ページツリー
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

An epic captures a large body of work, e.g. performance-related work in a release. It is essentially a large user story that can be broken down into a number of smaller stories. An epic can span more than one project, if multiple projects are included in the board where the epic is created.  

スプリントとは違い、エピックにおいて、スコープの変更はアジャイル開発において自然なことです。エピックはほぼ必ずスプリントのまとまりを超えて提供されます。チームは開発やカスタマー フィードバックを通してエピックについて学ぶため、ユーザー ストーリーはあとから追加されたり、リリースの時に最適化するために削除されることもあります。

スクラムを使用しているかカンバンを使用しているかに応じて、「スクラム プロジェクトでのエピックの管理」または「カンバン プロジェクトでのエピックの管理」を参照してください。一般に、

The way epics are displayed and configured between Scrum and Kanban boards is mostly the same. See Managing epics in a Scrum project, or Managing epics in a Kanban project for more information.

このページの内容

Confluence ページをエピックにリンクする

If you have linked your Jira Software instance to a Confluence instance, you can create and link Confluence pages to your epics. For example, you may want to link your epic to a specification or design document in Confluence.

さらに詳しく:エピックに Confluence のページをリンクする

次のステップ

(info)お困りですか?必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合は、他にも方法があります。ヘルプの活用を参照ください。

関連トピックをご確認ください。