ページツリー
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

すべてのプロジェクトの構成要素は課題です。課題は、作業の完了に至るまでの間、プロジェクト内のそれぞれのワークフローにしたがって移動する作業パケットとして機能します。また、個別に作業を割り当てて、トラッキングできるサブタスクを作成するだけでなく、課題レベルセキュリティを設定して、課題へのアクセスをチームの選択メンバーに制限できます。 

On this page, you'll learn more about creating and converting issues and sub-tasks, and setting issue level security. If you are looking to import multiple issues (and sub-tasks) using a CSV file, you can find the import process explained in more detail here.

はじめる前に

課題が関連するプロジェクトの課題の作成プロジェクト権限が必要です。

このページの内容

課題の作成

  1. 画面上部の [作成] をクリックして、 [課題の作成] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [課題の作成] ダイアログ ボックスで、該当のプロジェクト課題タイプを選択します。
  3. 課題の要約を記述し、適切なフィールドにすべて入力します。アスタリスクが表示されている必須フィールドはすべて入力するようにします。
    このダイアログ ボックスに表示されていないフィールドにアクセスしたい場合、または既存のフィールドを非表示にしたい場合は、次の手順を実行します。
    1. 画面の右上にある [フィールドの設定] ボタンをクリックします。
    2. [カスタム] をクリックして、 関連するチェックボックスをそれぞれ選択または選択解除し、表示または非表示にするフィールドを選択します。または [すべて] をクリックしてすべてのフィールドを表示します。
      次に課題を作成するときに、これらの選択したフィールドが表示されます。
  4. オプション: 同じプロジェクト課題タイプを使用して、同様の課題をまとめて作成するには、ダイアログの下部にある [もう 1 つ作成] チェックボックスを選択します。設定内容と、これまでの課題の作成時に指定した値によっては、新しい [課題の作成] ダイアログ ボックスで一部のフィールドに事前に値が入力されている場合があります。すべてのフィールドの入力内容が適切であることを確認してから、次の課題を作成します。
  5. 課題の内容に問題がなければ、[作成] ボタンをクリックします。

課題の複製

課題を複製すると、同じプロジェクト内に課題を素早く複製できます。複製された課題には、元の課題に保存されている情報とほとんど同じ情報が含まれます。 たとえば、 要約、影響バージョン、コンポーネントなどです。その他の詳細 (例: 作業ログ、コメント、課題履歴、Confluence ページへのリンク) は複製されません。課題ステータスも対応するワークフローの最初のステップに戻り、解決状況はクリアされます。複製した課題を元の課題にリンクすることは可能ですが、必須ではありません。

  1. 複製を作成したい課題を開きます。
  2. [その他] > [複製] を選択します。[課題の複製] 画面が表示されます。
  3. 複製した課題の要約は、必要に応じて編集できます。
  4. 複製先の課題に適用可能な場合、次のオプションも選択できます。
    • サブタスクを複製し、既存のサブタスクをコピー
    • 添付ファイルを複製し、既存の添付ファイルを追加
    • リンクを複製し、既存のリンクされた課題を追加
    • スプリント値を複製し、課題の現在のスプリント値とクローズしたスプリント値全体をコピー
  5. [作成] をクリックします。

サブタスクの作成

課題のサブタスクを作成することで、課題を小さなチャンクに分割したり、課題のさまざまな側面を別々の人に割り当てたりすることができます。サブタスクが課題の解決を遅らせていることがわかった場合、サブタスクを課題に変換して独立した作業にすることができます。ある課題がさらに大きな課題のサブタスクであることがわかった場合、課題をサブタスクに変換できます。

サブタスクは、管理者がサブタスクを有効化し、サブタスクの課題タイプをプロジェクトの課題タイプ スキームに追加している場合にのみ作成できます。

  1. 作成しようとしているサブタスクの親課題にしたい課題に移動します。
  2. [その他] > [サブタスクの作成] を選択します。[サブタスクの作成] 画面が表示されます。
  3. 必要な詳細を入力し、ページの下部にある [作成] をクリックします。

サブタスクを作成すると、次の値は親タスクから継承されます。

  • プロジェクト
  • 課題セキュリティ レベル
  • (ある場合は)スプリント値(Jira Software 課題の場合のみ)

ヒント: [サブタスクの作成] 画面をカスタマイズして、もっともよく使用するフィールドを表示できます。これを行うには、ダイアログの右上にある [フィールドの設定] をクリックし、[すべて] および [カスタム] リンクを使用して、デフォルト画面とカスタム設定とを切り替えます。変更内容は、今後の使用のために保存されます。

