詳細検索 - 開発者リファレンス

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Bitbucket などのリンク済みの製品については、開発作業の状態に応じていくつかの方法で課題を検索できます。

はじめる前に

このページの内容は、Jira Software Cloud をビルド ツールに接続している場合にのみ適用されます。Jira と Bitbucket の接続の詳細をご確認ください

ソース コード検索

開発のステータスに基づいて課題を検索できます。

  • development[pullrequests].all (または .open) 
  • development[commits].all
  • development[reviews].all (または .open)
  • development[builds].failing


たとえば、失敗したビルドが 2 個を超えているすべての課題を検索する場合は、次のように入力します。

development[builds].failing > 2

機能フラグ

エイリアス 説明 使用可能な値
flagEnabledRollout ~ 有効なフラグに関して、フラグの適用状況を示します。
  • "partial"

  • "full"

  • "zero"

flagDisabledRollout ~

現在無効なフラグの過去の適用状況を示します。
  • "true"

  • "full"

  • "zero"

flagEnabled ~ 機能フラグが有効かどうかを示します。
  • "true"
  • "false"
flagName ~ 特定の名前を持つ機能フラグを示します。

"<フラグの名前>"

flagKey ~ 特定のキーを持つ機能フラグを示します。 "<フラグ キー>"


例:

機能フラグが ON で、適用状況が 0 % よりも大きく 100 % 未満であるすべての課題を表示:

flagEnabledRollout ~ “partial”


機能フラグが ON で、適用状況が 100 % であるすべての課題を表示:

flagEnabledRollout ~ “full”


一部のユーザーに適用されていたが現在は無効になっているフラグに関連するすべての課題を表示:

flagDisabledRollout ~ "partial"


MakeEverythingBlue という機能フラグに関連付けられている課題を表示:

flagName ~ “MakeEverythingBlue“

デプロイメント


これらは Bamboo デプロイメントでは機能しないことに注意してください。

エイリアス 説明 使用可能な値
deploymentEnvironmentName ~ 開発環境の名前 "<デプロイ名>"
deploymentEnvironmentType ~ 環境のタイプ
  • “production“

  • “staging“

  • “testing“

  • “development“

  • “unmapped“

deploymentState ~ デプロイの現在のステータス
  • “pending”

  • “in_progress”

  • “successful”

  • “cancelled”

  • “failed”

  • “rolled_back”

  • “unknown”

deploymentName ~

特定のデプロイの名前 "<デプロイ名>"


例:

prod-east または stg-west 環境にデプロイされたすべての課題を表示:

deploymentEnvironmentName ~ “prod-east“ OR deploymentEnvironmentName ~ “stg-west“


本番環境にデプロイされているが未解決の PR が 1 つ残っている、ボード上のすべての課題を表示:

deploymentEnvironmentType ~ “production“ AND development[pullrequests].open


機能フラグが ON で適用状況が 100 % であり、本番環境にデプロイ済みのすべての課題を表示:

flagEnabledRollout ~ “full“ AND deploymentEnvironmentType ~ “production“


本番環境にデプロイされていないすべての課題を表示:

deploymentEnvironmentType !~ “production“


prod-east にデプロイされ、機能フラグが ON で、部分的にのみ適用されているすべての課題を表示:

deploymentEnvironmentName ~ “prod-east” AND flagEnabledRollout ~ “partial”


ビルド

エイリアス 説明 使用可能な値
buildState Bitbucket Pipelines などのクラウド プロバイダによって報告された、ビルドのステータス
  • “pending“
  • “in progress“
  • “successful“
  • “failed“
  • “unknown“
buildName Bitbucket Pipelines などのクラウド プロバイダによって報告された、ビルドの名前 "<ビルド名>"


例:

最新のビルドが失敗しているすべての課題を表示:

buildState ~ "failed"


未解決のプル リクエストを持ち、最新のビルドが失敗した、ボード上のすべての課題を表示:

buildState ~ “FAILED“ AND development[pullrequests].open

最終更新日 2019 年 6 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.