PowerBI で DevOps ダッシュボードをデプロイする

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

データ パイプラインによって、Jira インスタンスからデータをエクスポートして、お気に入りのビジネス インテリジェンス ツールで分析できます。

まず、Tableau で DevOps テンプレートが開発されました。これは、エンジニアリング チームの健全性に関する有用なインサイトを提供します。また、独自のダッシュボードやレポートを作成するための最適な出発点となるはずです。

DevOps ダッシュボードでデータ パイプラインを最大限に活用する方法をご確認ください

このページの内容

このページでは、サンプルの DevOps テンプレートを Microsoft PowerBI にデプロイして、データ ソースに接続する方法について説明します。 

PowerBI 用の DevOps ダッシュボード テンプレートをダウンロードする

データ パイプライン CSV をインポートする

独自のデータでテンプレートを使用する前に、Jira Data Center のデータ パイプラインによってエクスポートされた CSV ファイルを、データベースまたは blob ストレージにインポートする必要があります。

サンプル DevOps テンプレートでは、次のファイルを使用します。

  • issues_job<job_id>_<timestamp>.csv ファイル。
  • issue_history_job<job_id>_<timestamp>.csv ファイル。

このデータをインポートする方法は、保存場所によって異なります。

Azure blob ストレージ

2 つの CSV ファイルをコンテナにアップロードします。

ファイル名を次のように変更する必要があります。

  • issues.csv
  • issue_history.csv

Azure SQL と PostgreSQL

データベースで、次のように issuesissue_history の各テーブルを作成します。

CREATE TABLE issues (
id varchar(50),
instance_url varchar(1000),
"key" varchar(1000),
url varchar(1000),
project_key varchar(1000),
project_name varchar(1000),
project_type varchar(1000),
project_category varchar(1000),
issue_type varchar(1000),
summary varchar(1000),
description varchar(2000),
environment varchar(2000),
creator_id varchar(50),
creator_name varchar(1000),
reporter_id varchar(50),
reporter_name varchar(1000),
assignee_id varchar(50),
assignee_name varchar(1000),
status varchar(1000),
status_category varchar(1000),
priority_sequence varchar(1000),
priority_name varchar(1000),
resolution varchar(1000),
watcher_count varchar(50),
vote_count varchar(50),
created_date varchar(50),
resolution_date varchar(50),
updated_date varchar(50),
due_date varchar(50),
estimate varchar(50),
original_estimate varchar(50),
time_spent varchar(50),
parent_id varchar(50),
security_level varchar(1000),
labels varchar(1000),
components varchar(1000),
affected_versions varchar(1000),
fix_versions varchar(100));

CREATE TABLE issue_history (
issue_id varchar(50),
changelog_id varchar(50),
author_id varchar(50),
author_key varchar(1000),
created_date varchar(50),
field_type varchar(1000),
field varchar(1000),
"from" varchar(1000),
from_string varchar(1000),
"to" varchar(1000),
to_string varchar(1000),
additional_information varchar(2000));

適切な CSV ファイルを各テーブルにインポートします。

SQL の場合は、Microsoft ドキュメントの「CSV から Azure SQL Database または SQL Managed Instance にデータを読み込む (フラット ファイル)」をご参照ください。

PostgreSQL では、いくつかのメソッドを使用できます。推奨されるメソッドについては「CSV ファイルを PostgreSQL テーブルにインポートする」をご確認ください。

テンプレートを起動してデータに接続する

データのインポートが完了したので、PowerBI で .pbix テンプレートを起動してデータ ソースに接続します。

データに接続するには、次の手順に従います。

  1. PowerBI Desktop を開いて、ファイルを起動します。
  2. [データを取得] を選択します。
  3. データ ソースを選択して、プロンプトに従ってデータベースの詳細と資格情報を入力します。
  4. 含める課題と issue_history テーブル、[読み込む] の順に選択します。
  5. [再読み込み] を選択して、ダッシュボード データを更新します。
  6. ダッシュボードにデータが表示されます。

データ ソースの接続または置換の詳細については「Microsoft PowerBI ドキュメント」をご参照ください。

最終更新日 2021 年 8 月 10 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.