詳細検索 - 機能リファレンス

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは高度な検索に使用する機能に関する情報について説明します。

JQL における関数は、言葉のあとに丸括弧が続くもので、1つ以上の値や Jira フィールドを含むことがあります。句では、関数の前に演算子があり、その前にフィールドが先行します。関数は特定の Jira データまたは関数内のコンテンツの計算を実行するもので、関数または関数が利用される節が真となる結果だけが取得されます。

検索クエリで指定されていないかぎり、JQL 検索で結果に空のフィールドが返されることはありません。現在のユーザーに割り当てられていない課題を検索するときに空のフィールド (例: 割り当てられていない課題) を含めるには、(assignee != currentUser() OR assignee is EMPTY) と入力し、結果リストに割り当てられていない課題を含めます。

approved()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

承認が必要だったリクエストや、承認が最終決定済みのリクエストを検索します。

構文
approved()
サポートされているフィールド タイプ「承認」のカスタム フィールド
サポートされている演算子 =
サポートされていない演算子

~ , != , !~ , > , >= , < , <=  IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED

  • 承認済みの全リクエストを検索する:
    approval = approved()

^ ページのトップへ

このページの内容:

approver()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

ユーザーによる承認が必要または必要だったリクエストを検索します。ここでは OR 演算子を使用し、ユーザー名を指定する必要があります。

構文
approver(user,user)
サポートされているフィールド タイプ「承認」のカスタム フィールド
サポートされている演算子 =
サポートされていない演算子 ~ , != , !~ , > , >= , < , <= 
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • John Smith の承認が必要または必要だったリクエストを検索します:
    approval = approver(jsmith)
  • John Smith または Sarah Khan の承認が必要または必要だったリクエストを検索します:
    approval = approver(smith,skhan)

^ ページのトップへ

breached()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

Returns issues that whose most recent SLA has missed its goal.

構文
breached()
サポートされているフィールド SLA
サポートされている演算子 = , !=
サポートされていない演算子 ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • Find issues where Time to First Response was breached:
    "Time to First Response" = breached()

cascadeOption()

'cascading select' カスタムフィールドの値が選択したものと一致する課題を検索します。

parentOptionパラメーターはカスケードされた選択フォールドの一階層目にマッチします。childOption()パラメーターはカスケードされた選択フォールドの二階層目にマッチします。 

"none"キーワードは、片方もしくは両方に値がない課題を検索するときに利用します。

構文
cascadeOption(parentOption)
cascadeOption(parentOption,childOption)
サポートされているフィールド 'Cascading Select' タイプのカスタムフィールド
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • "Location" カスタムフィールドの一階層目が "USA" で二階層目が "New York" となっている課題を検索する場合:
    location in cascadeOption("USA", "New York")
  • "Location" カスタムフィールドの一階層目が "USA" となっているすべての課題(二階層目にはどんな値が入っていても値が入っていなくても良い)を検索する場合:
    location in casecadeOption( "USA" )
  • "Location" カスタムフィールドの一階層目が "USA" で二階層目に値が何も設定されていない課題を検索する場合:
    location in cascadeOption( "USA" ,none)
  • "Location" カスタムフィールドの一階層目も二階層目も値がない課題を検索する場合:
    location in cascadeOption(none)
  • "Referrer" カスタムフィールドの一階層目と二階層目の値が "none" となっている課題を検索する場合:
    referrer in cascadeOption( "\"none\"" , "\"none\"" )
  • "Referrer" カスタムフィールドの一階層目の値が "none" で二階層目に値が設定されていない課題を検索する場合:
    referrer in cascadeOption( "\"none\"" ,none)

^ ページのトップへ

closedSprints()

完了したスプリントに割り当てられている課題を検索します。ある課題が完了したスプリントと未完了のスプリントの両方に割り当てられている場合、この課題は検索対象です。同様に openSprints() という関数もあります。

構文
closedSprints()
サポートされているフィールド Sprint (スプリント)
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 完了したスプリントに割り当てられている全ての課題を検索する場合:
    sprint in closedSprints()

^ ページのトップへ

completed()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

Returns issues that have an SLA that has completed at least one cycle.  

