ページツリー
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

チームでは、スプリントの進捗を監視し、そのイテレーションを順調に進めているでしょう。では、どのようにバージョンの配信が順調か確認するのでしょう?

Jira Softwareでは、バージョンの進捗を監視するのに使用できる数々のツールを提供しています。早期に問題を発見できるだけでなく、予定どおりバージョンをリリースできる可能性を見極めるのにも役立ちます。

このページの内容

はじめる前に

  • 本ページの内容は スクラムプロジェクトにのみ適用されます。

リリース ハブ

リリースハブは、ある時点のバージョンの作業ステータスを把握するのに役立ちます。バージョンの課題のサマリと詳細をステータスごとにグループ化して表示します。また、Jira Software を開発ツールに接続してあれば、もし開発ツールが JIRA ソフトウェアと同期していない場合、このページで警告します — 例えば、未処理のプルリクエストがある完了課題、ビルドに障害が発生している完了課題、レビューされていないコミットがある完了課題、などに警告を出します。

  1. プロジェクトへ移動します。
  2. リリースをクリックします。> 希望のバージョンで。

詳細: リリースページを使用して、バージョンの進捗状況を確認する

リリースバーンダウン レポート

「リリース バーンダウン」レポートは、バージョン完了に向けてのチームの進捗を把握するのに役立ちます。レポートはチームの(現行バージョンに関する)ベロシティ、スコープ変更が進捗に及ぼす影響、残作業の完了に必要な予測スプリント数などを表示します。

さらに詳しく:リリースバーンダウン

ステータス レポート

If you have Confluence linked to Jira Software and you need to provide status reports to external stakeholders, you can generate a 'Status Report' in Confluence that displays the progress of a version. See Jira Report Blueprint (Confluence documentation).

  • ラベルなし