ヒントとコツ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

JIRA Core は非常に柔軟性のあるワークフロー管理システムです。お客様やお客様のチームのニーズに合わせて JIRA Core をカスタマイズし、設定することができます。まだ実行されていないお客様は、JIRA Core でできることやその方法がわかる JIRA Core の概要ページをご覧ください。特定の事柄を行う方法、JIRA Core の要素の設定方法、実際に可能なことについて多くの疑問をお持ちのはずです。多くの設定およびハウツーに関する情報は、 JIRA アプリケーション管理 ドキュメント内にあります。JIRA アプリケーション管理 ドキュメントにあります。このページのコンテンツでは、詳細情報へのリンクを含め、迅速に稼働し、急速に生産性を向上させるためのいくつかのヒントとコツを紹介します。

どうすれば、ワークフローにステータスを追加して拡張できますか。

ドキュメントの更新用に "レビュー" ステータスを追加する場合と同様に、ワークフローへのステータスの追加は、基本的にワークフローを変更します。これを実行するには、「ワークフローの使用」ドキュメントを参照してください。ステータスを追加する手順が説明されています。新しいステータスに達することができるように確実にトランジションを追加していきます。また、ドキュメントにはそのステータスをさらに強化するためにステータスに対して実行できることに関する詳細情報もあります。たとえば、課題を "レビュー" に移行したとき、その課題が自動で確実に特定の人に割り当てられるようにしたい場合があります。これは、課題の特定のフィールドを更新できるようにする事後操作を追加することで実現できます。このフィールドを担当者フィールドにして、課題を割り当てる特定の人を選択します。これで完成です。課題は、そのステータスにトランジションすると、指定した人に割り当てられるようになります。有益な情報が満載のアトラシアン Answers を是非ご覧ください。

一度に複数の人が1つの課題で作業できる並行ワークフローが必要な場合、どうすればいいでしょうか。

Jira Core には、1つの担当者フィールドがあります。このため、課題を割り当てられるのは、一度に 1 人だけです。これには、1 人の担当者にその作業に対する責任を担ってもらうという目的があります。こうすることで、2 人の担当者がそれぞれ同じ事に取り組んだり、相手がやってくれていると思い込み、2 人とも対応していないという事態が生じるのを防ぐことができます。それは理想ですが、前述の概念を達成する方法がないわけではありません。課題をサブタスクに分割し、各サブタスクを別々の人に割り当てます。もう少し複雑な別の方法の場合は、「ユーザー ピッカー」フィールドと呼ばれる別のフィールドを課題に追加します。これにより、他のユーザーを選択できるようになります。課題の担当者は依然としてその作業に対して責任を負いますが、他の人々を課題に追加でき、その人々が課題に取り組んでいるときには表示されます。詳細は、以下のグループへの課題の割り当てに関するヒントを参照してください。

つまり、他のフィールドを課題に追加できるのですね。どのように行うのですか。

 追加のフィールドを Jira Core の既定の課題に追加できます。必要に応じて、別の課題タイプも追加できます。これについてはJIRA アプリケーション管理ドキュメントすべて説明しています。「カスタムフィールドの追加」を検索してください。課題に追加できるフィールドとその方法の詳細がわかります。

課題フィールドに非常に関心があるのですが、フィールドへのアクセスを制限する方法はありますか。

 課題フィールドのセキュリティについては多くのお客様からご要望をいただいていますが、Jira Core でサポートする予定はありません。この決定の詳細については JRA-1330 - 課題詳細を取得する ステータスをお読みください。

ただし、課題にセキュリティ レベルを設定することは可能です。このトピックに関する詳細は、Jira アプリケーション管理にアクセスし、「課題のセキュリティを設定する」を検索してください。

どうすれば課題をコピーできますか。

課題をコピーする場合、複製機能を利用できます。複製された課題は複製元の課題へのリンクを作成し、その逆も同様です。課題とその複製に関する詳細は、こちらを参照してください。

どうすれば自分に必要なすべての情報を1つの場所でレビューできますか。

ダッシュボードを使用します。Jira Core には様々なガジェットが用意されており、必要に応じて構成して情報を見やすいように表示できます。これらのガジェットをダッシュボードに追加して、そのダッシュボードを Jira Core に最初にログインしたときに表示されるホームページにすることができます。こうすれば、自分にとって重要な情報を最初に目にすることができ、何を行う必要があるかわかります。

どのようにして自分の作業を見つけるのですか。また、どうすれば必要な課題を見つけられますか。

Jira Core は強力な検索機能を備えており、検索内容をフィルターとして保存し、後で利用することもできます。さらに、これらのフィルターをチームで共有して、すべてのメンバーが同じ情報を見られるようにすることも可能です。全員が物事をすべて把握している状態を実現できます。

