Change atlassian.recovery.password when installed as a Windows service

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

When Bitbucket Server is installed as a Windows service, the Bitbucket home directory location the setenv.bat is not used. This page outlines how to change this parameter when starting/stopping Bitbucket Server as a Windows service.

Windows サービスでの BITBUCKET_HOME の変更方法

  • Bitbucket Server サービスを停止します。
  • Start >> Run >> type in 'cmd' >> Enter でコマンド ウィンドウを開きます。
  • cd で Bitbucket Server の bin ディレクトリに移動します。(<Bitbucket Server Installation dir>/bin
  • 以下を実行します。

    tomcat8w //ES//AtlassianBitbucket Server
  • A window will pop up. Click on the Java tab to see the list of current start-up options. Under "Java Options:" form, input the value:

    -Datlassian.recovery.password=temporarypassword
  • Restart Bitbucket Server Service. From here the service will use the parameter as defined above.

最終更新日: 2016 年 2 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.