Office Excel マクロ

マクロ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Office Excel マクロをページに追加すると、Excel スプレッドシートのコンテンツを表示できます。

これは、財務情報やデータの計画など、Confluence の基本的な表が提供する機能よりも高度な機能が必要な場合に適しています。 

このマクロは単にプレビューを表示するのではなく、ページにスプレッドシートを埋め込みます。ページを表示するユーザーは、Excel をインストールしていなくても、スプレッドシートを表示できます。 

このページの内容

スクリーンショット: Excel スプレッドシートを表示する Office Excel マクロを含むページ。


ページにスプレッドシートを追加する方法は、ほかにもあります。

  • ファイルをページに直接挿入します。シートの PDF サムネイルが表示されます。これは単純なスプレッドシートであれば問題ありませんが、複雑なファイルや複数のシートがあるファイルには適していない可能性があります。
  • ウィジェット コネクタ マクロを使用して Google スプレッドシートを埋め込みます。

このマクロをページに追加する

Office Excel マクロをページに追加するには、次の手順を実行します。

  1. Excel ファイルをページにアップロードしてから、ページを公開します。手順については「ファイルのアップロード」をご覧ください。 
  2. エディタのツールバーで、[挿入] > [その他のマクロ] を選択します。
  3. [Confluence コンテンツ] カテゴリから [Office Excel] を選択します。
  4. 表示する添付ファイルを選択します。 
  5. [挿入] をクリックします。 

その後、ページを公開するとマクロの動作を確認できます。 

スクリーンショット: マクロ ブラウザでの Office Excel マクロの設定。 

添付されたファイルの編集

Excel をインストールしている場合は、添付ファイルを編集して、そのファイルを Confluence に自動的に再アップロードすることができます。 

この方法の詳細については、「ファイルの編集」をご覧ください。 

マクロ パラメーターを変更する

マクロ パラメーターは、マクロの動作を変えるために使用します。

マクロ パラメーターを変更するには、次の手順を実行します。

  1. エディタでマクロのプレースホルダーをクリックし、[編集] を選択します。
  2. 必要に応じてパラメーターを更新し、[挿入] を選択します。

このマクロで使用できるパラメーターの一覧は、次のとおりです。 

パラメーター

既定

説明

ページ名

マクロを含むページ

別の Confluence ページに添付されているドキュメントを表示するには、ページ名を入力します。


ファイル名

なし

表示する Office または PDF ドキュメントのファイル名。ドキュメントは、Confluence サイトのページに添付する必要があります。

ファイルが表示されない場合、ページを公開してからエディタに戻ってもう一度試してください。

グリッドの表示

true

Excel スプレッドシートの各セルの周りにグリッド線を表示する場合は選択します。これらのグリッド線を非表示にする場合はクリアします。

ワークシート名

スプレッドシート内で最後に閲覧したワークシート

表示するワークシートの名前。

最後の行

コンテンツの最後の行

表示する最後の行の番号 (最初の行として '0' から始まる)。

最後の列

コンテンツの最後の列

表示する最後の列の番号 (最初の列として '0' から始まる)。

スプレッドシートのサイズの縮小に関するヒント:最後の列および最後の行パラメーターを使用して、Wiki ページに表示されるスプレッドシートのサイズを縮小します。これは特に、ディスプレイに空白のセルが表示されるのを防ぐ場合に便利です。また、’メモリ不足' エラーの回避にも役立ちます。

Confluence の保存形式または wiki マークアップで使用されるパラメーター名がマクロ ブラウザで使用されるラベルと異なる場合、以下の一覧に括弧付きで表示されます (example)。

制限事項

Office ファイルは、現在のページまたは別の Confluence ページに添付する必要があります。このマクロでは、Office 365 に存在するファイルは表示できません。Office 365 を使用している場合、ファイルをマクロで表示するには、ファイルをダウンロードしてから Confluence にアップロードする必要があります。または、Office 365 ファイルへのリンクを作成します。 

アップロードしたファイルがマクロ ブラウザの [ファイル名] メニューに表示されない場合、ページを公開してから [編集] を選択してエディタに戻る必要があります。 

このマクロを追加するその他の方法

手入力でこのマクロを追加する

{」と入力してからマクロ名の入力を開始すると、マクロの一覧が表示されます。

Wiki マークアップを使用してこのマクロを追加する

これは、エディタ外部 (スペースのサイドバー、ヘッダー、フッターのカスタム コンテンツなど) でマクロを追加する場合に便利です。

マクロ名: viewxls

マクロ本文: なし。

{viewxls:col=5|page=Docs|name=My document.xls|grid=false|sheet=mysheet|row=5}
最終更新日 2020 年 8 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.