Roll up values to parent issues on your timeline

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

The ability to roll up values to parent issues was introduced in Advanced Roadmaps version 3.23. If you’re using an earlier version of Advanced Roadmaps, this process may be different or not available in your instance.

子課題の値を設定後、これらの値を親の課題にも適用するよう Advanced Roadmaps に指示できます。例えば、スケジュールされた 3 つのサブタスクがあるストーリーの日付をロールアップすると、Advanced Roadmaps では子課題の最も早い開始日と最も遅いテスト終了日に基づいて、親課題の値が設定されます。このような自動見積もりによる値は、ロールアップ矢印アイコン (以下参照) の横の親課題に表示され、すべての子課題への変更が反映されます。

Advanced Roadmaps では、次の値をロールアップできます。

  • 見積もり
  • teams
  • スプリント
  • リリース

プランの見積もりをロールアップする

課題の見積もりを子課題から親課題にロールアップすると、ストーリー ポイントでは小数点以下 1 桁に、時間と日数は小数点以下 2 桁に四捨五入されます。親の課題のロールアップ見積もりは、まだ実行されていない作業量が反映され、子課題に時間を記録すると減少します。

プランの日付をロールアップする 

ロールアップ日付は、Advanced Roadmaps において手動設定の日付と同様に扱われます。デフォルトでは、Advanced Roadmaps はターゲット日付をロールアップしますが、カスタム日付またはスプリント日付を使用するよう、プランを設定することもできます。ロールアップ日付では、プランのグループ色の設定も考慮されます。

明示的な日付はロールアップ日付を上書きします。子課題の日付は、親課題に開始日または終了日が割り当てられておらず、スプリントの一部ではない場合にのみ、ロールアップできます。

日付をロールアップするには、開始日と終了日が割り当てられた子課題が 1 つ以上、親課題に含まれている必要があります。そのうえで、Advanced Roadmaps は子課題の日付に基づいて、入力されていない日付値を入力します。

部分的なロールアップ

スケジュール バーに特定の方向にフェード アウトしている縞模様が入っている場合、親課題は設定された日付と子課題からロールアップされた日付を使用していることを示しています。これは部分的なロールアップと呼ばれ、以下のように表示されます。

親課題のスケジュール バーが完全にフェード アウトしている場合は、子課題のどれにも開始日と終了日が割り当てられていないことを示しています。開始日または終了日がないと、Advanced Roadmaps はロールアップ日を決定できないため、スケジュール バーがフェード アウトします。


部分的なロールアップを修正するには、開始日と終了日が割り当てられた子課題が 1 つ以上、親課題に含まれるようにします。

最終更新日 2021 年 9 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.