ワークフロープロパティ設定

Jira のワークフロー プロパティでは、ワークフローの特定のステップやトランジションに対する制限を設定できます。これによって、課題ビューをワークフローの課題ステータスに応じて変更できます。

このドキュメントでは、以下について学びます。

一括操作などの一部のデータや操作が破損しないことを保証できないため、利用可能なすべてのワークフロー プロパティを使用することはお勧めしません。

ワークフローでプロパティを設定する方法の詳細は、ワークフローで作業する」をご参照ください。

Jira ワークフロー プロパティ

次の表は、ワークフローのトランジションまたはステップで使用できるワークフロー プロパティを示しています。技術的な詳細はJira API ドキュメント - JiraWorkflow 定数値」をご確認ください。

Jira ワークフロー プロパティの名前は jira というプレフィックスで始まります。インスタンスにサードパーティのアプリがインストールされている場合は、カスタム プロパティが導入されることがあります。プロパティが jira で始まらない場合、これはサードパーティのプロパティです。詳細はアプリのドキュメントをご参照ください。

名前説明関連する
課題
参考

jira.field.
resolution.
exclude

: 解決状況 id

特定の解決状況を表示するトランジションのプロパティに、コンマ区切りの解決状況 ID を追加します。N/AN/A

jira.field.
resolution.
include

: 解決状況 id

コンマで区切られた解決状況 ID をトランジション プロパティに追加します。JRA-16443N/A

jira.i18n.
submit

: I18n プロパティ キー

画面上のボタンの名前をカスタマイズできるトランジション プロパティ。JRA-16443N/A

jira.i18n.
title

: I18n プロパティ キー

画面上のボタンの説明をカスタマイズできるトランジション プロパティ。この説明は、ボタンにカーソルを合わせると表示されます。JRA-6798N/A

jira.i18n.
description

: I18n プロパティ キー

ワークフロー トランジションの説明をカスタマイズできるトランジション プロパティ。JRA-6798N/A

jira.issue.
editable

: truefalse

課題のフィールド編集とサブタスク作成を制限するステップ プロパティ。N/Aワークフローで作業する

jira.
permission
[.S].X.Y

  • 権限の対象ユーザー、
    グループ、
    またはプロジェクト ロール

  • すべてのユーザーを拒否する場合は
    denied

詳細

X は権限で、Y はターゲットです。

X は次のいずれかです。
browseedittransitionmoveassignableassignresolvedeletelinksetsecuritycomment
attachwork

Y には、denied を使用して
すべてのユーザーを拒否するか、
次のいずれかを使用します。groupuser
assigneereporter
leaduserCFgroupCFprojectrole

.S は、
subtasks を親課題のターゲット サブタスクに適用する場合の
オプションです。

数字を追加して、
同じ XY
倍数を指定できます。

権限を一部のユーザーまたは
すべてのユーザーに制限するステップ プロパティ。

  • テスト ユーザーに課題の編集を
    許可: jira.permission.
    edit.user=test-user

  • 次のグループからのコメントを許可 jupiter and mars: jira.permission.
    comment.group.
    1=jupiterjira.

    permission.
    comment.group.2=mars

  • 全員のファイル アタッチ権限を拒否:
    jira.permission.
    attach.denied=denied

  • カスタム フィールドで指定されたグループにのみ課題の割り当てを許可:
    jira.permission.
    assign.groupCF=
    customfield_
    11000

  • Jira 管理者のみに課題の編集を許可:
    jira.permission.
    edit.group=jira-administrators

JRA-6381

JRA-34621

JRA-35917

WorkflowBased
PermissionManager
クラスの説明 (API ドキュメント)

opsbar-
sequence

: 0 以上の整数値

[課題を表示] ページでの遷移を許可しますN/A高度なワークフロー設定 (トランジションのカスタマイズ)

ユースケース

ワークフロー プロパティの一部を適用できる仕組みのユース ケースをご確認ください。

プロパティユースケースユース ケースの値
jira.field.
resolution.
exclude

特定のステータスに対して特定の解決状況を無効にします。たとえば、あるステータスの重複した解決状況を利用できないようにするためです。

重要な注意事項

名前の代わりに解決状況の ID を使用する必要があります。解決方法 ID を見つける方法は次のとおりです。

  1. 画面右上で [管理] > [課題] の順に選択します。
  2. [課題の属性] で、[解決状況] を選択します。
  3. ID を取得する解決方法の横にある [編集] を選択します。
  4. ? の後にある URL に ID が表示されます。例: 完了の場合は id=10000 です。

