Groovy スクリプト

Insight 機能を Jira のワークフローに追加する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Groovy スクリプトは、条件とバリデーターでも事後処理でも実行できます。強力で柔軟性の高い機能ですが、上級ユーザー向けです。

考慮事項

それぞれの Groovy スクリプトをホワイトリストに追加する必要があります。Groovy スクリプトをホワイトリストに追加するには、次の手順に従います。

  1. [管理] > [アプリを管理] > [Insight ホワイトリスト] の順に移動します。
  2. [設定を編集] を選択します。
  3. 次の例のように、スクリプトのファイル名とフル パスを入力します。

ホワイトリストにある Groovy スクリプトのパスの例

4. 保存 を選択します。


Groovy スクリプトが配置されているディレクトリとサブディレクトリが、すべてのユーザーによって読み取り可能で、Jira を実行しているユーザーによって実行可能であることを確認します。次に例を示します。

=$ ls -al ~/Users/jira/jira-home/atlassian-jira-servicedesk-4.20.0/scripts
total 8
drwxr-x---   3 jira  staff    96 Nov 24 21:47 .
drwxr-xr-x  21 jira  staff   672 Dec  1 15:48 ..
-rw-r--r--   1 jira  staff  2421 Nov 24 21:47 Move Object to Archive.groovy


Variables

Groovy スクリプトを追加する際は、Insight ワークフロー関数には次の変数が事前に定義されているため、スクリプトでこれらを使用できます。

変数説明
課題トランジションする課題。
originalIssue

元の課題。条件 (たとえば、担当者が変更されているかどうか) を次のように確認できます。

issue.assignee != originalIssue.assignee
現在のユーザー

現在の Jira ユーザー。報告者が現在のユーザーであるかどうかを、次のように確認できます。

currentUser == issue.reporter
log

ログ フレームワーク。次のようにして atlassian-jira.log にログを記録できます。

log.warn("This is a warning!");


ヒントと例をお探しの場合は、Groovy スクリプトの例をご参照ください。

最終更新日: 2022 年 2 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.