Jira アプリケーションのアンインストール (Linux)

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Linux インストーラーを使用してインストールした Jira をアンインストールする方法を説明します。

(info) "無操作モード" で Jira を再インストールしたい場合、インストールした Jira のアンインストールは行わず、「無操作インストール機能の使用」を参照してください。

Linux から Jira をアンインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Linux コンソールを起動します。
  2. ディレクトリを Jira インストール ディレクトリに変更 (cd)します。例:
    cd /opt/atlassian/jira/
  3. uninstall コマンドを実行します。
    (info) このコマンドは、Linux インストーラーを使用して Jira をインストールしたときに使っていたユーザー アカウントで実行する必要があります。
  4. プロンプトに従って、コンピューターから Jira をアンインストールします。

(info) 注意:

    • インストール ディレクトリ内のファイルは (Jira インストール ディレクトリ内にある Tomcat の log フォルダを除いて) すべて削除されます。
    • アンインストーラーは、以下を削除しません。
      • Jira データベース
      • Jira ホーム ディレクトリ
      • Jira 実行中に作成されたすべてのログ ファイル
    • -q オプションを指定すると、無人モードでアンインストーラーを実行できます — すなわち、 uninstall -q です。
最終更新日 2018 年 5 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.