Introduce customers to your service project

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. Setting up your service project
  2. Creating service project request types
  3. Making queues for your service project teams
  4. Adding service project agents
  5. Customize your service project channels
  6. Bring your service project to the next level
  7. Introduce customers to your service project
  8. サンプル プロジェクトの確認

Now that you have set up your project in a way that serves both your agents and your customers, it's time to show your customers how to start using Jira Service Management. 

カスタマー ポータルからリクエストを作成する

  1. カスタマーポータルを開きます。
  2. 要件に合うオプションを選択し、リクエストの詳細を記入します。

メールでリクエストを作成する

Another way of creating requests is by sending emails to a linked service project. Ask your service team if they are set up to receive email in their service project. If they are, simply email them a request directly and keep the conversation going from your inbox.

Create requests in multiple service projects

複数のチームに同じリクエストを送信するオプションとしては、次のような方法があります。

  • If all of the teams you want to contact have linked their service project to an email account, you can easily create the request by sending one email message to all linked service project email accounts.
  • If the teams you want to contact have not all linked their service project to an email account, you will need to create the request in each service project one by one, either through their customer portal or sending emails. 

リクエストを追跡し、コメントする

カスタマーポータルを使用して、作成したすべてのリクエストを表示し、エージェントがリクエストを更新する際はそのコメントを読み、リクエストのステータスを確認します。また、カスタマーポータル上でリクエストにコメントや添付ファイルを追加することもできます。

リクエストを追跡するもう一つの方法はメール通知です。エージェントがユーザーのリクエストに応答した時や、リクエストが解決された時には、メール通知が届きます。リクエストにコメントを追加するには、メール通知に返信するだけで済み、その返信はリクエストに対するコメントとして追加されます。 


Congrats! You've completed the Getting started for service project admins tutorial. 

Want to learn more? Check out the home of Jira Service Management documentation here.


最終更新日 2021 年 6 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.