初期設定のサービス プロジェクト設定

Use this page as a reference for the default configuration of your service projects, including custom fields, permissions, and database tables. 

カスタム フィールド

If required, Jira Service Management will create the following custom fields:

カスタム フィールドタイプ注意
Viewport Originリクエストがカスタマーポータルで作成された場合、「ポータル」および「リクエストタイプ」を格納する文字列。課題をサービスデスク リクエストとして扱うには、このフィールドが必要です。
解決までの時間SLA フィールド、JSON フォーマットで保存このフィールドは、リクエストが解決されるまでの時間を示す SLA 情報を保存します。詳細については、SLA を設定する を参照してください。
顧客リクエスト タイプ文字列課題をサービスデスク リクエストとして扱うには、このフィールドが必要です。

リクエストタイプ、課題タイプ、ワークフロー

The default issue types, request types, and workflows are different for each service desk project type. When you create a new service project, you can view these defaults by selecting Request types, Issues types, or Workflows from the Project settings menu. 

プロジェクト権限

Jira Service Management のインストール時に、Jira Service Management エージェント アクセスと呼ばれるプロジェクト権限が作成されます。サービスデスク プロジェクトまたはその機能へのフルアクセスが求められるユーザーには、この権限が必要です。 

以下のページは、標準のサービス プロジェクトの権限スキームに対する権限設定を示しています。  

セキュリティ タイプ

Jira Service Management には、サービスデスク顧客-ポータルアクセス セキュリティ タイプがあります。セキュリティ タイプは、特定の権限に対してユーザーの制限を許可する概念です。セキュリティ タイプの例として、プロジェクト ロールやグループがあります。 

サービス デスク カスタマー - ポータル アクセスは、ユーザーがカスタマー ポータルを表示している間にのみ適用される特別なセキュリティ タイプです。内部のサービス プロジェクト ビューやその他の Jira アプリケーションへのアクセス権を付与せずに顧客がカスタマー ポータルを利用できるようにするために、特別に作成されました。

データベーステーブル

When you set up Jira Service Management, the following tables will be created in your Jira application database. 

一般的な Jira Service Management

  • AO_54307E_AGENTSIGNAUTRES
  • AO_54307E_ASYNCUPGRADERECORD
  • AO_54307E_CAPABILITY
  • AO_54307E_CONFLUENCEKB
  • AO_54307E_CONFLUENCEKBENABLED
  • AO_54307E_CONFLUENCEKBLABELS
  • AO_54307E_CUSTOMGLOBALTHEME
  • AO_54307E_CUSTOMTHEME
  • AO_54307E_EMAILCHANNELSETTING
  • AO_54307E_EMAILSETTINGS
  • AO_54307E_GOAL
  • AO_54307E_GROUP
  • AO_54307E_GROUPTOREQUESTTYPE
  • AO_54307E_IMAGES
  • AO_54307E_METRICCONDITION
  • AO_54307E_PARTICIPANTSETTINGS
  • AO_54307E_QUEUE
  • AO_54307E_QUEUECOLUMN
  • AO_54307E_REPORT
  • AO_54307E_SERIES
  • AO_54307E_SERVICEDESK
  • AO_54307E_STATUSMAPPING
  • AO_54307E_THRESHOLD
  • AO_54307E_TIMEMETRIC
  • AO_54307E_VIEWPORT
  • AO_54307E_VIEWPORTFIELD
  • AO_54307E_VIEWPORTFIELDVALUE
  • AO_54307E_VIEWPORTFORM

Jira メール処理プラグイン:

  • AO_2C4E5C_MAILCHANNEL
  • AO_2C4E5C_MAILCONNECTION
  • AO_2C4E5C_MAILGLOBALHANDLER
  • AO_2C4E5C_MAILHANDLER
  • AO_2C4E5C_MAILITEM
  • AO_2C4E5C_MAILITEMAUDIT
  • AO_2C4E5C_MAILITEMCHUNK
  • AO_2C4E5C_MAILRUNAUDIT

オートメーション:

  • AO_9B2E3B_EXEC_RULE_MSG_ITEM
  • AO_9B2E3B_IF_CONDITION_CONFIG
  • AO_9B2E3B_IF_COND_CONF_DATA
  • AO_9B2E3B_IF_COND_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_IF_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_IF_THEN
  • AO_9B2E3B_IF_THEN_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_PROJECT_USER_CONTEXT
  • AO_9B2E3B_RSETREV_PROJ_CONTEXT
  • AO_9B2E3B_RSETREV_USER_CONTEXT
  • AO_9B2E3B_RULE
  • AO_9B2E3B_RULESET
  • AO_9B2E3B_RULESET_REVISION
  • AO_9B2E3B_RULE_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_THEN_ACTION_CONFIG
  • AO_9B2E3B_THEN_ACT_CONF_DATA
  • AO_9B2E3B_THEN_ACT_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_THEN_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_WHEN_HANDLER_CONFIG
  • AO_9B2E3B_WHEN_HAND_CONF_DATA

Jira タイムドプロミスプラグイン:

  • AO_F1B27B_HISTORY_RECORD
  • AO_F1B27B_KEY_COMPONENT
  • AO_F1B27B_KEY_COMP_HISTORY
  • AO_F1B27B_PROMISE
  • AO_F1B27B_PROMISE_HISTORY
最終更新日 2021 年 8 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.