複数の課題を同時に編集する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

同時に複数の問題を変更する必要が生じる場合も考えられます。これは、一括変更の操作を行うことで実現できます。

一括操作の中には、制限が設定されているものがあります。たとえば、異なるワークフローを持つ複数の課題を選択した場合は、同じワークフローを持つグループの課題のみを一度に 1 つのグループ単位でしか移行できません。一括変更できる課題は 1000 件のみであるため、それより多く読み込むと「メモリ不足」エラーが発生する可能性があります。制限については、関連するセクションで詳述しています。

このページの内容

はじめる前に

必要な権限

一括変更の操作を実行するには、プロジェクト固有の適切な権限とグローバル一括変更の適切な権限が必要です。たとえば、一括移動の操作を実行するには、課題の移動一括変更の両権限が必要です。一括変更の機能にアクセスできない場合は、プロジェクト管理者に必要な権限を付与するようにご依頼ください。

一括変更ウィザードの使用

一括変更ウィザードは、一括変更によって作業を前進させます。このウィザードを開くには、次の手順に従います。

  • 必要なフィルターで検索を実行して課題のリストを作成し、[ツール] > [一括変更] の順に選択します

  • バックログで課題を一括編集します。Shift を押しながら複数の課題を選択し、選択したアイテムを右クリックして一括変更の操作を開始します。

いずれかの操作ステップに戻る場合は、ウィザード左側のメニューにある関連ステップを選択します。[キャンセル] を選択するとプロセス全体を中止します。

一括操作のメール通知を無効にする

特定の一括操作のメール通知を無効にするには、一括操作ウィザードの [通知を送信] チェックボックスのチェックを外します。このオプションを利用可能にするには、Jira 管理者または選択した課題に関連するすべてのプロジェクトのプロジェクト管理者である必要があります。[通知を送信] をオフにすると、Jira 通知のみが無効になります。サービス デスクのお客様に送信される通知には影響しません。

顧客通知を無効にします。コメントを変更などの一部の一括操作では、顧客へのメール通知がトリガーされる場合があります。不要なメール送信を防ぐため、Jira 管理者は [管理] () > [システム] > [メール] > [送信メール] の順に移動して、メール送信を一時的に無効にできます。この設定は Jira とカスタマーの両通知を制御するため、一括編集が完了したら必ず元に戻してください。

複数課題のトランジション

この一括操作では、複数の課題を 1 つのワークフローによって同時にトランジションできます。トランジションの一括操作は一度に 1 つしか実行できません。また、トランジションを完了するために必要な値をすべて指定する必要があります。たとえば、複数の課題をクローズするためには、解決状況フィールドに完了、修正済み、修正しない、などの値を指定する必要があります。

複数の課題を移行するには、次の手順に従います。

  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. [ツール] > [一括変更] の順に選択します。
  3. 一括操作を実行する課題 > [次へ] の順に選択します
  4. [課題を移行] > [次へ] の順に選択します。
  5. 利用可能なワークフロー アクションを選択します。使用可能なアクションは、選択した課題(および関連するワークフロー)によって異なります。次へ をクリックします。
  6. トランジションのために必要なフィールドの値を選択し、可能であればメールでの通知を送信したいかを決定します。次へを選択します。
  7. 一括操作を確認し、問題がなければ確認を選択します。

複数の課題を削除

この一括操作では、複数の課題を同時に削除できます。複数のリクエストを削除するには、次の手順に従います。 

  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. [ツール] > [一括変更] の順に選択します。
  3. 一括操作を行いたい課題を選択し、次へを選択します。
  4. [課題を削除] > [次へ] の順に選択します。
  5. 可能な場合は、メール通知を送信したいかどうかを決定します。次へを選択します。
  6. 一括操作を確認し、問題がなければ確認を選択します。

複数の課題の移動

この一括操作では、複数の課題を同時に移動できます。移動する課題をプロジェクトと課題タイプの両方にマッピングする必要があり、このために、課題のステータスとフィールドもマッピングする必要が生じる場合があります。また、サブタスクをマッピングする必要があります。

標準課題とサブタスクの両方を、別のプロジェクトや課題タイプに一括移動できます。また、サブタスクから課題、またはその逆への変換も可能です。課題タイプの詳細については「課題フィールドとステータス」をご参照ください。 

また、サブタスクとその親課題の両方を選択して一括移動できます。ただし、親課題を別のプロジェクトに移動する場合にのみ、サブタスクを移動するように求められます。これは、親/サブタスクの関係を維持するためです (つまりサブタスクは常に親課題と同じプロジェクトにあるということです)。たとえば、課題 B が課題 A のサブタスクであり、A と B の両方を同時に一括移動するとします。すると、課題 A のターゲット プロジェクトと課題タイプを選択するように求められます。A に新しいプロジェクトを選択すると、課題 A の新しいプロジェクトに基づいてサブタスクを新しい課題タイプに移動するように求められます。課題 A のプロジェクトを変更しない場合、サブタスクは移動不要です。

