Bitbucket Server の起動中に java: not found が表示される

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プラットフォームについて: Server と Data Center のみ - この記事は、サーバーおよびデータセンター プラットフォームのアトラシアン製品にのみ適用されます。

Bitbucket Server 5.x 以降、BITBUCKET_INSTALL ディレクトリにログは記録されません。catalina.out のコンテンツは BITBUCKET_HOME/log/atlassian-bitbucket.log ファイルに記録されます。

問題

Bitbucket Server の起動に失敗し、catalina.out: に次のログが記録される。

./catalina.sh: 1: eval: /usr/lib/jvm/java-8-oracle/jre/bin/java/bin/java: not found

原因

原因 #1 - Java が未インストール

Bitbucket Server をホストするサーバーに Java がインストールされていないか、JAVA_HOME 環境変数が適切なロケーションに設定されていない。

原因 #2 - JAVA_HOME のロケーションが不適切

Bitbucket Server が自動インストーラーでインストールされた場合、JAVA_HOME 変数として期待される値を含むファイルが作成されます。このファイルは Bitbucket Server の JAVA_HOME 変数の設定に必要で、環境変数が設定されていない場合にファイルの JAVA_HOME 変数を使用します。

JAVA_HOME のロケーションが変更されている場合があります。現在のバージョンに応じ、この変数は次のファイルで見つけることができます。

  • 5.0.0 以降: JAVA_HOME 変数は JRE_HOME に変更され、<Bitbucket Server installation directory>/bin/set-jre-home.sh ファイルで設定されます。
  • 4.9.0 ~ 5.0.0: JAVA_HOME 変数は <Bitbucket Server installation directory>/bin/set-java-home.sh ファイルで設定されます
  • 3.8.0 ~ 4.9.0: JAVA_HOME 変数は <Bitbucket Server installation directory>/bin/setenv.sh ファイルで設定されます
  • ~ 3.8.0: JAVA_HOME 変数は <Bitbucket Server installation directory>/bin/setenv.sh ファイルで設定されます

ソリューション

ソリューション #1 - Java が未インストール

Bitbucket Server をアーカイブ ファイルからインストールする」ページの「Java バージョンを確認する」段落の手順に従い、Bitbucket Server をホストするサーバーに Java がインストールされていることと、JAVA_HOME 環境変数が適切なロケーションに設定されていることを確認します。

ソリューション #2 - JAVA_HOME のロケーションが不適切

インストール済みのバージョンに応じ、JAVA_HOME 環境変数を更新するか適切なファイルを更新し、新しい Java ロケーションを反映します。JAVA_HOME は bin/java を含みます。パスのこの部分は自動的に検出されます。

最終更新日 2017 年 5 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.