構文
completed()
サポートされているフィールド SLA
サポートされている演算子 = , !=
サポートされていない演算子 ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • Find issues where Time to First Response has completed at least one cycle:
    "Time to First Response" = completed()

componentsLeadByUser()

特定のユーザーが主導しているコンポーネント内の課題を検索します。必要に応じてユーザーを指定できます。ユーザーを指定しない場合、現在のユーザー (あなた) が使用されます。注意事項として、Jira にログインしていない場合は、ユーザーを指定する必要があります。

構文
componentsLeadByUser()
componentsLeadByUser(ユーザー名)
サポートされているフィールド コンポーネント
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • あなたが主導するコンポーネント内のオープンな課題を検索します。
    component in componentsLeadByUser() AND status = Open

  • Bill が主導するコンポーネント内のオープンな課題を検索します。
    component in componentsLeadByUser(bill) AND status = Open

^ ページのトップへ

currentLogin()

現在のユーザーのセッションが開始された時間で検索します。同様に lastLogin もあります。

構文
currentLogin()
サポートされているフィールド Created, Due, Resolved, Updated, custom fields of type Date/Time
サポートされている演算子

= , != , > , >= , < , <= WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED* * Only in predicate 

サポートされていない演算子 ~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 現在のセッションが開始されてから作成された課題を検索する:
    created > currentLogin()

^ ページのトップへ

currentUser()

現在のログインユーザーに基づいた検索を行います。ログインしたユーザーのみが利用できます。そのため、匿名ユーザーが利用することを想定したフィルターを作成する場合は、この関数を使ってはいけません。

構文
currentUser()
サポートされているフィールド Assignee(担当者)、 Reporter(報告者)、 Voter(投票者)、 Watcher(監視者)、 ユーザータイプのカスタムフィールド
サポートされている演算子 = , !=
サポートされていない演算子 ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 自分が担当者になっている課題を検索する:
    assignee = currentUser()

  • Find issues that were reported to me but are not assigned to me:

    reporter = currentUser() AND (assignee != currentUser() OR assignee is EMPTY)

^ ページのトップへ

earliestUnreleasedVersion()

特定のプロジェクトの未リリースのバージョンの中で一番古いバージョンに基いて検索します。似たものに unreleasedVersion という関数もあります。一番「古い」かどうかはバージョンが利用している序数に基いています。バージョンの Due Dates に基いているわけではないので注意してください。

構文
earliestUnreleasedVersion(プロジェクト)
サポートされているフィールド AffectedVersion、 FixVersion、バージョンタイプのカスタムフィールド
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • FixVersion が ABC プロジェクトの一番古い未リリースのバージョンとなっている課題を検索する:
    fixVersion = earliestUnreleasedVersion(ABC)

  • ABC プロジェクトの一番古い未リリースのバージョンと関連している課題を検索する:
    affectedVersion = earliestUnreleasedVersion(ABC) or fixVersion = earliestUnreleasedVersion(ABC)

^ ページのトップへ

elapsed()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

Returns issues whose SLA clock is at a certain point relative to a cycle's start event.  