複数の課題を移動するには、次の手順に従います。

  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. [ツール] > [一括変更] の順に選択します。

  3. 一括操作を実行する課題 > [次へ] の順に選択します。一括移動の操作では、移動するように選択した課題に応じて追加情報が必要になる場合があります (詳細については、次のドロップダウンを展開してください)。

    選択した課題の移動パラメーターを指定


    プロジェクトおよび課題タイプを選択する

    一括移動ウィザードでは最初に、課題の移動先となるプロジェクトおよび課題タイプを選択します。ターゲットプロジェクトや課題タイプによって、ステータスやフィールドの移行に追加手順が必要かどうかが決定します。

    選択した課題は現在のプロジェクトおよび課題タイプによってグループ化されます。それぞれに新しいプロジェクトタイプと課題タイプを選択するか、あるいはすべての標準課題を 1 つのプロジェクトおよび課題タイプへ移動させるかを選択できます。

    サブタスクのプロジェクトおよび課題タイプを選択するサブタスクを持つ課題を別のプロジェクトに移動する場合、サブタスクも新しいプロジェクト移動する必要があります。必要に応じて移動するサブタスクの課題タイプを変更することもできます。
    無効なステータスの [ステータスを移行] マッピング選択します複数の ワークフロー は同時にアクティブに出来るため、選択した課題のコレクションと関連付けられた一部のステータスが、ターゲットワークフローでは無効となる場合があります。この場合、新しいワークフローで無効なステータスを有効なステータスにマッピングする必要があります。
    必須フィールドの値と、無効な値が入ったフィールドを選択する

    ターゲット プロジェクトと課題タイプに関連付けられているフィールド設定スキームを順守するために、必須フィールド (ターゲット プロジェクトでは必須だが、元のプロジェクトにはなかったフィールドなど) を更新/入力する必要が生じる場合があります。入力が必要なフィールドごとに、値の入力を求められます。この値は、一括移動されるすべての課題に適用されます。

    次のフィールドについて、選択可能な値のリストが提供されます: 

    • コンポーネント
    • 影響バージョン
    • 修正対象バージョン
    • カスタム フィールドのタイプ「バージョン ピッカー」

    一括移動の実行時に、ターゲット プロジェクトでアーカイブされたバージョンはターゲットとして選択できません。課題をアーカイブ済みバージョンに移動する必要がある場合は、最初にターゲット プロジェクトでバージョンをアーカイブ解除する必要があります。

    フィールドと関連付けられた [保持] チェックボックスをチェックすると、ターゲットの宛先で有効な元のフィールド値を保持できます。たとえば、一部の課題にはすでに有効なカスタム フィールド値が含まれている場合があります。これらの値は保持できますが、更新が必要な課題は [フィールド更新] 画面で指定した値を適用します。

    • チェックマーク付き: 可能な場合は元の課題が保持されます。フィールドは指定された新しい値に更新されません。

    • チェックマークなし: すべてのフィールドが指定された新しい値で更新されます。
      明示的なマッピングが必須なため、次のフィールドでは [保持] チェックボックスは利用できません。

      • コンポーネント

      • 影響バージョン

      • 修正対象バージョン
      • カスタム フィールドのタイプ「バージョン ピッカー」
  4. [課題を移動] > [次へ] の順に選択します。 

  5. 変更を確認して操作を完了します。ターゲット プロジェクトと課題タイプの異なる組み合わせごとに「無効なステータスのステータス移行マッピング」と「必須フィールドの値と無効な値が入ったフィールド」の指定が必要となる点にご注意ください。
    すべての移動パラメーター (ターゲット プロジェクト、ステータス マッピング、フィールド更新など) がすべての課題に対して指定されている場合は、確認画面が表示されて課題の移動中に生じるすべての変更が提示されます。必要に応じて、次の詳細が表示されます。

    • 課題ターゲット: ターゲット プロジェクトと課題タイプ

    • ワークフロー: ターゲット ワークフローと無効なステータス マッピング

    • 更新フィールド: 更新が必要なフィールドの新しい値

    • 削除されたフィールド: ターゲットで無効な、フィールド内の削除される値

確認ページで [確認] ボタンを押すまで、課題は移動されません。このステップの前に操作を終了した場合、課題は変更されません。

数の課題を編集する

この一括操作では、複数の課題を同時に編集できます。一括編集操作ができるかどうかは、課題と変更したいフィールドの性質に依存します。

複数の課題を編集するには、次の手順に従います。

  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. [ツール] > [一括変更] の順に選択します。

  3. 一括操作を実行する課題 > [次へ] の順に選択します。
  4. [課題を編集] > [次へ] の順に選択します。
  5. 利用可能な操作のリストから一括編集操作を選択します(利用できる全オペレーションのリストと利用条件については以下を展開してください)。