サブタスクを課題に変換

  1. 変換したいサブタスク課題に移動します。
  2. [その他] > [課題に変換] をクリックします。
  3. [ステップ1. 課題タイプの選択] 画面で新しい課題タイプ (標準課題タイプ) を選択し、[次へ] を選択します。
  4. サブタスクの現在のステータスが新しい課題タイプで許可されていない場合、[ステップ2. 新しいステータスの選択] 画面が表示されます。新しいステータスを選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [ステップ 3. フィールドの更新] 画面で、必要に応じて、追加フィールドに入力するよう求められます。それ以外の場合は、"すべてのフィールドは自動的に更新されます" というメッセージが表示されます。[次へ] をクリックします。
  6. [ステップ 4. 確認] 画面が表示されます。課題の新しい詳細情報に問題がなければ、[完了] をクリックします。
  7. 課題が表示されます。親課題の番号が画面の上部に表示されなくなり、これがサブタスクではなくなったことがわかります。

課題をサブタスクに変換

  1. 変換したい課題に移動します。
  2. [その他] > [サブタスクに変換] を選択します。
  3. [ステップ 1 親課題およびサブタスク タイプの選択] 画面で、適切な親課題タイプと新しい課題タイプ (サブタスク課題タイプ) を入力または選択します。[次へ] をクリックします。
  4. 課題の現在のステータスが新しい課題タイプで許可されているステータスではない場合、[ステップ 2. 新しいステータスの選択] 画面が表示されます。新しいステータスを選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [ステップ 3. フィールドの更新] 画面で、必要に応じて、追加フィールドに入力するよう求められます。それ以外の場合は、"すべてのフィールドは自動的に更新されます" というメッセージが表示されます。[次へ] をクリックします。
  6. [ステップ 4. 確認] 画面が表示されます。課題の新しい詳細情報に問題がなければ、[完了] をクリックします。
  7. 課題が表示されます。親課題の番号が画面の上部に表示され、これがサブタスクであることがわかります。

注意: 課題にサブタスクがある場合、その課題をサブタスクに変換することはできません。まず、課題のサブタスクを単体の課題に変換する必要があります。その後必要に応じて、それを別の課題のサブタスクに変換できます。サブタスクを 1 つの課題から別の課題に直接移動することはできません。サブタスクを標準課題に変換してから、新しい親課題のサブタスクに変換する必要があります。

課題の分割

課題が大きな作業の塊のようになる場合は、いくつかの課題に分割した方がいいかもしれません。カンバンまたはスクラム バックログ ビューでは、課題を簡単にいくつかに分割することができます。課題を分割する個数を選択したり、必要に応じて概要を編集したり、課題が見積もり済みおよび/またはスプリント内にある場合、これらの詳細を更新することもできます。

課題を分割すると、すべてのフィールドがコピーされるわけではありません。

 ここでコピーされるフィールドを確認してください。
コピーされる
システム フィールド
カスタム フィールド
はい
  • 課題タイプ
  • プロジェクト
  • 説明
  • 環境
  • 担当者
  • 報告者
  • 期日
  • セキュリティレベル
  • 優先度
  • ラベル
  • コンポーネント
  • 影響バージョン
  • 修正バージョン

Jira Software

  • エピック名
  • Epic Link (エピック リンク)
  • エピックの色
  • エピック ステータス
いいえ
  • 要約
  • ステータス
  • 作成者
  • 作成日
  • 更新日
  • 解決日
  • ソリューション
  • 投票数
  • ウォッチ
  • 初期見積り
  • 見積もり
  • 消費時間

Jira Software

  • ストーリーポイント
  • Sprint
  • ランク

その他のカスタム フィールド


課題を分割する方法:

  1. カンバンまたはスクラム バックログ内の変換する課題に移動します。
  2. バックログ内の課題を右クリックして、課題の分割を選択します。

  3. 必要な調整を行います。+ 別のものを追加を選択すると、課題を追加することもできます。
  4. 分割をクリックします。

課題を分割すると、課題間の関係は、タイプ分割先分割元の課題リンクで維持されます。

課題へのアクセスの制限

課題の作成 (または編集) 時に、その課題へのアクセスを制限し、選択したセキュリティ レベルのチーム メンバーのみアクセス可能にすることができます。課題のセキュリティ レベルを設定するには、管理者がユーザーを対象の課題セキュリティ レベルに追加済みで、対象のプロジェクトの "課題セキュリティの設定" 権限を付与している必要があります。 

  1. 対象の課題を作成 / 編集します。
  2. [セキュリティ レベル] ドロップダウン フィールドで、課題に必要なセキュリティ レベルを選択します。自身が所属しているセキュリティ レベルのみが表示されます。
  3. 課題を保存します。これで、指定したセキュリティ レベルのメンバーのみがアクセスできるようになります。
    このセキュリティ レベルのメンバーではないユーザーは、その課題にアクセスできず、課題をフィルター、クエリ、または統計情報で確認することもできません。 
  • ラベルなし