Which Confluence user tables are deprecated and can be removed for GDPR Compliance?

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問


プラットフォームについて: Server、Data Center、および Cloud (状況に応じる) - この記事はアトラシアンのサーバーおよびデータセンター プラットフォーム向けに記載されていますが、Atlassian Cloud のお客様も記事の内容を利用できる可能性があります。この記事で説明されている手順の実施が役立つと考えられる場合、アトラシアン サポートにお問い合わせのうえ、この記事を紹介してください。


問題

With the new GDPR regulations that go into effect on the 25th of May, 2018, you may be checking your Confluence instance in relation to your organization's GDPR compliance effort. You may find several tables that appear to be dealing with user data appear in the database schema, although they don't appear to hold any data. 

診断

環境

  • Confluence 6.0+
  • Database Tables
    • external_entities
    • external_members
    • groups
    • local_members
    • users
    • os_user
    • os_group
    • os_user_group

原因

While the database tables have been deprecated, they have not been removed from the Confluence schema per  CONFSERVER-28908 - Getting issue details... STATUS

ソリューション

データベースを変更する前には必ずデータをバックアップするようにします。

Depending on your database, you can choose to truncate or drop these tables since they are no longer in use with Confluence 6.0+.

For more information on GDPR and Confluence, you can check our Confluence Server and Data Center GDPR support guides.


最終更新日 2018 年 5 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.