構文
elapsed()
サポートされているフィールド SLA
サポートされている演算子 = , !=, > , >= , < , <=
サポートされていない演算子 ~ IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • Find issues that have been waiting for a first response for more than 1 hour:
    "Time to First Response" > elapsed("1h")

endOfDay()

当日の終了時に検索を実行します。 endOfWeekendOfMonth、 および endOfYear、および startOfDaystartOfWeekstartOfMonth、 および startOfYear も参照してください。

構文
endOfDay()
endOfDay("inc")

ここで、inc は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m) のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、既定で関数の固有周期が設定されます。たとえば、endOfDay("+1") は endOfDay("+1d") と同じです。プラス/マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスが想定されます。

サポートされているフィールド Created, Due, Resolved, Updated, custom fields of type Date/Time
サポートされている演算子 = , != , > , >= , < , <= WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate
サポートされていない演算子 ~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 納期が今日になっている課題を検索する:
    due < endOfDay()

  • 納期が明日になっている課題を検索する:
    due < endOfDay("+1")

^ ページのトップへ

endOfMonth()

当月の終了時に検索を実行します。endOfDayendOfWeek、および endOfYear、および startOfDaystartOfWeekstartOfMonth、および startOfYear も参照してください。

構文
endOfMonth()
endOfMonth("inc")

ここで、inc は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m) のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、既定で関数の固有周期が設定されます。たとえば、endOfMonth("+1") は endOfMonth("+1M") と同じです。プラス/マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスが想定されます。

サポートされているフィールド Created, Due, Resolved, Updated, custom fields of type Date/Time
サポートされている演算子 = , != , > , >= , < , <= WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate
サポートされていない演算子 ~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 納期が今月までとなっている課題を検索する:
    due < endOfMonth()

  • 納期が来月までとなっている課題を検索する:
    due < endOfMonth("+1")

  • 納期が15ヶ月後までとなっている課題を検索する:
    due < endOfMonth("+15d")

^ ページのトップへ

endOfWeek()

今週の終了時に検索を実行します。 endOfDay、 endOfMonth, および endOfYear、および startOfDay、 startOfWeek、 startOfMonth、 および startOfYear も参照してください。

endOfWeek() 関数の場合、結果はロケールにより異なります。たとえば、ヨーロッパでは、週の初日は一般的に月曜日ですが、米国では日曜日とみなされます。

構文
endOfWeek()
endOfWeek("inc")

ここで、inc は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m) のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、既定で関数の固有周期が設定されます。たとえば、endOfWeek("+1") は endOfWeek("+1w") と同じです。プラス/マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスが想定されます。

サポートされているフィールド Created, Due, Resolved, Updated, custom fields of type Date/Time
サポートされている演算子 = , != , > , >= , < , <= WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate
サポートされていない演算子 ~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 納期が今週末までとなっている課題を検索する:
    due < endOfWeek()

  • 納期が来週末までとなっている課題を検索する
    due < endOfWeek("+1")

^ ページのトップへ

endOfYear()

今年の終了時に検索を実行します。startOfDay、およびstartOfWeek、および startOfMonth、および endOfDayendOfWeekendOfMonth、および endOfYear も参照してください。

構文
endOfYear()
endOfYear("inc")

ここで、inc は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m) のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、既定で関数の固有周期が設定されます。たとえば、endOfYear("+1") は endOfYear("+1y") と同じです。プラス/マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスが想定されます。

サポートされているフィールド Created, Due, Resolved, Updated, custom fields of type Date/Time
サポートされている演算子 = , != , > , >= , < , <= WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate
サポートされていない演算子 ~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 納期が今年末までとなっている課題を検索する:
    due < endOfYear()

  • 納期が来年の3月末までとなっている課題を検索する:
    due < endOfYear("+3M")

^ ページのトップへ

everBreached()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

Returns issues that have missed one of their SLA goals.  

