フィールド動作を課題タイプと関連付ける

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

フィールド設定スキームフィールド設定をプロジェクトの課題タイプに関連付けます(または「マッピング」します)。同様に、フィールド設定スキームは1つ以上のプロジェクトに関連付けられることができます。

これは、指定されたプロジェクトで利用可能な各課題タイプに、異なるフィールド設定を定義できることを意味しています。例えば、「テスト」というプロジェクトで(関連付けがフィールド設定スキームに定義された)バグ改善の課題タイプを別のフィールド設定で持つことが可能です。詳細については、概要図を参照してください。

フィールド設定スキームは1つ以上のプロジェクトに関連付けられることが可能(かつフィールド設定スキームでフィールド設定と課題タイプ間の関連は自在)であるため、管理作業負荷を最小限にすることができ、複数のプロジェクトで同じフィールド構成を同じ(または異なる)課題タイプに再利用することができます。

注: 次のすべての手順では、Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

フィールド設定スキームの追加

  1. 画面右上で [管理] > [システム] の順に選択します。

  2. [フィールド] (左側のパネル) で [フィールド設定] を選択すると、すべてのフィールド設定が表示されます。
  3. [新しいフィールド設定スキームを追加] ボタンを選択して、[新しいフィールド設定スキームを追加] ダイアログ ボックスを開きます。
  4. 新しいフィールド設定スキームを追加するダイアログ ボックスにすべての情報を入力します:
    • 名前 — 新しいフィールド設定スキームをうまく説明する短いフレーズを入力します。
    • 説明(任意ですが推奨です) — このフィールド設定スキームを使うべき時を1、2行で説明します。
  5. [追加] ボタンを選択して Jira に新しいフィールド設定を追加します。

    "フィールド設定スキームの設定" ページにリダイレクトされて、そこで新しいフィールド設定スキーム内の課題タイプとフィールド設定の関連付けを開始できます。詳細は「フィールド動作の変更 (ステップ 4 以降)」をご参照ください。

課題タイプとフィールド設定を関連付ける

  1. 画面右上で [管理] > [課題] の順に選択します。
  2. [フィールド] (左側のパネル) で [フィールド設定] を選択すると、すべてのフィールド設定が表示されます。
  3. フィールド設定スキームの [設定] リンクを選択して、フィールド設定と課題タイプ間の関連付けを作成します。"フィールド設定スキームの設定" ページが表示され、スキームでの、フィールド設定と課題タイプの現在のマッピングが表示されます。

    Jira のインストール以降、新しいフィールド設定を追加していない場合、操作する Jira の既定フィールド設定のみがあります。

  4. [課題タイプとフィールド設定を関連付ける] を選択します。 
  5. 目的の課題タイプとフィールド設定を選択し、追加ボタンをクリックします。

注意:  

  • 課題タイプは指定された設定スキームとの関連付けを1つだけ持つことができます。
  • スキームの課題タイプが関連付けを持たない場合、スキームのデフォルトエントリに関連付けられたフィールド設定がそのタイプの課題に使用されます。

課題タイプとフィールド設定の間の関連付けを削除する

  1. 画面右上で [管理] > [課題] の順に選択します。
  2. [フィールド] (左側のパネル) で [フィールド設定] を選択すると、すべてのフィールド設定が表示されます。
  3. 削除するフィールド設定と課題タイプ間の関連付けが含まれるフィールド設定スキームの [設定] リンクを選択します。"フィールド設定スキームの設定" ページが表示され、スキームでの、フィールド設定と課題タイプの現在のマッピングが表示されます。

    Jira のインストール以降、新しいフィールド設定を追加していない場合、操作する Jira の既定フィールド設定のみがあります。

  4. スキームから削除する課題タイプの横にある [削除] リンクを選択します。

既定エントリはスキームから削除できません。

課題タイプを別のフィールド設定に関連付ける

  1. 画面右上で [管理] > [課題] の順に選択します。
  2. [フィールド] (左側のパネル) で [フィールド設定] を選択すると、すべてのフィールド設定が表示されます。
  3. 変更するフィールド設定と課題タイプ間の関連付けが含まれるフィールド設定スキームの [設定] リンクを選択します。"フィールド設定スキームの設定" ページが表示され、スキームでの、フィールド設定と課題タイプの現在のマッピングが表示されます。

