データベースのパスワードを保護する

セキュリティを強化するために、Confluence がデータベースにアクセスする際に使用する、設定ファイルに保存されているデータベース パスワードを保護できます。 基本的なものから高度なものまで 、さまざまな暗号化方法があります。さらに、SecretStore インターフェイスに基づいて独自の暗号化メカニズムを作成することもできます。


以下に概説するソリューションは、データベース値を暗号化するためのある程度の難読化を可能にしますが、完全なセキュリティは提供しません。設定ファイルには、値を復号化するために必要なデータがまだ含まれています。つまり、これらのファイルにアクセスできる攻撃者は、プロパティ値を復号化できる可能性があります。

これらのアプローチは、機密データの偶発的な漏洩に対する保護を強化することを目的としていますが、包括的なセキュリティ ソリューションとして使用することは推奨されていません。

Confluence とデータベースが存在するサーバーを保護することをおすすめします。

On this page:

基本的な暗号化

この方法では、シンプルな難読化である Base64 エンコードを使用します。これは、データベース パスワードをプレーンテキストで保存したくないユーザーにうってつけのソリューションです。

Learn more about basic encryption

高度な暗号化

この方法では、データベース パスワードを暗号化するためのアルゴリズムを選択できます。暗号化されたパスワードを設定ファイル内に保存不要なので、不正な第三者による検索や復号化が困難となってセキュリティが強化されます。

Learn more about advanced encryption

AWS Secrets Manager

AWS Secrets Manager は、データベースの認証情報を高レベルで安全に保管するオプションを提供します。このサービスは、ランタイム コールを通じて認証情報を取得し、キーやトークンなどのハードコードされた認証情報を完全に削除します。

AWS Secrets Manager での暗号化の詳細をご覧ください。

HashiCorp Vault

HashiCorp Vault は、パスワード、トークン、キーなどの機密データの保護、保存、アクセス制御のためのツールです。デジタル空間上の金庫のように機能し、権限のないユーザーから秘密を守りながら、適切な権限を持つサービスでいつでも利用できます。

暗号化に HashiCorp Vault を使用する方法についてはこちらをご覧ください。

カスタム実装

暗号化に追加の要件がある場合、アトラシアンの実装や例に基づいて独自の SecretStore の実装を作成できます。データベース パスワードの暗号化に特別な要件がある場合は、例に基づいて独自の暗号化メカニズムを作成できます。

Learn more about custom encryption

最終更新日: 2023 年 12 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.