構文
elapsed()
サポートされているフィールド SLA
サポートされている演算子 = , !=
サポートされていない演算子 ~, > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • Find issues have missed their goal for Time to First Response:
    "Time to First Response" = everbreached()

futureSprints()

まだ開始されていないスプリントに割り当てられている課題を検索します。注: 1 つの課題が完了したスプリントと未完了のスプリントの両方に割り当てられている場合があります。 

構文
futureSprints()
サポートされているフィールド Sprint (スプリント)
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • まだ開始されていないスプリントに割り当てられた課題を検索:
    sprint in futureSprints()

^ ページのトップへ

issueHistory()

最近閲覧した課題、つまり 'Issues' ドロップダウンメニューの 'Recent Issues' セクションにある課題を検索します。

注意:

  • issueHistory() は最大50件の課題を返します。一方、'Recent Issues' ドロップダウンは5件しか返しません。
  • Jira にログインしていない場合、現在利用しているブラウザのセッションから取得した課題だけが含まれます。
構文
issueHistory()
サポートされているフィールド 課題
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 最近閲覧した課題の中で、自分が担当している課題:
    issue in issueHistory() AND assignee = currentUser()

^ ページのトップへ

issuesWithRemoteLinksByGlobalId()

指定されたグローバル ID のいずれかを持つリモート リンクと関連付けられている課題に基づいて検索を実行します。

注意:

  • この関数は 1 から 100 の globalId を指定することができます。0 または 100 より大きい globalId を指定するとエラーになります。
構文
issuesWithRemoteLinksByGlobalId()
サポートされているフィールド 課題
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • globalId "abc" のリモートリンクとリンクしている課題を検索する:
    issue in issuesWithRemoteLinksByGlobalId(abc)

  • globalId が "abc" または "def" のリモートリンクとリンクしている課題を検索する:
    issue in issuesWithRemoteLinksByGlobalId(abc, def)

^ ページのトップへ

lastLogin()

現在のユーザーの前回のセッションの開始時間をもとに検索します。同様に currentLogin という関数があります。

構文
lastLogin()
サポートされているフィールド Created. Due、 Resolved、 Updated、 日/時間タイプのカスタムフィールド
サポートされている演算子 = , != , > , >= , < , <= WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate

サポートされていない演算子 ~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 前回のセッションの開始時間以降に作成された課題を検索する:
    created > lastLogin()

^ ページのトップへ

latestReleasedVersion()

特定のプロジェクトのリリース済みバージョンの中で一番最後にリリースされたバージョンに基いて検索します。同様に releasedVersions() という関数があります。"latest" はそのバージョンが利用する序数によって決定されます。バージョンの Due Dates によるものではないので注意してください。

構文
latestReleasedVersion(プロジェクト)
サポートされているフィールド AffectedVersion、 FixVersion、バージョンタイプのカスタムフィールド
サポートされている演算子 = , !=
サポートされていない演算子

~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , IN , NOT IN, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED

  • FixVersions が ABC プロジェクトの最後にリリースされたバージョンである課題をすべて検索する:
    fixVersion = latestReleasedVersion(ABC)

  • ABC プロジェクトで最後にリリースされたバージョンに関連する課題を検索する:
    affectedVersion = latestReleasedVersion(ABC) or fixVersion = latestReleasedVersion(ABC)

^ ページのトップへ

linkedIssues()

課題にリンクされている課題を検索します。特定の課題にリンクされた課題を制限することができます。課題がエピックの場合、検索結果として、そのエピックのすべての課題とサブタスクが返されます。課題がエピックではない場合、検索結果はその課題のすべてのサブタスクを返します。

構文
linkedIssues(課題キー)
linkedIssues(issueKey,CaseSensitiveLinkType)
サポートされているフィールド 課題
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 特定の課題にリンクしている課題を検索する:
    issue in linkedIssues(ABC-123)

  • 特定の課題から特定のリンクタイプでリンクしている課題を検索する:
    issue in linkedIssues(ABC-123,"is duplicated by")

^ ページのトップへ

membersOf()

特定のグループのメンバーに基づく検索を実施します。

構文
membersOf(グループ)
サポートされているフィールド Assignee(担当者)、 Reporter(報告者)、 Voter(投票者)、 Watcher(監視者)、 ユーザータイプのカスタムフィールド
サポートされている演算子 IN , NOT IN , WAS IN , WAS NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS NOT , CHANGED
  • 担当者が "jira-administrators" グループのメンバーである課題を検索します。
    assignee in membersOf("jira-administrators")

