データベース設定

このドキュメントでは、Confluence の外部データベースへの接続に関する情報を記載しています。

外部データベースの選定

注意: データベースの選定は慎重に行ってください。Confluence に組み込みの XML バックアップ機能は、大規模なデータセットの移行やバックアップには適していません。将来の移行が予定されている場合、サードパーティー製の移行ツールが必要となる可能性があります。

外部データベースの選定と移行の詳細情報は以下のドキュメントをご覧ください:

組み込み H2 データベースについて 

組み込み H2 データベースは、非クラスタ (シングルノード) Confluence Data Center インストールでのテストおよびアプリ開発目的でのみサポートされます

組み込みデータベースを使用しているかどうかを調べるには、 > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] に進みます。

データベースのセットアップ

データベースのセットアップ方法については、以下を参照してください。

データベース ドライバ

サポート対象のデータベース ドライバを使用する必要があります。サポート対象のドライバの一覧については、「データベース JDBC ドライバ」を参照してください。 

サポートされていないドライバやカスタム JDBC ドライバ (または JINDI データソース接続で、サポートされていないドライバやカスタム ドライバの driverClassName) を使用しようとすると、共同編集が失敗します。 

データベース接続方法

Confluence は JDBC URL を使用してデータベースに接続します。これは推奨される接続方法であるため、Confluence セットアップ ウィザードでは既定でこの接続が確立されます (これは表示されません)。

JNDI データソースを使用したい場合、Confluence をセットアップする前に必要な手順を「データソース接続の設定」で確認してください。セットアップ ウィザードは Tomcat 構成内のデータソースを検出した場合にのみ、データソースを使用するオプションのみを提供します。 

データベースのトラブルシューティング

データベース関連の問題については、「データベースのトラブルシューティング」を参照してください。 

さらにサポートが必要な場合は、「問題のトラブルシューティングおよび技術サポートの依頼」を参照してください。

最終更新日 2023 年 5 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.