課題のグループ化

課題は個別のスイムレーンにグループ化できます。これにより、割り当てられたスイムレーンで一連の作業を素早く確認できます。課題が担当者別にグループ分けされたプランの例

次のグループ オプションを利用できます。

課題の作成

課題をグループ化すると、スコープ セクションの上部から課題を作成できなくなります。対応するグループから直接新しい課題を作成する必要があります。

以下の例では、課題が担当者別にグループ分けされています。担当者 Cassie Owens のスイムレーンでは、子課題または兄弟課題 (同じ階層レベルの課題) の作成を選択できます。選択したあとは、課題の作成に進み、必要な詳細情報を指定できます。

  • Cassie Owens 担当者グループでこの課題を作成したため、新しい課題の担当者は自動的に Cassie Owens になります。これは、チームやプロジェクトごとにグループ化された課題を作成する場合にも当てはまります。
  • 子課題を作成している場合は、新しく作成された子課題を表示するには親課題を展開する必要があることがあります。
最終更新日: 2021 年 2 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.