  • 複数のグループと特定のユーザーを通して検索します。
    reporter in membersOf("jira-administators") or reporter in membersOf("jira-core-users") or reporter=jsmith

  • 特定のメンバーを除外して、特定のグループのメンバーが担当している課題を検索します。
    assignee in membersOf(QA) and assignee not in ("John Smith","Jill Jones")

  • 特定のグループのメンバー以外が担当している課題を検索します。
    assignee not in membersOf(QA)

^ ページのトップへ

myApproval()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

ログイン ユーザーによる承認が必要または必要だったリクエストを検索します。

構文
myApproval()
サポートされているフィールド タイプ「承認」のカスタム フィールド
サポートされている演算子 =
サポートされていない演算子
~、!=、!~、>、>=、<、<= 
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • 自身の承認が必要または必要だったすべてのリクエストを検索する
    approval = myApproval()

^ ページのトップへ

myPending()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

ログイン ユーザーによる承認が必要なリクエストを検索します。

構文
approved()
サポートされているフィールド タイプ「承認」のカスタム フィールド
サポートされている演算子 =
サポートされていない演算子 , != , !~ , > , >= , < , <= 
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • 自分の承認が必要なすべてのリクエストを検索する:
    approval = myPending()

^ ページのトップへ

now()

現在時刻に基づいた検索を行います。

構文
now()
サポートされているフィールド Created. Due、 Resolved、 Updated、 日/時間タイプのカスタムフィールド
サポートされている演算子 = , != , > , >= , < , <= WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate
サポートされていない演算子 ~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 納期を過ぎた課題を検索します。
    duedate < now() and status not in (closed, resolved)

^ ページのトップへ

openSprints()

開始済みかつ未完了のスプリントに割り当てられている課題を検索します。注: 1 つの課題が完了したスプリントと未完了のスプリントの両方に割り当てられている場合があります。closedSprints() も参照してください 。 

構文
openSprints()
サポートされているフィールド Sprint (スプリント)
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 未完了のスプリントに割り当てられた課題を検索します。
    sprint in openSprints()

^ ページのトップへ

organizationMembers()

Jira Service Desk でのみ使用します。

ある組織のメンバーが送信したすべてのリクエストを検索します。メンバーが組織と共有したリクエスト、未共有のリクエスト、および所属しているほかの組織に共有したリクエストが返されます。

構文
organizationMembers()
サポートされているフィールド Assignee(担当者)、 Reporter(報告者)、 Voter(投票者)、 Watcher(監視者)、 ユーザータイプのカスタムフィールド
サポートされている演算子 IN , NOT IN , WAS IN , WAS NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS NOT , CHANGED
  • 組織「Atlassian」のメンバーが送信したすべてのリクエストを検索する:
    reporter in organizationMembers("Atlassian")

  • 組織「Atlassian」または「ACME」内に所属しないユーザーが送信したリクエストを検索:
    reporter not in organizationMembers("Atlassian","ACME")

^ ページのトップへ


parentEpic()

エピックにリンクされている課題とサブタスクを検索します。 

構文
parentEpic()
サポートされているフィールド 課題
サポートされている演算子 = , != , IN , NOT IN
サポートされていない演算子 , != , !~ , > , >= , < , <= 
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • エピック DEMO-123 で課題とサブタスクを検索する:
    parentEpic = DEMO 123
  • エピック DEMO-1 または SAMPLE-4 で課題およびサブタスクを検索する:
    parentEpic in (DEMO-1, SAMPLE-4)

^ ページのトップへ


paused()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

Returns issues that have an SLA that is paused due to a condition.

To find issues that are paused because they are outside calendar hours, use withincalendarhours().