除外する解決状況のカンマで区切られた ID のリスト。例: "10000,10001"

プロパティに複数の解決状況を追加する

そのためには、解決状況の ID のリストをカンマで区切って追加する必要があります。

たとえば、1000010001 の ID を含む解決状況を除外する場合は、値 "10000,10001" を設定する必要があります。

jira.field.
resolution.
include
特定のステータスに対して特定の解決状況を有効にします。たとえば、あるステータスの重複した解決状況を利用できるようにするためです。

含める解決状況のカンマで区切られた ID のリスト。例: "10000,10001"

プロパティに複数の解決状況を追加するには、上記の手順をご確認ください。

jira.issue.
editable

課題が特定のステータスにある場合、その課題を編集可能にします。初期設定では、このプロパティが設定されていない場合、課題は常に編集可能です。

true
課題に特定のステータスが付いている場合に編集を無効にします。これは、課題がプロセスの最終段階にあり、完了などの最終ステータスが付いている場合に役立ちます。false
jira.
permission
[.S].X.

このプロパティは次の形式で使用します。jira.permission.
[subtasks.]{permission}.
{user}.{suffix}

重要な注意事項

これらのワークフロー権限は、権限スキームで設定された権限をローカルに制限する場合にのみ使用し、権限を付与する目的では使用しないでください。

たとえば、権限スキームで、コメントの追加権限が 1 つのプロジェクト ロール (開発者など) にのみ付与されている場合、ワークフロー プロパティを使用してこの権限を他のロール (マネージャーなど) に付与することはできません。

マネージャー ロールが権限スキームから除外されている場合、このロールをワークフロー プロパティに追加しても機能しません。

  • subtasks はオプションです。この部分を追加すると、権限は課題のサブタスクに適用されます。追加しない場合、権限は課題自体に適用されます。

  • permission は、権限クラスで指定された短い名前です。

  • user は、付与または拒否された権限の種類です。

  • suffix はオプションです。同じタイプを複数回追加した場合に、プロパティを一意にするために使用します。
    例: jira.permission.edit.
    group.1
    jira.permission.edit.
    group.2
権限で使用できる値

admin, use, sysadmin,
project, browse, create,
edit, scheduleissue, assign, assignable, attach, resolve,
close, comment, delete, work, worklogdeleteall, worklogdeleteown,
worklogeditall,
worklogeditown, link,
sharefilters,
groupsubscriptions, move, setsecurity, pickusers, 
viewversioncontrol,
modifyreporter, viewvotersandwatchers, managewatcherlist,
bulkchange, commenteditall, commenteditown,
commentdeleteall, 
commentdeleteown,
attachdeleteall, attachdeleteown, 
viewworkflowreadonly

ユーザーで使用できる値

group, user, assignee, reporter, lead, userCF, projectrole

jira.
permission.*
.denied

jira.permission.
edit.denied は、
課題に特定のステータスが付いている場合に、
管理者を含むすべてのユーザーの課題編集を
無効にします。

空であることが必須です。
jira.permission.
work.denied
は、
課題に特定のステータスが付いている場合に、
作業ログを無効にします。
これはエピックのステータスを追加するのに
役立ちます。
空であることが必須です。
jira.permission.
attach.denied
は、
特定のステータスが付いている課題に対する
新しい添付を無効にします。
たとえば、課題のステータスが
進行中」の場合にのみ
ユーザーに添付ファイルを追加させたい場合は、
このプロパティをすべてのステータスに追加します。
空であることが必須です。

jira.permission.
comment.denied
は、
課題が特定のステータスの場合にコメントを無効にします。
たとえば、課題が解決した後は
ユーザーにコメントさせたくない場合、
このプロパティを解決状況ステータスに追加できます。

コメントを完全に無効にすると、
トランジション画面では表示できなくなります。

空であることが必須です。

ワークフロー プロパティの設定

ワークフロー ステップまたはトランジション プロパティを追加する方法は次のとおりです。

  1. [管理] > [課題] の順に移動します。

  2. 左側のパネルで [ワークフロー] を選択します。

  3. プロパティを設定するワークフローの場合は [編集] を選択します。

  4. プロパティを追加するステータスまたはトランジションを選択します。

  5. メニューで [プロパティ] を選択します。

  6. プロパティのキーと値を入力するページが表示されます。

  7. [追加] を選択します。



最終更新日: 2022 年 10 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.