カスタマイズ済みのサイトとスペース レイアウトのアップグレード

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence の進化に伴い、それぞれのページのレンダリングを促す、既定のサイトとスペース レイアウトも進化しています。新しい機能が追加され、現在の機能が変更されると、これらの変更に対応するよう既定レイアウトも変更されます。

以前の Confluence バージョンの既定に基づいたカスタム レイアウトを使用している場合は、機能性が破損したり優れた新しい機能が失われるリスクがあります。

Confluence の新しいリリースではそれぞれ、新しい既定テンプレートに対して行った変更を再適用してください。

カスタム レイアウトを最適用するために必要なものは、次のとおりです。

  1. Confluence の現在のバージョンからカスタム レイアウトを取得します。
  2. カスタマイズを新しいデフォルト レイアウトに再適用します。

ステップ 1.カスタム レイアウトを取得する

各 Confluence サイトまたはスペース レイアウトに適用した各カスタマイズの記録を付けることが理想的です。

そうでない場合、次の方法でカスタマイズを見つけることができます。この方法では、すべてのサイト レベルおよびスペース レベルのレイアウトを Confluence サイトから単一出力として抽出します。この出力から、カスタマイズを特定することができます。

tip/resting Created with Sketch.

この方法は、次のような場合に便利です。

  • スペース レイアウトをカスタマイズした多くのスペースがある。
  • サイトまたはスペース レイアウトの個別記録がない。

Custom layouts are stored in the DECORATOR table within your Confluence database. You can SELECT for the source of the layout using SQL like this:

mysql> select SPACEKEY,DECORATORNAME,BODY from DECORATOR;
+----------+---------------------+------+
| SPACEKEY | DECORATORNAME       | BODY |
+----------+---------------------+------+
| NULL     | decorators/main.vmd | ...  |
+----------+---------------------+------+
1 row in set (0.03 sec)

この例は、MySQL でテストされましたが、すべての SQL データベースに適用可能です。

ステップ 2. カスタマイズを再適用する

Confluence を別のメジャー リリースの Confluence にアップグレードする際には、サイト全体またはスペース固有のレイアウトへ行ったカスタマイズを再適用する必要があります。別途明記されていない限り、Confluence のマイナー リリース アップグレードを実施した後、カスタマイズを再適用する必要があります。

「メジャー」および「マイナー」リリースとは? メジャー リリースは、アップグレード後に Confluence のバージョン番号の 1 桁目、または小数点第 1 桁目の後 1 番目の桁数が異なるものです (例: Confluence 3.0 から 3.1、または 2.8 から 3.0 へのアップグレードなど)。マイナー リリースは、アップグレード後に Confluence のバージョン番号の 1 桁目、および小数点第 1 位の後の 1 番目の数字が同じとなるものです (例: Confluence 3.0 から 3.0.1 へのアップグレードなど)。

Confluence サイト全体でレイアウトのカスタマイズを行った場合。

  1. 設定アイコン を選択し、[一般設定] を選択します。
  2. 左側のナビゲーション パネルにあるレイアウトを選択します。デコレーターは サイトコンテンツ および エクスポート レイアウトにグループ化されます。
  3. すべてのカスタマイズが利用可能になっていることを確認します (できればコピーして貼り付けることができる形式で)。
  4. カスタマイズを再適用する必要のあるレイアウトの隣にある、既定のリセットをクリックします。
  5. 同じレイアウトの隣にあるカスタムの作成をクリックし、新しい既定レイアウト内の適切な場所に (コピーして貼り付けることで) カスタマイズを再適用します。
  6. 保存ボタンをクリックします。
  7. カスタマイズを再適用する必要のある各レイアウトに対し、ステップ 4 からこの手順を繰り返します。

スペース固有のレイアウトのカスタマイズを行った場合。

  1. スペースに移動して、サイドバーの下部から、スペース ツール > ルックアンドフィールを選択します。 
  2. レイアウトを選択します。デコレーターは サイトコンテンツ および エクスポート レイアウトにグループ化されます。
  3. すべてのカスタマイズが利用可能になっていることを確認します (できればコピーして貼り付けることができる形式で)。
  4. カスタマイズを再適用する必要のあるレイアウトの隣にある、既定のリセットをクリックします。
  5. 同じレイアウトの隣にあるカスタムの作成をクリックし、新しい既定レイアウト内の適切な場所に (コピーして貼り付けることで) カスタマイズを再適用します。
  6. 保存ボタンをクリックします。
  7. カスタマイズを再適用する必要のある各レイアウトに対し、ステップ 5 からこの手順を繰り返します。

ステップ 3.変更を慎重にテストする

変更は、Confluence の今後のバーションで予測できない相互作用を与える場合があります。アップグレードする場合、稼働中のサイトに展開する前に、常にカスタム変更をテストする必要があります。これらの変更のテストとデプロイは、Atlassian サポートの範囲外です。

キャッシュをオフにする

Velocity is configured to cache templates in memory. When you edit a page from within Confluence, it knows to reload that page from disk. If you are editing the pages on disk, you will either have to turn off Velocity's caching temporarily in WEB-INF/classes/velocity.properties, or restart the server to make your changes visible.

The velocity.properties file is available in the confluence-x.x.x.jar file, where x.x.x is the Confluence version number. The JAR file is located in the WEB-INF/lib directory. If you wish to make modification to the files in the JAR, we recommend the following steps:

  1. Confluence を停止します。
  2. JAR ファイルのバックアップ コピーを作成します。
  3. ファイルを解凍します。
  4. 変更したい適切なファイルを見つけて編集します。
  5. Re-jar the confluence-x.x.x.jar file.
  6. 適切なディレクトリへ JAR ファイルを再配置します。
  7. Confluence を再起動します。
最終更新日 2017 年 9 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.