接続されたアプリの管理

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

robotsnoindex

robotsnoindex

現在、このページのコンテンツに影響を与える変更をロール アウト中です。admin.atlassian.com の組織で、[ユーザー] リストと [グループ] リストが [ディレクトリ] タブにある場合は、ユーザー管理エクスペリエンスが改善されています。改善されたエクスペリエンスの変更点について以下で説明します。



クラウド管理者として、接続されたアプリ画面で、3-Legged OAuth (3 LO) を使用してサイト上のコンテンツへのアクセスをユーザーが許可したアプリを管理できます。これには、VS コードの Atlassian 拡張などの OAuth 2.0 (3LO) を使用して、Jira および Confluence 用の Forge アプリまたはサードパーティ アプリを含めることができます。

ユーザーによるアプリ アクセスの無効化

クラウド管理者として、接続されたアプリに対するユーザーの権限を削除できます。これは、アプリが変更され、ユーザーが不要になった権限を持っている場合に便利です。

接続されたアプリからユーザーを無効化するには、次の操作を実行します。

  1. admin.atlassian.com に移動し、アプリが接続されているサイトを選択します。

  2. ページの左側から [接続されたアプリ] を選択します。

    改善されたユーザー エクスペリエンスを使用している場合は、これとは異なる方法で接続済みアプリに接続します。

    1. admin.atlassian.com で、ご利用の組織から、[製品] > [サイトと製品] に移動し、アプリが接続されているサイトを選択します。

    2. [サイト設定] から [接続されたアプリ] を選択します。

  3. アプリの [Manage authorization (認証の管理)] を選択します

  4. 削除するユーザーを見つけます。アプリのユーザー数が多い場合は検索フィルター ボックスを使用します。

  5. ユーザーの許可を無効化するには、[Revoke (無効化)] を選択します

接続されたアプリは、無効化されたユーザーとしてサイトにアクセスできなくなります。

なお、ユーザーは、自分の接続されたアプリの画面を使用して、いつでもアプリ権限を無効化できます。

アプリをアンインストールする

クラウド管理者は、単一のユーザーを管理する以外に、Atlassian サイトからアプリをアンインストールできます。このプロセスにより、アプリへのすべてのユーザー アクセス権が削除されます。アプリをサイトからアンインストールする前に、ユーザーに警告する必要があります。

接続されたアプリをサイトからアンインストールするには、次の操作を実行します。

  1. admin.atlassian.com に移動し、アプリが接続されているサイトを選択します。

  2. ページの左側から [接続されたアプリ] を選択します。

    改善されたユーザー エクスペリエンスを使用している場合は、これとは異なる方法で接続済みアプリに接続します。

    1. admin.atlassian.com で、ご利用の組織から、[製品] > [サイトと製品] に移動し、アプリが接続されているサイトを選択します。

    2. [サイト設定] から [接続されたアプリ] を選択します。

  3. アプリの [Manage authorization (認証の管理)] を選択します

  4. [アンインストール] 選択します。

Forge アプリの場合、[アンインストール] ボタンを押すと、すべてのユーザーおよびシステム ユーザーの権限が無効化されます。

Atlassian for VS Code などの OAuth 2.0 (3LO) アプリの場合、[アンインストール] ボタンを押すと、すべてのユーザーが無効化されます。

アプリをアンインストールするには、接続されているすべてのユーザーを先に削除する必要があります。ユーザー数が多い場合は作業に時間がかかるので、処理は自動化されています。接続されたアプリの画面から進捗状況を監視できます。すべてのユーザーが削除されると、アプリがアンインストールされます。

アプリをトラブルシューティングする

インストール済みのアプリで問題が発生した場合、アプリ ベンダーは問題を修正するためにアプリ ログにアクセスする必要があることがあります。ログを手動でダウンロードして送信するよりも迅速に問題を解決できるように、アプリ ベンダーにログへの継続的なアクセスを許可することをお勧めします。ただし、ログの内容を確認する必要がある場合は、アクセスを許可する前にログをダウンロードして確認できます。

ログへの継続的なアクセスを有効にする

  1. admin.atlassian.com に移動し、アプリが接続されているサイトを選択します。
  2. ページの左側から [接続されたアプリ] を選択します。

  3. ログを有効にするアプリの横にある [•••] を選択します。

  4. [アプリの詳細を表示] を選択します。

    次のような画面が表示され、アプリの詳細、サイトのログへのアクセスを有効/無効にするためのコントロールを確認できます。


  5. [アプリ ログを共有] に移動します。
  6. ログへのアクセスを有効にすると行える操作に関する説明を確認します
  7. [ログへのアクセスを有効にする] を選択します。
  8. ログの共有によってベンダーに公開される内容の詳細を示すモーダルが表示されます。[有効化] を選択します。

    ベンダーにログへのアクセスを許可すると、それ以前に共有がアクティブでなかった場合でも最大 60 日前までのログへのアクセスが可能になります。ログへのアクセスを無効にすると、サイト内で作成されたログは非公開になります。

    ログへのアクセスはいつでも無効にできます。

ログをダウンロードする

  1. admin.atlassian.com に移動し、アプリが接続されているサイトを選択します。
  2. ページの左側から [接続されたアプリ] を選択します。
  3. ログをダウンロードするアプリの横にある [•••] を選択します。
  4. [ログをダウンロード] を選択します。

    次のようなモーダルが表示されて、ダウンロード対象のログのプレビューを確認できます。

  5. 必要に応じて、日付ピッカーを使用して日付範囲 > [適用] の順に選択します。日付ピッカーの日付は現地時間、ログの日付は世界協定時刻 (UTC) であることにご注意ください。

  6. [ダウンロード] を選択します。

  7. ダウンロードしたログ ファイルをアプリ ベンダーに送信します。ログに個人データや機密データが含まれている心配がある場合は、送信前にファイルをいつでも確認できます。




最終更新日: 2022 年 2 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.