ブランチを作成してプッシュする

ブランチを利用すると、メインのコードベースに影響を与えずに新しい機能の作業に取り組むことができます。変更を行った後、そのブランチを Bitbucket Cloud にプッシュしてプル リクエストでのレビューを依頼できます。 

Git ブランチの作成

Git ブランチを作成するには、Bitbucket を使用することをおすすめします。

  1. リポジトリのグローバル サイドバーで + をクリックして、[作業に取りかかりましょう] の下の [ブランチの作成] を選択します
  2. From the popup that appears, select a Type (if using the Branching model), enter a Branch name and click Create.
  3. ブランチを作成したら、ローカル システムからブランチをチェックアウトする必要があります。Bitbucket では、次のコマンドに似たフェッチおよびチェックアウト コマンドを使用できます。

    $ git fetch && git checkout <feature>
  4. Make your changes locally and then add, commit, and push your changes to the <feature> branch:

    $ git add .
    $ git commit -m "adding a change from the feature branch"
    $ git push origin <feature>
  5. Click the Source page of your repository. You should see both the master and the <feature> branch in the branches dropdown. When you make commits to the feature branch, you'll see the files specific to that branch.

Mercurial ブランチの作成

Mercurial ブランチの作成は、ローカル側で行うことをおすすめします。

  1. リポジトリで新しい機能ブランチを作成します。

    $ hg branch <feature_branch>

    Nothing changes in the working directory. The branch command tells Mercurial the branch name to use with your next commit. If you use the hg branches command, you'll see you still only have the default branch.

  2. 作業用のコピーでファイルの編集、ファイルの追加、およびコミットを行います。

    $ hg add
    $ hg commit -m "adding a change from the feature branch"
  3. 機能ブランチを Bitbucket にプッシュします。

    $ hg push --<feature_branch>

最終更新日 2018 年 5 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.