    課題の一括移動に利用可能な演算子

    利用可能な操作

    条件

    変更が影響するバージョン

    • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはバージョンがある
    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題を編集」権限を持っている

    割り当ての変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題を割り当て」権限を持っている

    コメントの変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題にコメント」権限を持っている

    コンポーネントの変更

    • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはコンポーネントがある
    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題を編集」権限を持っている

    期限の変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題を編集」権限を持っている
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題を予定」権限を持っている

    バージョンの修正を変更

    • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはバージョンがある
    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題を編集」権限を持っている

    課題タイプの変更

    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題を編集」権限を持っている

    優先度の変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題を編集」権限を持っている

    報告者の変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題を編集」権限を持っている
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「報告者を変更」権限を持っている

    セキュリティレベルの変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 選択されたすべての課題が、同じ課題レベルセキュリティスキームに割り当てられている
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題を編集」権限を持っている
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題セキュリティを設定」権限を持っている

    カスタムフィールドの変更

    「カスタム フィールドを変更」操作は、次の場合にのみ利用できます。

    • グローバルなカスタムフィールドがあるまたは
    • 課題タイプのカスタムフィールドが存在し、課題はすべてこの特有の課題タイプであるまたは
    • プロジェクトのカスタムフィールドが存在し、課題がすべて同じプロジェクトである

    クローズドされた課題の編集

    • ワークフローで、クローズドされた課題の編集が許可されている必要があります
    スプリントの変更

    Sprint ID を指定する必要があります。

    • この操作はアクティブなスプリントと将来のスプリントにのみ影響します。例:スプリントフィールドを一括編集する際、クローズド/完了したスプリントは含まれません。

    このセクションに記載されているフィールドには一括編集操作はありません。これには、代替方法がある、または一括編集の実行が論理的でないなどの理由があります。

    次のシステムフィールドは一括編集を使用できません:

    • 添付ファイル
    • 要約
    • 説明
    • 環境
    • プロジェクト。「一括移動」によって、課題をプロジェクト間で移動する
    • 解決状況。「一括ワークフロー トランジション」によって、課題の解決状況を変更する
    • 「時間管理」フィールド: 元の見積もり、残余見積もり、消費時間

    次のカスタムフィールドタイプは一括編集を使用できません:

    • インポート ID
    • 読み取り専用のテキスト
    1. トランジションのために必要なフィールドの値を選択し、可能であればメールでの通知を送信したいかを決定します。次へを選択します。
    2. 一括操作を確認し、問題がなければ確認を選択します。


複数課題のウォッチとウォッチの停止

これらの一括操作では、複数の課題に対して、同時にウォッチを開始したり、停止したりすることができます。

複数の課題をウォッチするには、次の手順に従います。

  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. [ツール] > [一括変更] の順に選択します。
  3. 一括操作を実行する課題 > [次へ] の順に選択します。
  4. [課題をウォッチ] > [次へ] の順に選択します。
  5. 一括操作を確認し、問題がなければ確認を選択します。

複数の課題のウォッチを停止する手順:

  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. [ツール] > [一括変更] の順に選択します。
  3. 一括操作を行いたい課題を選択し、次へを選択します。
  4. [課題をウォッチ中止] > [次へ] の順に選択します。
  5. 一括操作を確認し、問題がなければ確認を選択します。

複数の課題をアーカイブする 

この機能は Jira Data Center ライセンスで利用できます。

一度に数千件の課題をアーカイブする場合、課題を手動で選択するのではなく、一括変更を実行できます。既定ではこのオプションを使用すると、現在のページのすべての課題、または最大 1000 件の課題をアーカイブできます。ただし、システム管理者は、必要に応じてこれを増加させることができます。

課題はそれらのすべてのサブタスクとともにアーカイブされます。課題には複数のサブタスクが含まれている場合があるため、サブタスクの数が多いとアーカイブに時間がかかる場合があることに注意してください。 

複数の課題をアーカイブするには、次の手順に従います。 

  1. 必要なフィルターを使用して検索を実行し、課題の一覧を生成します。現在のページのすべての課題、または最大 1000 件の課題をアーカイブできます。
  2. [ツール] > [一括変更] の順に選択します。
  3. 一括操作を行いたい課題を選択し、次へを選択します。
  4. [課題をアーカイブ] > [次へ] の順に選択します。
  5. 一括操作を確認し、問題がなければ確認を選択します。
最終更新日 2022 年 4 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.