プロジェクトの画面、スキーム、およびフィールド

各課題の情報は、その課題に関連付けられているフィールドに保持されています。組織のニーズに合わせて、これらのフィールドを調整できます。下の図は、これらのフィールドが画面やスキームを経由して、課題とどう​​関連しているかを表わしたものです。

A screen is the user's view of an issue, and the screen is mapped to a specific issue operation (such as creating an issue, or editing an issue) via a screen scheme. The screen scheme is then mapped to an issue type via the issue type screen scheme. This configuration is associated with the project, and is applicable to all issues within the project.

フィールド、画面、およびワークフローのマッピングを示す図。

フィールドや画面、スキームのカスタマイズにより、JIRA アプリケーションの機能を最大限に発揮させ、ユーザーの作業を効率的かつ効果的なものにできます。また、課題が更新されたときに、ユーザーに通知する通知スキームの設定が可能です。

本セクションの以下のページは、ニーズに合わせて JIRA を設定し、カスタマイズするのに役立ちます。


カスタムフィールドを追加する

Learn more about how custom fields work, and how you can add them to your issues so you make sure you get the information you need on each issue.


カスタム フィールドの設定

各カスタム フィールドを編集して名前、説明、既定値などを変更する方法については、こちらを参照してください。


フィールドの動作を指定する

Learn more about how you can change how a field behaves, and when it displays, to make sure your users always see and record the information that's most important.


画面の定義

Learn more about how you can change what displays on each screen, and how to associate the screens with issues and issue operations.


通知スキーム

Learn more about how you can create notification schemes that keep your users updated when there are updates on their issues.


カスタム フィールドの最適化

Jira インスタンスで構成の最適化が可能なカスタム フィールドを検索し、それらを改善する方法については、こちらを参照してください。


最終更新日 2022 年 8 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.