Prometheus と Grafana で Confluence を監視する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問


このページでは、Prometheus と Grafana をインストールして接続する方法について説明します。これはオプションですが、APM をまだ保有していない、またはアトラシアンのテンプレートやサンプル クエリの使用を希望する場合に便利です。

Prometheus によってアプリのパフォーマンス指標を監視する

Prometheus でアプリ指標を監視するようにセットアップするには、次の手順に従います。

  1. Prometheus をダウンロードしてインストールします。
    インストール オプションと詳細な手順については、Prometheus のドキュメントをご参照ください。

  2. prometheus.yaml ファイルを編集して、ファイルの末尾に次のスクレイピング設定を追加します。

    # A scrape configuration containing exactly one endpoint to scrape:
    scrape_configs:
      - job_name: 'Confluence app metrics'
        scheme: http
        metrics_path: '/metrics'
        static_configs:
         - targets: ["<jmx-exporter-host>:<port>"]


    • ターゲットは、Jira ではなく JMX エクスポーターです。たとえば、targets: ["localhost:8060"] のように指定します。

    • Prometheus を Kubernetes にデプロイする場合は、パイプによって複数行の YAML 文字列を指定する必要があります (以下の例を参照)。

      extraScrapeConfigs: |
        - job_name: 'Confluence app metrics'
          scheme: http
          metrics_path: '/metrics'
          static_configs:
           - targets: ["10.23.45.678:8080"]
    • その他の設定オプションについては、Prometheus ドキュメントの「Configuration」をご参照ください。

  3. Prometheus を起動します。方法は Prometheus の実行方法によって異なります。

  4. Prometheus UI に http://localhost:9090/ からアクセスします。

  5. [Status] > [Targets] の順に移動して、Prometheus が JMX エクスポーターに正常に接続されていることを確認します。

単純なクエリを実行する

Prometheus がアプリ指標を受信しているかどうかは、簡単なテストによって確認できます。

[管理] > [アプリを管理] に移動して、Confluence Migration Assistant などのアプリを一時的に無効にします (ユーザーの作業を中断するようなものは無効にしないでください)。

Prometheus で、次のクエリを実行します。

com_atlassian_confluence_metrics_Count
  {
   category00="plugin",
   category01="disabled"
  }

これによって、監視がオンになってからアプリが無効にされた回数が返されます。

Grafana によって指標を視覚化する

Prometheus でもデータのグラフを作成できますが、Grafana などのツールによってより詳細なチャートやダッシュボードを作成して、データを次のレベルに引き上げられます。

すぐに開始できるように、いくつかの重要な指標を追跡するサンプル ダッシュボードが事前に用意しました。アプリ監視ダッシュボード リポジトリで、これらのダッシュボードの JSON にアクセスできます。

Grafana をセットアップしてサンプル ダッシュボードをインポートするには、次の手順に従います。

  1. Grafana をダウンロードしてインストールします。
    インストール オプションと詳細な手順については、Grafana のドキュメントをご参照ください。

  2. Prometheus データ ソースを Grafana に作成します。
    詳細な手順については、Prometheus のドキュメントをご参照ください。

  3. [Create (+)] > [Import] の順に選択します。

  4. リポジトリで提供されている JSON サンプルを [Import via panel json] フィールドに貼り付けます。[Unique identifier] を必ず更新してください (同じ ID のダッシュボードが既にある場合にのみ必要)。

  5. [Load] を選択します。

さまざまなプラグインの応答時間を示す Grafana のダッシュボードの例を次に示します。 

最終更新日 2023 年 5 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.