データ バックアップ用のコンテンツ アノニマイザー

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Atlassian may request a copy of the entities.xml file from your exported zip file (backup file), in order to diagnose database corruption or to troubleshoot a bug in Confluence.

機密データが含まれる場合、entities.xml ファイルに対してアノニマイザー プログラムを実行し、全ての個人データを削除してエクスポート構造のみを残すことができます。

用途

バックアップ ファイルでコンテンツ アノニマイザーを実行する方法:

  1. このページに添付されているアノニマイザーの JARをダウンロードします。
  2. zip 化されたバックアップ ファイルから entities.xml ファイルを JAR と同じディレクトリに展開します。
  3. コマンド プロンプトを使用し、3つのファイルがあるディレクトリに移動します。
  4. cleaned.xml を作成するには、以下のコマンドを実行します。

    java -jar confluence-export-cleaner-1.1-jar-with-dependencies.jar entities.xml cleaned.xml
    
  5. 元の entities.xml ファイルを別の場所に移動し、cleaned.xml の名前を entities.xml に変更します。

  6. exportDescriptor.properties を持つ新しい entities.xml を再度 zip 化し、アトラシアン サポートが、XML バックアップのエクスポート元の Confluence バージョンを確認できるようにします。

動作の仕組み

The Content Anonymizer replaces all text content in file entities.xml with 'x' characters. For example, the word "Atlassian" will be transformed to "xxxxxxxxx". The resulting cleaned.xml file is expected to have the same size as the original file.

コンテンツ アノニマイザーのこのリリースでは、STX(高速で効率的な XML 変換技術)を使用します。バックアップが大きくても、実行時に大量のメモリを必要としません。

Last modified on Mar 22, 2022

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.