範囲と依存関係を使用する

このページでは、Advanced Roadmaps のライブ プランの使い方について説明します。デザインが変更されたプラン インターフェイスを使用している場合は、こちらのページをご覧ください。

スコープの詳細ビューでは、各課題の詳細を表示したり、課題にスケジューリングの依存関係を追加したりできます。

各課題について、スコープの詳細ビューに次の情報が表示されます:

フィールド説明
親課題を表示します
説明課題の説明
依存関係課題の関係と依存関係
一番早い開始日スケジュール可能なもっとも早い日付を定義します。
Scheduled startスケジュール計算によって作成された開始日
Scheduled endスケジュール計算によって生成された終了日


スコープの詳細ビューで課題の詳細を表示する方法

  1. プランで、[スコープ] タブをクリックしてスコープ テーブルを表示します。
  2. スコープ テーブルで、課題をクリックします。詳細ビューが表示されます。


課題にスケジュール依存関係を追加する方法

開始する前に、Jira インスタンスで課題のリンク権限を持っていることを確認します。 

  1. プランで、[スコープ] タブをクリックしてスコープ テーブルを表示します。
  2. スコープ テーブルで、スケジュールの依存関係を追加したい課題をクリックします。
  3. [+ 依存関係を追加] をクリックしてから、課題間の関係を指定します。
  4. [依存関係を追加] を選択します。
  5. 変更を Jira Software インスタンスにコミットして戻します。


"既存の旅行の一覧" と呼ばれる課題があるとします。この課題は、フロントエンド フレームワークとバックエンド フレームワークの両方に依存します。この場合、フロントエンド フレームワークの作業既存の旅行の一覧の実装前に行われるよう、依存関係を追加する必要があります。

  1. プランで、[スコープ] タブをクリックしてスコープ テーブルを表示します。
  2. List existing trips 課題をクリックします。
  3. 2 つの依存関係を次のように課題に追加します。

    これにより、"List exisiting trips" 課題は "frontend framework" と "backend framework" の 2 つの課題のあとにスケジュールされます。
  4. 変更を Jira Software インスタンスにコミットして戻します。
最終更新日 2020 年 4 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.