の設定] を選択します。

  4. 既定に設定するアプリケーションを 1 つ以上選択して [既定に設定] を選択します。

これで、新しいユーザーの作成時に使用する既定アプリケーションが設定されました。これらのユーザーは、選択したアプリケーションの既定グループに割り当てられます。

ユーザーの編集

名前、メール、アドレス、パスワードなどのユーザー情報は、Jira 内部ディレクトリで簡単に変更できます。LDAP や Active Directory などの外部認証方式を使用している場合は、Jira ではなくそのシステムで変更を行う必要があります。詳細については、「ユーザーを自動作成する」をご参照ください。 

ユーザー名、氏名、メール アドレスの編集

Jira 内部ディレクトリでユーザーを管理している場合は、数回クリックするだけでこれら 3 つの属性を一括変更できます

ユーザー名の更新時、Jira は外部ユーザー名 (LDAP サーバーや Crowd インスタンスのユーザーなど) は更新できませんが、「LDAP 認証を持つ内部ディレクトリ」に保存されている Jira ユーザーは更新できます。

ユーザー情報を更新する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ページの一番上にあるフィルターを使用してユーザーリストのユーザーを探します。

  3. [アクション] 列の [編集] をクリックします。

  4. ユーザー名、フル ネーム、またはメール アドレスを変更して、[更新] をクリックして終了します。

パスワードの変更

内部ディレクトリを作成する際、Jira 管理者は Jira 内で直接ユーザー パスワードを変更できます。LDAP サーバーまたは Crowd インスタンスからユーザーを管理している場合は、パスワードは変更できません。

パスワードを更新する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ページの一番上にあるフィルターを使用してユーザー一覧からユーザーを探します。
  3. ユーザー名をクリックします。
  4. [アクション] > [パスワードの設定] を選択します。
  5. 新しいパスワードを入力して確認し、[アップデート] ボタンをクリックして完了します。

ユーザーにプロパティを追加する

プロパティは、Jira 内に保存できるユーザーの詳細な追加情報です。プロパティは、任意のキー (phone number、location など) と、対応する値 (987 654 3210、level three など) で構成されます。ユーザー プロパティはユーザーに関する追加情報の追加以外にプロジェクトに影響を与えません。ただし、アプリは頻繁にこのデータを使用する可能性があります。 

プロパティを追加する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ページの一番上にあるフィルターを使用してユーザー一覧からユーザーを探します。
  3. 編集するユーザーの [氏名] を選択します。

  4. [アクション] > [プロパティを編集] の順に選択します。[ユーザーのプロパティを編集] 画面が表示されます。

  5. 新しいキーとそのを入力してから [追加] ボタンを選択して完了します。

ユーザーの非アクティブ化

Jira にアクセスする必要がなくなったユーザーがいる場合、そのユーザーを削除するのではなく、アカウントを非アクティブ化することをおすすめしますユーザーのアカウントを非アクティブ化すると、そのアカウントは使用できなくなりますが、そのユーザーのアクティビティ履歴は保持されます。また、ユーザーを匿名化することもできます。これは、ユーザーに自身の個人データの消去を依頼された場合に便利です。

ユーザーの非アクティブ化

Jira 管理者は Jira ユーザーを非アクティブ化し、ユーザーに Jira へのアクセスを禁止することができます。これにより、Jira 管理者はシステムからそのユーザー アカウントを削除する必要がなくなります。

この機能は、Jira ユーザーが組織を去った時や部署が異動になった場合にも、非アクティブ化されたユーザーの Jira アクティビティ履歴がシステム内に保持されるため便利です。Jira アカウントが非アクティブ化されたユーザーが将来組織に戻った時は、Jira ユーザー アカウントを再アクティブ化できます。

ユーザー アカウントを非アクティブ化する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ユーザー リストで、非アクティブ化するユーザーを見つけます。

  3. [アクション] メニューで [詳細を編集] を選択します。 

  4. [アクティブ] チェックボックスをオフにします。

  5. [更新] をクリックして、変更を確認します。

  6. ユーザーは、ユーザー名と氏名が取り消し線で消され、(非アクティブ)」というテキストが付いた状態でユーザー リストに表示されます。

注意

  • プロジェクトまたはコンポーネント リードを非アクティブ化するには、まず関連するプロジェクトまたはコンポーネントに他のユーザーをリードとして割り当てます。これらの役割を置き換える前にユーザーを削除することはできません。他のユーザーを割り当てることを依頼するエラー メッセージが表示されます。
  • 外部の Atlassian Crowd ユーザー ディレクトリを使用するように Jira インスタンスが設定されている場合、Crowd で非アクティブ化されたユーザーは Jira で非アクティブ化されます。