    Jira のインストール以降、新しいフィールド設定を追加していない場合、操作する Jira の既定フィールド設定のみがあります。

  4. 変更したいフィールド設定を持つ課題タイプの横にある [編集] リンクを選択します。
  5. この課題タイプと関連付ける新しいフィールド設定を選択します。
  6. [更新] ボタンを選択します。

フィールド設定スキームの編集

  1. 画面右上で [管理] > [課題] の順に選択します。
  2. [フィールド] (左側のパネル) で [フィールド設定] を選択すると、すべてのフィールド設定が表示されます。
  3. 変更したい名前と説明を持つフィールド設定スキームの隣にある編集リンクをクリックします。
  4. フィールド設定スキームの編集ページで、フィールド設定スキームの名前説明を編集します。
  5. 更新ボタンをクリックします。

フィールド設定スキームの削除

  1. 画面右上で [管理] > [課題] の順に選択します。
  2. [フィールド] (左側のパネル) で [フィールド設定スキーム] を選択すると、すべてのフィールド設定が表示されます。
  3. 削除するフィールド設定スキームの横にある [削除] リンクを選択します。プロンプトで、削除を確認します。

プロジェクトに関連付けられていないフィールド設定スキームのみを削除できます。1 つ以上のプロジェクトに関連付けられたフィールド設定スキームでは、[削除] リンクは利用できません。

フィールド設定スキームのコピー

  1. 画面右上で [管理] > [課題] の順に選択します。
  2. [フィールド] (左側のパネル) で [フィールド設定スキーム] を選択すると、すべてのフィールド設定スキームが表示されます (存在する場合)。
  3. コピーするフィールド設定スキームの横にある [コピー] リンクを選択します。
  4. 後続のページで、コピーされるフィールド設定スキームの名前説明を指定します。
  5. [コピー] ボタンを選択します。

フィールド設定スキームのオリジナルとコピーにおけるフィールド設定と課題タイプの関連付けは、初期状態では同じになります。


フィールド設定スキームをプロジェクトに関連付ける

Jira プロジェクトでフィールド設定を使用するには、これらのフィールドとフィールド設定スキーム (上記) を関連付け、次にこのフィールドスキームとプロジェクトを関連付ける必要があります。(ここでの関連付家とは、フィールド設定スキームをプロジェクトに適用するという意味です。)これが完了したら:

  • このプロジェクトの課題は、課題タイプ (プロジェクトに関連付けられたフィールド設定スキームが定義) にマッピングされたフィールド設定を使用します。
    さらに、
  • このプロジェクトで利用可能な課題タイプは、プロジェクトに関連付けられた課題タイプ スキームによって定義されます。

従って、たとえプロジェクトのフィールド設定スキームが、様々なフィールド設定スキームを課題タイプの大きなセットに関連付けている場合であっても、(プロジェクトの課題タイプ スキームによって定義される)これらの課題タイプのサブセットと、フィールド設定自身のみが、そのプロジェクトで利用可能となることができます。つまり、プロジェクトで利用可能な課題タイプはプロジェクトの課題タイプ スキームによって制限されます。

新規作成されたプロジェクトは、どのフィールド設定スキームとも関連付られないため、すべての課題で既定のフィールド設定が使用されます。

フィールド設定スキームをプロジェクトに関連付けるには:

  1. プロジェクトに対するプロジェクトのサマリ管理ページにアクセスします(プロジェクトの設定を参照)。
  2. このページのフィールド セクションで、現在のフィールド設定スキームの名前をクリックします。
  3. [アクション] ドロップダウンを選んで、[別のスキームを使用] を選択します。
  4. 結果のページで、このプロジェクトに関連付けるスキームを選択します。

    なしを選択すると、すべての課題タイプが JIRA 既定のフィールド設定で利用できるようになります。

  5. 関連付けボタンをクリックします。プロジェクト サマリ管理ページに戻ると、プロジェクトが選択したフィールド設定スキームと関連付けられています。

最終更新日: 2022 年 10 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.