インシデント管理のセットアップ

You can set up incident management to allow your agents to view and manage Opsgenie incidents within their Jira Service Management projects. This allows them to quickly respond to disruptions, get up to speed with what’s going on, create incidents and provide more context for the Opsgenie teams to resolve them.


1. Opsgenie アカウントのセットアップ

重大なインシデントは、アラートに使用されるアトラシアン アプリである Opsgenie に保存されて管理されます。Jira Service Management と統合するには、Opsgenie アカウントが必要です。アカウントを持っていない場合は、次のリンクをご確認ください。

ユーザー: Jira 管理者

Jira Service Management と Opsgenie の統合は、2 つのアプリが相互に情報を交換できるようにするワンタイム アクションです。完了すると、すべてのプロジェクト管理者がプロジェクトごとに個別にインシデント管理を有効にできます。

はじめる前に

  • 連携を作成するには、Opsgenie の API URL と API キーが必要です。これらの見つけ方については、「Opsgenie の API 情報の取得」を参照してください。

手順

  1. [管理] > [アプリケーション] > [Opsgenie 連携] に移動します。

  2. Opsgenie API の URL と API キーを入力します。

  3. [保存] を選択します。連携が有効化されました。

3. プロジェクトでインシデント管理を有効にする

ユーザー: プロジェクト管理者

プロジェクトでインシデント管理機能を使用したい場合は、プロジェクト設定で有効化できます。これにより、プロジェクトに取り組んでいるエージェントに対し、進行中の重大インシデントへのアクセス権、および特別な権限 (インシデントのリクエストへのリンクなど) を付与します。

  1. [プロジェクト設定] > [インシデント管理] に移動します。

  2. エージェントがこのプロジェクトで重大なインシデントを表示、リンク、および管理できるようにします。

4. 進行中の重大なインシデントへの対応

ユーザー: エージェント

インシデント管理を有効にすると、新しい画面が Jira Service Management に表示されます。この画面では、進行中の主要なインシデントをすべての中断を含めて最新の状態で表示できて、Opsgenie チームがより迅速に解決できるようにリクエストにリンクします。

最終更新日: 2021 年 10 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.