  • 外部の Microsoft Active Directory または LDAP ベースのユーザー ディレクトリで設定して非アクティブ/無効化されたユーザーを、Jira は非アクティブ化しません。ただし「委任 LDAP 認証」によって Jira ユーザーが設定されている場合を除きます。 

  • 前の手順と同じ手順に従って、非アクティブ化されたユーザーをアクティブ化できます。 

ユーザー アカウントを非アクティブ化すると、そのユーザーは以下のように扱われます。 

  • Jira にサインインできなくなります。
  • Jira ユーザーのライセンス制限にカウントされません。
  • 課題が作成または編集されたときに、課題を割り当てたり、課題のウォッチャーとして追加したりすることはできません。ただし、次の点にご注意ください。
    • アカウントが非アクティブ化される前に、Jira で課題の担当者、ウォッチャー、報告者になっていたユーザーは、それぞれの担当者、ウォッチャー、報告者のままとなります。この状況は、別のユーザーが課題の担当者または報告者となるか、非アクティブ化されたユーザーがウォッチャーから削除される、またはアカウントが再アクティブ化されるまで続きます。
    • アカウントが非アクティブ化される前に Jira で課題に投票したユーザーは、引き続き課題の投票者として表示されます。
  • Jira ユーザー インターフェイスでは、名前の後に「(非アクティブ)」のフラグが付いて引き続き表示されます。
  • 引き続き、Jira 検索クエリで課題をフィルタリングするために使用できます。
  • 所属するグループのメンバーであり続けます。

  • 課題の担当者、報告者またはウォッチャーとして残っている場合でも、Jira からのメール通知は送信されません。

ユーザーの削除

ユーザーを削除するのではなく、非アクティブ化することをお勧めします。詳細については、前のセクションをご確認ください。

ユーザーを削除する場合は、いくつかの点に注意する必要があります。

  • 外部ユーザー管理を使用している場合は、Jira 内からユーザーを削除することはできません。ただし、ユーザーを非アクティブ化することはできます。

  • ユーザーが課題を報告したり、課題にコメントしたり、課題に割り当てられたりしている場合は、Jira からユーザーを削除することはできません。

  • ユーザーを削除すると、ユーザーのフィルターとダッシュボードは、他のユーザーと共有されているかどうかにかかわらず、削除されます。

  • 削除しようとしているユーザーが報告したすべての課題や、そのユーザーに割り当てられたすべての課題は、課題ナビゲーターの個々の課題の一覧にそれぞれハイパーリンクされます。 

ユーザーを削除する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ユーザー リストで、削除するユーザーを見つけます。ページの一番上にあるフィルターを使用することもできます。
  3. [アクション...] 列で [ユーザーを削除] を選択します。 Jira で、選択したユーザーが課題を報告しているか、課題にコメントしているか、課題に割り当てられているかなどが確認されます。ユーザーとシステムの他の部分とのつながりによっては、そのユーザーを削除できない場合があります。

  4. Jira とユーザーの関連付け解除に必要な操作を行います。必要な操作内容はエラー メッセージで確認できます。次のようなものがあります。

    • 該当ユーザーに割り当てられている全ての課題を他のユーザーに割り当てる。

    • ユーザーが作成した課題を一括編集して報告者を別のアクティブなユーザーに変更する。削除しようとしているユーザーが現在クローズされている課題の作成者であり、その課題を再オープンしたくない場合は、クローズされている課題の編集を許可する必要があります。

    • 当該ユーザーが所有する共有ダッシュボードの所有者を変更する。詳細については、ダッシュボードの管理」をご参照ください

    • 該当ユーザーがリードであるプロジェクトのプロジェクト リードを変更する。
  5. 当該ユーザーが課題を割り当てられていない、コメントを作成していない、あるいはこのユーザーによる報告がない場合、確認画面に [削除] ボタンが表示されます。このボタンを選択してユーザーを削除します。

ユーザーの匿名化

ユーザーの匿名化によって、実在の人物として特定可能なデータを非表示または削除できます。ユーザー名や氏名などのユーザーの個人データは、特定できないエイリアスに変更されます。

個人データをシステムから消去するよう依頼された時に、匿名化することもできます。

ユーザーを匿名化する方法
  1. 画面右上で [管理] > [ユーザー管理] の順に選択します。
  2. ユーザー リストで、匿名化するユーザーを見つけます。ページの一番上にあるフィルターを使用することもできます。

  3. [アクション...] 列で [ユーザーを匿名化] を選択します。詳細が表示されたページにリダイレクトされます。

詳細は「ユーザーを匿名化」をご確認ください。

最終更新日 2022 年 9 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.