ログ スキャナとスケジュールされたログ スキャナ

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ログ アナライザーを使用して選択したログを検索し、アトラシアンのバグ レポートやナレッジベース (KB) 記事に記載されたメッセージに一致するかどうかを確認できます。

ログ スキャナーは正規表現を使用して、ログのエラーをアトラシアンの KB およびバグの情報と比較します。つまり、現在の状況に一致しないバグまたは KB 記事がリンクされる可能性があります。メッセージで一致しないバグ レポートまたはナレッジベース記事がリンクされているように見える場合、アトラシアンのサポート チームにお問い合わせください。

ログ アナライザーの実行

ログ アナライザーでは、正規表現の最新のセットを https://confluence.atlassian.com からダウンロードするために、インターネット接続が必要です。アプリケーションでインターネットへのアクセスが許可されていない場合、この機能を使用することはできません。

ログ アナライザーを実行するには、次の手順を実行します。

  1. [Troubleshooting and Support Tools] で [Log analyzer] タブに移動します。
  2. ログ アナライザーにより、標準のアプリケーション ログ ファイルのスキャンが開始されます。

特定のログをスキャンしたい場合、カスタム ログ ファイルへのパスを指定できます。これは、障害後レビューのためにログ ファイルを抽出済みである場合などに便利です。 

カスタム ロケーションを指定した場合、アプリケーションにファイルへの読み取りアクセスがあることを確認します。アプリケーションがアクセスできるように、ファイルを移動または調整する必要がある場合があります。

ログ スキャナの出力結果の例です。項目が時系列で表示され、アプリケーションが再起動されたタイミングが示されます。 

注: 製品で古いバージョンの Atlassian Troubleshooting and Support Tools を使用している場合、タブやフィールドの名前が少し異なる場合があります。この場合も同様のプロセスをご利用いただけます。 

ログ アナライザーをスケジュールして定期的に実行

ログ アナライザーを定期的に実行するようにスケジュールできます。たとえば、日次または週次で行うように設定して、結果を特定のメール アドレスに送信できます。 

これを行うには、[Periodic Scan] を選択して、開始時間、頻度、およびスキャン結果の送信先となる受信者を指定します。 

トラブルシューティング

Troubleshooting and Support Tools プラグインがインターネットに接続できない場合、正規表現のパターン ファイルをダウンロードすることができず、エラーが生成されるか、スキャンが 0 % で停止します。メタデータの取得には、次の一覧の URL が使用されます。サーバーでこれらを解決可能かどうかをテストできます (例: cURL の使用、Internet Explorer でのオープン)。

修正方法

  1. インターネットへのアクセスにアウトバウンド プロキシが必要な場合、それが「アトラシアン アプリケーション向けにアウトバウンド HTTP または HTTPS プロキシを構成する方法」にしたがって構成されているかどうかを確認します。
  2. ファイアウォールの例外が、これらの URL への外向き通信を許可するように適切に設定されていることを確認します。
  3. アプリケーションをホストしているアプリケーションにインターネットへの直接アクセスを提供します。
最終更新日 2018 年 11 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.