孤立したページ

孤立ページとは、貼られたリンクが無く、いわゆる「スペースのルート」に置かれた状態のページです。つまり、スペースのホームページの横に存在しています。ページの存在を知らない限り、ナビゲーションの自然の流れからは見つけられません。

時には、スペースのルートにページを置いておく、合理的な理由もあります。例えば、実質的にナビゲーションから隠す必要がある場合などです。ですが、孤立ページを作りたくない場合は、すべての孤立ページはスペース内で簡単に閲覧できるので、ページを削除するなり、再度整理して孤立ページを処理できます。

スペース内で孤立ページを見るには:

  1. スペースに移動して、サイドバーの下部から、スペース ツール > コンテンツ ツールを選択します。
  2. 孤立ページを選択します。

孤立ページビューでは、以下の操作を行えます:

  • ページ名の横にある「ごみ箱」アイコンを選択して、孤立ページを削除する。
  • ページ名の横にある「鉛筆」アイコンを選択して、編集する。
  • 孤立ページに親ページをあてがう — ページの移動と並べ替えを参照してください。

スクリーンショット:孤立ページの管理


最終更新日 2017 年 11 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.