Pipelines のテスト レポート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

We've made it easier to quickly identify failed tests in your build. Test reporting will be automatically enabled in your pipeline when it detects xUnit/JUnit compatible test results which include a fail.

テスト レポートの仕組み

If your build step generates test results, pipelines will automatically detect and show any failures in the web interface. This works with most XML xUnit-compatible test reports (but does not include xUnit.net), regardless of the language they are written in. 

リポジトリの読み取りアクセス権を持つすべてのユーザーが、パイプラインのログ パネルでテスト結果を確認できます。テストの失敗結果が見つかった場合、ログ ビューには失敗したテストがハイライトで示され、失敗理由と、存在する場合はスタックトレースが表示されます。[ビルド] タブから完全なログ ビューを参照することもできます。

注: [テスト] タブは、レビューが必要な、失敗したテストがある場合にのみ表示されます。

テスト ログ ビューのスクリーンショット

テスト レポートを構成する

テスト レポートを有効化するには、ビルド テストのレポートが、次のいずれかのサポート対象の既定ロケーション (ディレクトリの階層は 3 レベル) に生成されることを確認します。

./**/surefire-reports/**/*.xml
./**/failsafe-reports/**/*.xml
./**/test-results/**/*.xml
./**/test-reports/**/*.xml


The test report file scanner will begin searching from the base directory of your build: /opt/atlassian/pipelines/agent/build

テスト ランナーを構成する

Maven Surefire / Failsafe プラグイン

Maven でビルドしたジョブで、Maven Surfire プラグインまたは Maven Failsafe プラグインを使用している場合、特別な構成は不要です。Maven のユニットまたはインテグレーション テストの終了条件が満たされると、レポートが自動的に生成されます。

Gradle

Grade ビルドの場合、xUnit との互換性を持つ XML 形式のテスト レポートが自動的に生成されます。Gradle はテスト結果を既定ロケーションの 1 つに既定で生成するため、特別な構成は不要です。

PHPUnit

For PHPUnit test reports, you should explicitly specify the --log-junit parameter to generate the test reports output to a particular location.

bitbucket-pipelines.yml
image: php:7.1.1
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - apt-get update && apt-get install -y unzip
          - curl -sS https://getcomposer.org/installer | php -- --install-dir=/usr/local/bin --filename=composer
          - composer require phpunit/phpunit
          - vendor/bin/phpunit --log-junit ./test-reports/junit.xml

Node.js 用 Mocha

Mocha テスト フレームワークの場合、mocha-junit-reporter を使用して、テスト レポートの生成先となる出力ファイルを構成できます。 

bitbucket-pipelines.yml
image: node:6
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - npm install mocha mocha-junit-reporter --save-dev
          - mocha test --reporter mocha-junit-reporter --reporter-options mochaFile=./test-reports/junit.xml

Python の Unittest

For Python Unittest framework you can use the unittest-xml-reporting module when configuring the tests, adding the XMLTestRunner in your test configuration.

test.py
import unittest
import xmlrunner

class TestExample(unittest.TestCase):
    def testIsTrue(self):
        self.assertTrue(True)

if __name__ == '__main__':
    unittest.main(testRunner=xmlrunner.XMLTestRunner(output='test-reports'))

その他のテスト ランナー

その他のテスト ランナーの場合、xUnit との互換性を持つ XML 形式のテスト結果が、既定のサポート対象のロケーションのいずれかに、ビルドの一部として生成されることを確認します。



最終更新日: 2018 年 12 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.