下書き

下書きは、公開しないページです。未公開の変更は、公開されたページに加えた編集で、再公開されていないものです。 

Confluenceでは作業中に下書きや未公開の変更を自動保存します。中断されたり、タブを閉じたり、移動したりしても、準備ができたら編集を再開することができます。

作成や編集はしても、まだ変更を公開したくない場合は、エディターの右下にある閉じるをクリックします。これにより、エディター内での変更は公開されずに保存され、いつでも戻ってくることができます。エディターを閉じると、ページの公開されたバージョンに戻ります。または、下書きで作業している場合は、最近作業したファイル リストに戻ります。 

このページの内容:

下書きと未公開の変更を検索する

未公開の変更がある下書きやページはダッシュボードの最近作業したファイルに表示されます。タイトルの隣に「下書き」または「未公開の変更」を示す菱形が表示されるため、これらを簡単に見分けることができます。「未公開の変更」を示す菱形は、下書きまたは未公開の変更を行ったユーザーにのみ表示されるため、他のビューアーを混乱させる心配はありません。

下書きの編集の再開

下書きは最近作業したファイルから、またはプロファイルで下書きをクリックして見つけることができます (プロファイルにはユーザーが作成した下書きのみ表示されます)。下書きをクリックすると直接エディターが開き、編集を続けたり、公開したりすることができます。

ページタイトルを入力しなかった場合、その下書きには '無題' という名前が付けられます。

未公開の変更が含まれるページの編集を再開する

既に公開されたページを編集する場合、ページ ツリーまたは最近作業したファイルの下からそのページを見つけることができます。「未公開の変更」を示す菱形があるので、簡単に見つかります。  

ページを編集すると未公開の変更が表示されます。編集を続行して完了したら公開をクリックします。

未公開の変更を破棄する

公開済みページを変更したあとに、ページの最後に公開されたバージョンへ戻すことですべての変更を破棄できます。これにより、最後の公開後にページを編集した、すべてのユーザーの未公開の変更がすべて破棄されます。  

最後に公開されたバージョンに戻す前に、次のことを行う必要があります。

  • 最後の公開以降にページを編集した他のユーザーを確認します。彼らのアバターは、エディターの一番上に表示されます。 
  • エディターで、 > [変更を表示] へ移動し、最後の公開以降に行われたすべての変更を確認します。変更は個々のユーザーには属しません。 

ほかのユーザーの変更を誤って破棄する可能性がないことを確認したら、 > [最後に公開されたバージョンに戻す] へ移動してすべての変更を破棄します。 

下書きを削除する

下書きを削除するには、 > [未公開のページを削除する] へ移動します。 

下書きは公開されたことがないため、ページまたはブログ投稿記事全体が削除されます。破棄された下書きはゴミ箱には送られません。 

Confluence の下書きは共有されます。つまり、他のメンバーも下書きで作業をすることができます。他の人が作業中の下書きを削除すると、彼らの変更内容も削除してしまうことになります。


最終更新日 2018 年 6 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.