エラスティック イメージ設定の管理

エラスティック イメージとは、Elastic Bamboo 機能で使用するために Amazon のデータセンターの 1 つに保存されている Amazon Machine Image (AMI) です。エラスティック イメージを使用して、エラスティック インスタンスを作成してからエラスティック エージェントを作成します。概念的にエラスティック イメージはコンピューターのブート ハード ドライブで実行されるオペレーティング システムに相当し、エラスティック インスタンスはこのオペレーティング システムの上で実行されるソフトウェアです。

Amazon Web Services (AWS) に登録されたエラスティック イメージのそれぞれに、AMI ID と呼ばれる独自の識別子があります。

1 つの Bamboo Server に複数のエラスティック イメージを関連付けられます。1 つの規定の共有イメージがアトラシアンによって AWS で管理されており、すべての Elastic Bamboo ユーザーが利用できます。

独自のカスタム エラスティック イメージを作成することもできます。

このページの内容

カスタム エラスティック イメージを Bamboo と関連付ける

カスタム エラスティック イメージを Bamboo インストールに関連付けると、既定のイメージから継承された機能とは異なる機能でエラスティック インスタンスを起動できます。たとえば、Ubuntu オペレーティング システムをベースにしたエラスティック イメージを Bamboo インストールに関連付けると、そのイメージから起動されたインスタンスで Ubuntu 関連のテストを実行できるようになります。

カスタム エラスティック イメージを Bamboo に関連付けると、エラスティック イメージについての設定はエラスティック イメージ設定として保存されます。

カスタム イメージを Bamboo に関連付けるには

  1. From the top navigation bar select cogwheel icon > Elastic Bamboo Image configurations.
  2. In the panel under Create elastic image configuration enter the details of your custom elastic image:

    Name
    The name of your custom elastic image. If you created your own custom image, you should have named it in step 6 of the Creating a custom elastic image instructions. You can also view the image name via the AWS console.

    Description
    A description for your image, which is used in Bamboo only.

    AMI ID
    The AMI ID obtained as an output from step 6 of the Creating a custom elastic image instructions. You can also view the AMI IDs of elastic images via the AWS console.

    Automatically attach an Amazon Elastic Block Store (EBS) volume to new elastic instances
    Select this option if you want the elastic instances started from this image to use the EBS. Read more about Configuring elastic instances to use the EBS.
    EBS Snapshot ID — Specify the EBS Snapshot ID of the EBS volume that you wish to attach to new instances.

    Instance type
    The instance type for new instances started from this image. Amazon offers a number of instance types that provide different computing capacity. Read more about Amazon EC2 instance types.

    Virtual Private Cloud Subnet
    The Subnet of the Virtual Private Cloud where your Elastic Bamboo agent will start up. Select multiple subnets from the list to enable Bamboo to automatically switch between Availability Zones when starting agents. This reduces the chance of a build failing because of a lack of available resources in a particular zone. For more about VPC, see the Amazon VPC FAQ.

    Availability zone
    The availability zone used to start your new instances from this image in (e.g. if you wish to use Elastic Bamboo with reserved instances). We recommend that you select "Default (chosen by EC2)" to allow Amazon to select the best zone for your instance. Read more about Amazon EC2 availability zones.

    Product
    The EC2 product name.

カスタム エージェント機能を備えたエラスティック イメージの作成

すでに Bamboo に関連付けられているエラスティック イメージのエージェント機能をカスタマイズできます。最初のプロセスは、カスタム エラスティック イメージを Bamboo (上記) に関連付けるプロセスと似ています。ただし、ここでは Bamboo にすでに関連付けられているイメージの AMI ID を使用します。それが最も一般的な既定のイメージです。

カスタマイズされたエージェント機能を備えたエラスティック イメージを作成するには

  1. From the top navigation bar select cogwheel icon > Elastic Bamboo Image configurations.
  2. Select the name, or View, for the image that you want to view.
  3. Enter the details of your custom elastic image. See the section above for details.
  4. これで、既存のエラスティック イメージに基づいた新しいエラスティック イメージ設定ができました。エラスティック エージェント機能の設定の手順に従って、このエラスティック イメージのエージェント機能をカスタマイズします。
最終更新日 2021 年 8 月 10 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.