構文
paused()
サポートされているフィールド SLA
サポートされている演算子 = , !=
サポートされていない演算子 ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • Find issues where Time to First Response is paused:
    "Time to First Response" = paused()

pending()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

承認が必要なリクエストを検索します。

構文
pending()
サポートされているフィールド タイプ「承認」のカスタム フィールド
サポートされている演算子 =
サポートされていない演算子 , != , !~ , > , >= , < , <= 
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED
  • 承認が必要なすべてのリクエストを検索する:
    approval = pending()

^ ページのトップへ

pendingBy()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

特定のユーザーによる承認が必要なリクエストを検索します。ここでは OR 演算子を使用し、ユーザー名を指定する必要があります。

構文
pendingBy(ユーザー1,ユーザー2)
サポートされているフィールド タイプ「承認」のカスタム フィールド
サポートされている演算子 =
サポートされていない演算子

~ , != , !~ ,  > , >= , < , <= 

IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED

  • John Smith による承認が必要なリクエストの検索:
    approval = pendingBy(jsmith)
  • John Smith または Sarah Khan による承認が必要なリクエストの検索: approval = pendingBy(jsmith,skhan)

^ ページのトップへ

projectsLeadByUser()

特定のユーザーが主導するプロジェクト内の課題を検索します。必要に応じてユーザーを指定できます。または、ユーザーが指定されない場合、現在のユーザーが使用されます。注意事項として、Jira にログインしていない場合は、ユーザーを指定する必要があります。

構文
projectsLeadByUser()
projectsLeadByUser(ユーザー名)
サポートされているフィールド プロジェクト
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • あなたが主導しているプロジェクト内のオープンな課題を検索します。
    project in projectsLeadByUser() AND status = Open

  • Bill が主導しているプロジェクト内のオープンな課題を検索します。
    project in projectsLeadByUser(bill) AND status = Open

^ ページのトップへ

projectsWhereUserHasPermission()

特定の権限を持つプロジェクト内で課題を検索します。この関数は、プロジェクト レベルで演算を実行します。つまり、プロジェクトで権限 ("課題の編集" など) が課題の報告者に付与されている場合、一部の課題は自分が報告者ではないところ、したがって、指定された権限を持たない場所に返される場合もあります。また、この関数は Jira にログインしている場合にのみ利用可能です。

構文
projectsWhereUserHasPermission(権限)

permissionパラメーターには、定義されている permission なら何でも指定することができます。

サポートされているフィールド プロジェクト
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • "Resolve Issues" パーミッションを持っているプロジェクトのオープン課題を検索します。
    project in projectsWhereUserHasPermission("Resolve Issues") AND status = Open

^ ページのトップへ

projectsWhereUserHasRole()

特定のロールを持っているプロジェクトの課題を検索します。この関数は Jira にログインしているユーザーのみが利用できます。

構文
projectsWhereUserHasRole(ロール名)
サポートされているフィールド プロジェクト
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT, WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • "Developer" ロールのプロジェクトのオープン課題を検索します。
    project in projectsWhereUserHasRole("Developers") AND status = Open

^ ページのトップへ

releasedVersions()

リリースバージョンに基づいた検索を行います。例えば指定されたプロジェクトのJira 管理者がリリースしたバージョン)。プロジェクトパラメーターを省略することで、すべてのプロジェクトのリリース済みバージョンを検索できます。latestReleasedVersion() という関数もあります。

構文
releasedVersions()
releasedVersions(プロジェクト)
サポートされているフィールド AffectedVersion、 FixVersion、バージョンタイプのカスタムフィールド
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • FixVersion が ABC プロジェクトのリリース済みバージョンである課題を検索します。
    fixVersion in releasedVersions(ABC)

  • ABC プロジェクトのリリース済みバージョンに関連する課題を検索します。
    (affectedVersion in releasedVersions(ABC)) or (fixVersion in releasedVersions(ABC))

^ ページのトップへ

remaining()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

Returns issues whose SLA clock is at a certain point relative to the goal.  

