ロールと権限の設定

Insight で利用できるロール、権限、そしてそれらを特定のユーザーまたはグループに付与する方法について説明します。ページの下部には、ユーザーが実行できるタスクに権限がどのように対応しているかを示す詳細な権限マトリックスもあります。

ロール

ロールとは、Insight でデータを表示または変更するために Jira ユーザーまたはグループに付与される一連の権限です。利用可能なロールの概要は次のとおりです。

ロール説明
Insight 管理者

このロールは Insight のすべてのアクションを実行できます。これには次が含まれます。

  • Insight をグローバルに設定する
  • 個々のスキーマを管理する
Insight マネージャー

このロールは、次のタスクをオブジェクト スキーマに対して実行できます。これには次が含まれます。

  • すべてのスキーマ詳細を設定する
  • オブジェクトの表示
  • 基本検索と詳細検索によってオブジェクトを検索する
  • オブジェクトの作成と編集
  • オブジェクトのエクスポート
  • QR コードとラベルの印刷 
Insight 開発者

たとえば、このロールはソフトウェア開発者ではなくビルダーや作成者を指します。オブジェクト スキーマに対して次のタスクを実行できます。

  • オブジェクトの表示
  • 基本検索と詳細検索によってオブジェクトを検索する
  • オブジェクトの作成と編集
  • オブジェクトのエクスポート
  • QR コードとラベルの印刷 
Insight ユーザー

このロールは、オブジェクト スキーマに対して次の操作を実行できます。

  • オブジェクトの表示
  • 基本検索と詳細検索によってオブジェクトを検索する
  • オブジェクトのエクスポート
  • QR コードとラベルの印刷

許可レベル

Insight には 3 つのレベルの権限があります。

レベル説明
グローバル権限

これらの権限によって、Insight アプリ全体を設定できます。

初期設定では、jira-administrator グループは、グローバル権限の一部として Insight 管理者ロールにマッピングされます。そのため、Jira インスタンスの Jira 管理者の場合は、すべてのアクションを Insight で実行できます。

ただし、この既定のマッピングを削除すると、Jira 管理者であってもタスクを実行できなくなります。

オブジェクト スキーマ権限これらは、オブジェクト スキーマ レベルでアクションを設定して実行する権限です。
オブジェクト タイプ権限これらは、個々のオブジェクト タイプに対してアクションを実行する権限です。このページの下部に、すべてのタスクと対応する権限の詳細なマトリックスを表示します。

権限の付与

Insight は、Insight 管理者ロールをすべての Jira 管理者に自動で付与します。ただし、Jira インスタンスで実行されている特定の Active Directory からの権限を継承しない場合があります。

Insight でユーザーまたはグループを特定のロールに割り当てるには、Jira 管理者である必要があります。

グローバル権限を付与する

  1. 上部のナビゲーション バーで、[Insight] > [設定] の順に選択します。
  2. [ロール] タブに切り替えます。
  3. ユーザーまたはグループを管理者の役割に割り当てます。

オブジェクト スキーマ権限の付与

  1. 上部のナビゲーション バーで、[Insight] > [オブジェクト スキーマ] の順に選択します。
  2. オブジェクト スキーマを開きます。
  3. 右上で [オブジェクト スキーマ] > [設定] の順に選択します。
  4. [ロール] タブに切り替えます。
  5. ユーザーまたはグループをロールに割り当てます。

オブジェクト タイプ権限の付与

  1. オブジェクト タイプを開きます。
  2. 右上で [オブジェクト タイプ] > [設定] の順に選択します。
  3. [ロール] タブに切り替えます。
  4. ユーザーまたはグループをロールに割り当てます。

考慮事項

  • オブジェクト タイプ権限は、オブジェクト スキーマ権限よりも優先されます。たとえば、あるユーザーが (変更を加えられないように) スキーマでユーザー ロールに割り当てられても、特定のオブジェクト タイプでより強力な開発者ロールに割り当てられた場合、そのユーザーはオブジェクトを作成できます。
  • ユーザーがオブジェクト タイプ (とオブジェクト) を操作できるようにするには、オブジェクト タイプの権限だけでなくスキーマの権限 (少なくともスキーマを表示できるユーザー権限) も付与する必要があります。スキーマの権限を付与しないと、ユーザーはそのスキーマにアクセスできません。
  • オブジェクト タイプの権限を指定しない場合は、オブジェクト スキーマから権限が継承されます。

権限マトリックス

特定のアクションに関連するロールでユーザーが完了できる方法を説明します。

Insight の機能Insight ユーザー

Insight 開発者Insight マネージャー

Insight 管理者

Jira 管理者

Insight オブジェクトで Jira 課題をレポートする

(tick)

(tick)

(tick)

(tick)

(tick)

Insight オブジェクトと属性を検索する

(tick)

(tick)

(tick)

(tick)

(tick)

オブジェクト グラフ エクスプローラーを表示する

(tick)

(tick)

(tick)

(tick)

(tick)

オブジェクト タイプ グラフ エクスプローラーを表示する

(tick)

(tick)

(tick)

(tick)

(tick)

Insight カスタム フィールドを表示する

(tick)

(tick)

(tick)

(tick)

(tick)

Insight オブジェクトを作成または編集する

(tick)

(tick)

(tick)


オブジェクトの移動 (オブジェクト タイプ To)

この機能は、オブジェクト タイプ レベルのロールに適用されることにご注意ください。


(tick)

(tick)

(tick)


オブジェクトの移動 (オブジェクト タイプ From)

この機能は、オブジェクト タイプ レベルのロールに適用されることにご注意ください。



(tick)

(tick)


Insight オブジェクトを削除する

(tick)

(tick)


属性を作成/編集/削除する

(tick)

(tick)


Insight オブジェクト スキーマを変更する

(tick)

(tick)


Insight オブジェクト スキーマを削除する


(tick)


Insight オブジェクト スキーマを作成する


(tick)


アイコンを管理する

(tick)

(tick)


参照を管理する

(tick)

(tick)


オブジェクト スキーマをインポートする

(tick)

(tick)


インポートを作成/設定/有効化する

(tick)

(tick)


Insight のグローバル権限を管理する


(tick)

(tick)

Insight カスタム フィールドを作成/管理する



(tick)

オブジェクト タイプを移動する (ドラッグ & ドロップ)


(tick)


オブジェクト タイプを削除する

(tick)

(tick)


Jira ワークフローの Insight 事後操作を追加/編集する



               (tick)

最終更新日: 2021 年 12 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.