ローリング アップグレードをロールバックする


このページの手順は、ローリング アップグレード方法を使用して Confluence をアップグレードした場合にのみ適用されます。 

ローリング アップグレード中に問題が発生した場合は、元のバージョンにロール バックできる場合があります。 

ロール バックする方法は、その時点のアップグレード ステージと Confluence のデプロイ方法によって異なります。現在のクラスタのステータスを確認するには > [一般設定] > [ローリング アップグレード] の順に移動します。 

このページの内容

スクリーンショット: ローリング アップグレード画面のクラスタのステータス

クラスタのアップグレード ステータス実行するアクション

アップグレードの準備完了

ローリング アップグレード画面で、アップグレード モードを無効にします。

mixed

アップグレード タスクを実行する準備が完了しました

次のステップに従って、アップグレードされた各ノードでアプリのバージョンをロールバックします。 

  • ロールバック手順 - 手動および Azure デプロイメント
  • ロールバック手順 - AWS デプロイメント
  • ロールバック手順 - Kubernetes デプロイメント

すべてのノードで元のバージョンが実行されると、クラスタのステータスは [アップグレードの準備完了] になります。 

アップグレード タスクの実行中

アップグレード タスク失敗

クラスタ全体の最終アップグレード タスクの実行が開始された後は、ロールバックできません。アップグレード タスクを実行しているノードで Confluence を停止すると、停止したノードの中断位置から別のノードが引き継ぎます。 

アップグレード タスクが失敗した場合は、問題の原因を調べてから、ローリング アップグレード画面からアップグレード タスクを再実行する必要があります。 

完全なパイプ

アップグレードが正常に完了したため、以前のバージョンにロールバックすることはできません。

ローリング アップグレードをロールバックする - 手動デプロイと Azure デプロイ

これらの手順は、元のインストール ディレクトリがまだ利用可能であることを前提としています。そうでない場合は、バックアップから復元する必要がある場合があります。ローカル ホーム ディレクトリは復元不要です。 

アップグレードしたノードを元のバージョンにロール バックするには、次の手順を実行します。

  1. コマンド ラインまたは SSH からノードにアクセスします。
  2. ノードで Confluence をグレースフル シャットダウンします。 
  3. ノードがオフラインになるまで待ちます。[ローリング アップグレード] ページにある [クラスタ概要] セクションの [ノード ステータス] 列で、ステータスを監視できます。
  4. Confluence をサービスとして実行している場合、
    • Windows では、新しいサービスを削除してから <old-install-directory>/bin/service.bat を実行して古いサービスを再インストールします。 
    • Linux の場合、サービスを更新して古いインストール ディレクトリを指定します (または、シンボリック リンクを使用して指定します)。
  5. ノードで Confluence を (元のインストール ディレクトリから) 起動します。セットアップ ウィザードは表示されないはずです。

すべてのノードで同じバージョンが実行されると、クラスタのステータスは [Ready to upgrade (アップグレードの準備完了)] に戻ります。アップグレード モードをオフにできます。

ローリング アップグレードをロールバックする - AWS デプロイメント 

アップグレードしたノードを元のバージョンにロール バックするには、次の手順を実行します。

AWS コンソールで [サービス] > [CloudFormation] の順に移動します。デプロイのスタックを選択して、スタックの詳細を表示します。

  1. [スタックの詳細] 画面で [スタックを更新] を選択します。
  2. [Select Template] 画面で、[Use current template] を選択してから、[Next] を選択します。
  3. Version パラメーターを元のバージョンに設定します。
  4. 次へ を選択します。以降のページをクリックして進み、[Update] ボタンを使用して変更を適用します。

その後、Confluence の新しいバージョンを実行しているすべてのノードを終了します。AWS は、それぞれを元のバージョンを実行しているノードに置き換えます。すべてのノードで同じバージョンが実行されると、クラスタのステータスは [Ready to upgrade (アップグレードの準備完了)] に戻ります。これにより、アップグレード モードを無効にすることもできます。

最終更新日: 2021 年 10 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.