構文
remaining()
サポートされているフィールド SLA
サポートされている演算子 = , !=, > , >= , < , <=
サポートされていない演算子 ~ IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • Find issues that will breach Time to Resolution in the next two hours:
    "Time to Resolution" < remaining("2h")

running()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

Returns issues that haxve an SLA that is running, regardless of the calendar.

To find issues that are running based on calendar hours, use withincalendarhours().

構文
running()
サポートされているフィールド SLA
サポートされている演算子 = , !=
サポートされていない演算子 ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • Find issues where Time to First Response is running:
    "Time to First Response" = running()

standardIssueTypes()

"標準" 課題タイプに基づいて検索を実行します。つまり、サブタスクでない課題を検索します。subtaskIssueTypes() も参照してください。

構文
standardIssueTypes()
サポートされているフィールド タイプ
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • サブタスクではない課題(課題タイプが「サブタスク」ではない通常の課題タイプのもの)を検索します。
    issuetype in standardIssueTypes()

^ ページのトップへ

startOfDay()

当日の開始時に検索を実行します。startOfWeekstartOfMonth、および startOfYear、および endOfDayendOfWeekendOfMonth、および endOfYear も参照してください。

構文
startOfDay()
startOfDay("inc")

ここで、inc は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m) のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、既定で関数の固有周期が設定されます。たとえば、startOfDay("+1") は startOfDay("+1d") と同じです。プラス/マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスが想定されます。

サポートされているフィールド Created, Due, Resolved, Updated, custom fields of type Date/Time
サポートされている演算子 = , != , > , >= , < , <= WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate
サポートされていない演算子 ~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 今日作成された課題を検索します。
    created > startOfDay()

  • 昨日から作成された課題を検索します。
    created > startOfDay("-1")

  • 3日前から作成された課題を検索します。
    created > startOfDay("-3d")

^ ページのトップへ

startOfMonth()

当月の開始時に検索を実行します。同様の関数に startOfDay, startOfWeek, startOfMonth, endOfDay, endOfWeek, endOfMonth, endOfYearといった関数もあります。

構文
startOfMonth()
startOfMonth("inc")

ここで、inc は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m) のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、既定で関数の固有周期が設定されます。たとえば、startOfMonth("+1") は startOfMonth("+1M") と同じです。プラス/マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスが想定されます。

サポートされているフィールド Created, Due, Resolved, Updated, custom fields of type Date/Time
サポートされている演算子 = , != , > , >= , < , <= WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate
サポートされていない演算子 ~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 今月の月初以降に作成された課題を検索します:
    created > startOfMonth()

  • 先月の月初以降に作成された課題を検索します:
    created > startOfMonth("-1")

  • 今月の15日以降に作成された課題を検索します:
    created > startOfMonth("+14d")

^ ページのトップへ

startOfWeek()

今週の開始時に基づいた検索を実行します。「startOfDay」、「startOfMonth」、「startOfYear」および「endOfDay」、「endOfWeek」、「endOfMonth」、「endOfYear」も参照してください。startOfWeek() 関数の場合、結果はロケールにより異なります。たとえば、ヨーロッパでは、週の初日は一般的に月曜日ですが、米国では日曜日とみなされます。

構文
startOfWeek()
startOfWeek("inc")

ここで、inc は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m) のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、既定で関数の固有周期が設定されます。たとえば、startOfWeek("+1") は startOfWeek("+1w") と同じです。プラス/マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスが想定されます。

サポートされているフィールド Created, Due, Resolved, Updated, custom fields of type Date/Time
サポートされている演算子 = , != , > , >= , < , <= WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate
サポートされていない演算子 ~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 今週の週初以降に作成された課題を検索する:
    created > startOfWeek()

  • 先週の週初以降に作成された課題を検索する:
    created > startOfWeek("-1")

^ ページのトップへ

startOfYear()

