リポジトリをクローンしてファイルをローカルで管理する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. Set up Sourcetree
  2. Create a personal repository for the tutorial
  3. リポジトリをクローンしてファイルをローカルで管理する
  4. Commit and push changes

このステップでは、個人リポジトリをローカル コンピューターにクローンします。リポジトリをローカルにクローンすると、オンライン リポジトリと常に同期されるファイル ディレクトリがコンピューター上に作成されます。 

クローンについて...

実際に使用しているソース ファイルへの変更を行うと、ご利用の Web サイトがユーザー エラーに対して脆弱になります。代わりに、ソース ファイルのクローンをローカルに作成して自身のコンピューターで変更を加え、そこで、変更によってプロセスが破壊されないことを最初にテストできます。問題がないことを確認したら、変更を実際に使用しているソース ファイル (通常は master ブランチ) にプッシュできます。そこから、他のユーザーは変更を自身のローカル コピーに取り込み、Web サイトのファイルを更新できます。

  1. Sourcetree (またはコマンド ライン) を使用して個人リポジトリをクローンします。
    1. サイド ナビゲーションで [クローン] をクリックしてから、[Sourcetree のクローン] を選択し、Web サイトのファイルを保存するためのローカル ディレクトリを作成します。

      これにより、Sourcetree で [新規クローン] ダイアログが開きます。
    2. Sourcetree 内で、個人リポジトリに適切な宛先を選択してから、[クローン] をクリックします。
      Sourcetree の空のディレクトリが開き、ローカル コンピューターに website という名前の空のディレクトリが作成されました。
  2. Download the source files and unzip them into the empty directory you just created.
  3. Sourcetree (またはコマンド ライン) を使用して個人リポジトリにファイルを追加します。
    1. [ステージ化されていないファイル] という名前のボックスを選択して、前の手順で追加したファイルを選択します。

      ファイルは、[ステージ化されたファイル] ペインに表示されます。
    2. [コミット] をクリックし、コメント ボックスにメッセージを追加して、[origin/master にすぐに変更をプッシュする] ボックスを選択します。
       
    3. 個人リポジトリに移動し、ファイルが追加されたことを検証します。

次のステップ

コマンド ラインから実行する

  1. コマンド ラインから個人リポジトリをクローンします。また、空のディレクトリから直接コマンドをコピーすることもできます。[ディレクトリでの作業] を確認します。
    ターミナル ウィンドウで、これらのコマンドを実行します。

    cd ~
    git clone http://<username>@<Bitbucket Server URL>/scm/<project key>/website.git
    クリックしてコマンドの説明を確認...
    cd ~
    ディレクトリをホーム ディレクトリに変更 
    git clone
    リポジトリのコンテンツをコピーするコマンド
    <username>
    インスタンスへのログインに使用するユーザー名
    <Bitbucket Server URL>
    Bitbucket Server インスタンスの URL
    <プロジェクト キー>
    個人リポジトリの所属先のプロジェクト キー
    website.git
    個人リポジトリの名前

    これにより、TISwebsite という名前の空の Git リポジトリが作成されます。

  2. Add the files to your personal repository from the command line.
    From a terminal window

    cd existing-project
    git init
    git add --all
    git commit -m "Initial Commit"
    git remote add origin http://<Bitbucket Server URL>/scm/tis/website.git
    git push -u origin master
    クリックしてコマンドの説明を確認...
    cd existing-project
    ファイルを展開したディレクトリに変更 
    git init
    Git リポジトリを初期化
    git add --all
    ファイルをリポジトリに追加
    git commit -m "Initial Commit"
    コミットにコメントを追加
    git remote add origin <url>
    git push -u origin master
    リモート リポジトリを追加し、ファイルを master ブランチにプッシュ

    次のステップ

最終更新日 2021 年 7 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.