検索を使用していますが、確認したい課題を見つけるのに未だに苦労します。課題にタグを付ける簡単な方法はありますか。

 はい、あります。JIRA Core には課題にラベルを付ける機能があり、ラベルは検索で使用できます。実際、ラベルは「クリック可能」です。つまり、ラベルをクリックすると、そのラベルの付いたすべての課題を表示する検索に移行します。ここで、必要に応じてその検索を絞り込むことができます。

ただし、注意点として、ラベルの使用に関するお客様の組織のポリシーについて、プロジェクト管理者に確認を取ってください。一部の組織ではプロセスの一環として使用するため、このフィールドの使用方法に関してポリシーが設定されている場合があります。

課題をグループに割り当て、そのグループ内の誰かが課題に取り組むようにすることはできますか。

 JIRA Core は、タスクの見落としを防ぐために課題を 1 人の個人に割り当てなければならないように設計されています。チーム・リーダーまたはマネージャーは個人に課題を割り当てる必要があります。または、ユーザーが課題のリストから、引き受ける課題を選択できるオプションがあります。

しかし、複数のユーザーに課題を割り当てられるように JIRA Core を設定したい場合、これを実行するオプションがいくつかあります。

グループで選択できるようにキューを同様に設定するか、グループ内の個人に課題を割り当てることに加えて、その課題をグループに関連付けると容易です。

キューを使用した課題の管理

既定で課題を「未割り当て」の "キュー" に割り当てるように JIRA Core プロジェクトを設定できます。このキューから、ユーザーは課題を選択することができます。

これを実行するには、以下を設定します。

  1. 「既定の担当者」を「未割り当て」にできるように JIRA Core プロジェクトを設定します。
  2. 一般設定の設定で「未割り当て課題を許可」がオンになっていることを確認します (管理 > グローバル設定 > 一般設定)。
  3. キューに入れたい課題を「未割り当て」にします。
  4. すべての「未割り当て」課題をリストするフィルタを備えたダッシュボード・ページを作成して、そのダッシュボード・ページを共有し、グループ内の関係のあるメンバーに各自のダッシュボードに共有ページを表示するようリクエストします。

グループ所有権による課題の管理

カスタムフィールドを追加して、特定の課題に関連付ける必要のあるユーザーとグループを保存できます。これは、チームが特定のタイプのすべての課題を所有しているプロジェクトでは、特に便利です。

これを実行するには、以下を設定します。

  1. グループ ピッカー カスタムフィールドを課題に追加します。
  2. プロジェクトの通知スキーム内のメール通知が「グループ カスタム フィールドの値」に送信されるように設定します。

これで、グループ ピッカー内の適切なグループを選択することでグループに課題を「割り当てる」ことができます。メール通知はグループに送信されます。

(info)もう一つのオプションは、グループ ピッカーではなく、ユーザー ピッカー カスタムフィールドを追加して、複数のユーザーを1つの課題に割り当てます。しかし、これにより、担当者の JIRA Core の既定ユーザー フィールドとカスタム ユーザー フィールドの両方が存在することになります。

ユーザー アカウントによる課題の管理

JIRA Core ユーザー アカウントは、ピープルのグループ (例: 「開発者」) を表すために作成して、このユーザーに課題を割り当てることができます。

これを実行するには、以下を設定します。

  1. グループを表す JIRA Core ユーザーを作成します。
  2. (オプション) このグループのメール メーリング リスト を作成し (JIRA Core 機能ではありません) 、メーリング リストのメールを JIRA Core ユーザーのメールアドレスとして設定します。
  3. このユーザーに割り当てられた課題を表示するダッシュボード・ページを作成し、そのダッシュボード・ページを共有して、グループ内の関係するメンバーに共有ダッシュボード・ページを各自のダッシュボードに表示するようにリクエストします。

これで、グループを表す新しい「ユーザー」に課題を割り当てることができ、ユーザーは各自のダッシュボードで課題を追跡できます。メーリング リストを設定した場合、ユーザーにもメールで通知されます。

サブタスクによる課題の管理

様々なユーザーによって管理されている1つのタスクがある場合、その統合タスクを個別のサブタスクに分割してそれぞれに 1 人の担当者を割り当てることができます。

複数の定義済みグループを設定して管理を容易にすることで、課題は恩恵を得られるように思います。これは可能ですか。

 はい、できます。Jira Core には、バージョンとコンポーネントという、課題をグループ化する2つの方法が用意されています。これらに関する詳細は、このドキュメントのセクション「プロジェクトを管理する」を参照してください。基本時に、バージョンとコンポーネントは課題のグループ化を可能にしますが、主な相違点は、コンポーネントの場合、課題にコンポーネントが追加された時点でユーザーを既定の担当者として割り当てることができ、バージョンは開始および終了日を設定できます。

最終更新日 2018 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.