今年の年初以降に基いて検索します。同様の関数に startOfDay, startOfWeek, startOfMonth, endOfDay, endOfWeek, endOfMonth, endOfYearといった関数もあります。

構文
startOfYear()
startOfYear("inc")

ここで、inc は、(+/-)nn(y|M|w|d|h|m) のオプションのインクリメントです。時間単位の修飾子が省略された場合、既定で関数の固有周期が設定されます。たとえば、endOfYear("+1") は endOfYear("+1y") と同じです。プラス/マイナス (+/-) 記号が省略された場合、プラスが想定されます。

サポートされているフィールド Created, Due, Resolved, Updated, custom fields of type Date/Time
サポートされている演算子 = , != , > , >= , < , <= WAS* , WAS IN* , WAS NOT* , WAS NOT IN* , CHANGED*
* Only in predicate
サポートされていない演算子 ~ , !~ IS , IS NOT , IN , NOT IN
  • 今年の年初以降に作成された課題を検索します:
    created > startOfYear()

  • 去年の年初以降に作成された課題を検索します:
    created > startOfYear("-1")

^ ページのトップへ

subtaskIssueTypes()

 サブタスク である課題に基づいて検索を実行します。 standardIssueTypes() も参照してください。

構文
subtaskIssueTypes()
サポートされているフィールド タイプ
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • サブタスクである課題(課題タイプがサブタスクタイプのもの)を検索します:
    issuetype in subtaskIssueTypes()

^ ページのトップへ

unreleasedVersions()

特定のプロジェクトの未リリースのバージョン(Jira 管理者がまだリリースしていないバージョン)に基づいた検索を行います。projectパラメーターを省略することで、すべてのプロジェクトの未リリースバージョンの課題を検索することも出来ます。関連する関数に earliestUnreleasedVersion() があります。

構文
unreleasedVersions()
unreleasedVersions(project)
サポートされているフィールド AffectedVersion、 FixVersion、バージョンタイプのカスタムフィールド
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • FixVersion が ABC プロジェクトの未リリースのバージョンである課題を検索します:
    fixVersion in unreleasedVersion(ABC)

  • ABC プロジェクトの未リリースのバージョンに関連する課題を検索します:
    affectedVersion in unreleasedVersions(ABC)

^ ページのトップへ

votedIssues()

投票した課題に基づいて検索を実行します。投票者フィールドも参照してください。この関数は、ログイン済みのユーザーのみ使用できます。

構文
votedIssues()
サポートされているフィールド 課題
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • 投票した課題を検索します:
    issue in votedIssues()

^ ページのトップへ

watchedIssues()

ウォッチ中の課題に基づいて検索を実行します。ウォッチャー フィールドも参照してください。この関数は、ログイン済みのユーザーのみ使用できます。

構文
watchedIssues()
サポートされているフィールド 課題
サポートされている演算子 IN , NOT IN
サポートされていない演算子 = , != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • ウォッチしている課題を検索します:
    issue in watchedIssues()

^ ページのトップへ

withinCalendarHours()

Jira Service Desk がインストールされ、ライセンスが取得されている場合のみ適用可能です。

Returns issues that have an SLA that is running according to the SLA calendar.

For example, say your project has two SLAs that count Time to First Response. Some issues with this SLA use a 9am-1pm calendar, and others use a 9am-5pm calendar. If an agent starts work at 3pm, they probably want to work on issues from the 9am-5pm agreement first. They can use withincalendarhours() to find all the issues where Time to First Response is running at 3pm.

構文
withinCalendarHours()
サポートされているフィールド SLA
サポートされている演算子 = , !=
サポートされていない演算子 ~ , !~ , > , >= , < , <= IS , IS NOT , WAS , WAS IN , WAS NOT , WAS NOT IN , CHANGED
  • Find issues where Time to First Response is within calendar hours:
    "Time to First Response" = withinCalendarHours()

^ ページのトップへ


最終更新日 2018 年 6 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.